学生ローンを使うなら高田馬場ってナンデ?

スポンサーリンク

【学生ローン(高田馬場)で借りるメリットは?】

「学生ローン」という言葉を最も目にする駅と言えば、高田馬場を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
高田馬場は、西武新宿線、山手線、東横線等が交わる利便性もあって、多くの学生達が足を運んでいる街です。
それだけに、創業数十年の実績を持つ学生ローン専門の会社も多いのが特徴です。
同業種の店舗が軒を連ねていると、それぞれの比較がしやすく、借り手にとって有利な条件を選びやすくなります。
学生からすれば、長年の実績に対する安心感からお金を借りやすいという側面もありそうです。
このような事情から、高田馬場は学生ローンのメッカとなっているのです。

学生ローンのメリットは、大手消費者金融のキャッシングに比べて審査が通り易い点です。
借入れするには収入が求められますが、学生ローンの場合、週に数回のアルバイト程度でも審査が通りやすい傾向があります。
その反面、大手よりも金利が高めにはなりますが、学生にとっては借りやすい事が大きなメリットになることも多いということです。

【学生ローンは何が怖い?】

「借金」とか「ローン」という言葉を聞くと、少し怖いイメージもあるかと思います。
では、具体的にどこが怖いのかと聞かれると、説明に困りませんか?
つまり、リスクや仕組みが不透明だから怖いと感じるわけです。

最大のリスクとしては、滞納や不払いを起こした場合に、その記録が個人信用情報として残ってしまう(ブラックリストに載ってしまう)ことです。

怖い人が取り立てに来るのではないかとか、家族や学校に連絡が行くのではないか等という心配をする人も多いと思いますが、どちらも心配はありません。
取り立て方法については、貸金業法で規制されていますので、きちんとした手続きでなければ実行できません。
この点については、金融庁に登録している貸金業者であることを確認しておけば安心です。

滞納時の連絡等については、本人に直接することになっています。
近年では、個人情報の取り扱いが厳格になっており、正当な理由なく借り入れの事実を第三者に漏らすことは許されません。
気を付けておきたいのは、ネットや電話で申し込みをした場合、初回の書類が自宅に届く場合があることくらいです。
これについては、個人宛で出してもらう事を依頼するか、来店して書類を受け取れば郵送不要となります。

連絡を無視して滞納を続ける等の悪質な借り手でない限り、家族等への連絡はされないと認識していればOKです。
無理のない計画で滞納せずに返済をしている人が多いからこそ、長年続けている会社があると考えたほうが自然なのです。

【学生ローンの申し込みに必要書類は多い?】

申し込みの方法(来店・電話・ネット)にもよりますが、ネット申し込みであれば全てメールで送れば完結します。
※ネット申し込み後、本人に確認の電話は入ります。

それほど面倒な書類はありませんが、実際に生活している現住所を確認するために公共料金の領収証や請求書を求められる場合があります。
また、学資として借り入れを行う場合は、授業料の請求書を求められる場合もあります。

上記以外で、基本的に必要になる書類は次の3つだけです。
1. 学生証の写し
2. 本人確認書類(運転免許証や健康保険証等)の写し
3. 銀行のキャッシュカード(写し)
※学生ローンは、口座への振り込みにより融資される為

【返済ルールはどうなってるの?】

学生ローンの返済は、毎月1回、最低でも月々の利息分以上の支払い(振込)が必要になります。
仮に、月々の利息が500円なら、500円以上の返済額で設定すれば良いということです。
元金は、契約期限までに自分の都合で設定した金額を返済すれば良いというルールが主流なのです。契約期間は最大で5年です。

意外な事に感じるかもしれませんが、支払いが遅れそうなときは気軽に業者に相談できます。
一般的に7日以内であれば快く待ってもらえることが多いようです。
連絡が無いまま滞納するのは避け、遠慮なく相談しましょう。

そして、滞納が7日を過ぎても即取り立てということでは無く、その月だけ遅延利息が追加発生する仕組みになっています。
勿論、長期に渡って滞れば、親族への督促などが発生することもありますので、なるべく早めに支払いましょう。

【まとめ】

学生ローンは、計画的に返済できる範囲で組めば、プラスに働くことも多いはずです。
金利分の金額は、「前借り手数料」と捉えて有効に活用すれば、知人等から借りるよりもトラブルが少ないのではないでしょうか。

会社を相手にすることで、相手の都合で急な返済を求められることもありませんし、返済への意識がルーズになりにくい効果もあるはずです。
むしろ、借入トラブルは借りる側の問題で発生するのだと認識し、しっかり有効活用していけば良いのです。
学生ローンの活用で機会損失を減らせれば、金利以上の価値を見出せるのではないでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。