国の教育ローンを選択する前に考える事

スポンサーリンク

国の教育ローンは親が借りる、奨学金は子供が借りる

国の教育ローンと奨学金の最大の違いは、借入金の所在が親に行くか子供に行くかの違いです。殆どの人が国の教育ローンを利用しようといった場合には、大学進学の際に検討される事と思います。

大学の4年間の国立大学の学費平均は457.5万円(一人暮らしぼ場合1002.1万円)、私立文系で675.5万円(一人暮らしのばあい1220.1万円)、私立理系で818.0万円(一人暮らしの場合1362.6万円)にもなります。私立理系の一人暮らしで年間400万円以上なのですから、普通のサラリーマン世帯で大学進学の為に貯蓄が無いと、そんな額は用意できませんね。

こういった支出の多い時の強い味方が奨学金と共に国の教育ローンなのです。

金利等の条件の決定時期と返済開始時期が違う

国の教育ローンと奨学金の違いは、借入金の所在の他に金利の決定時期の違いがあります。どうゆう事かと言いますと、国の教育ローンはローンですから、金利は申し込み時点で決定される事に対し、奨学金は向学心があるけど経済的に学業が続けることが出来ない学生を支援する制度ですので、金利は卒業後に決定されます。

卒業時に金利が高騰してる場合は返済が大変ですね。

また、返済開始日にも違いがあります。国の教育ローンは借り入れ日の翌月から返済が開始(子供が大学在学中は利子返済だけで可の制度あり)する事に対し、奨学金は子供が大学卒業してから返済開始となります。制度だけを見ると、奨学金は国の教育ローンと違い、金利は不明確なものの、借りてすぐ金利が発生する訳ではありませんので国の教育ローンより使いやすそうです。

国の教育ローンの場合審査されるのは親の資力

奨学金の申請を行った場合は、学生本人の学力、人物、健康、家計などの審査がされます。特に審査が厳しい日本学生支援機構の審査では、世帯主の収入額の他にも家族構成も見られます。一人っ子では教育費負担は少なそうなので、審査が通らない可能性があるんですね。

これに対し、国の教育ローンはあくまで親の資力だけでの勝負となります。現在キャッシュが不足しているが、先祖から継いだ土地を持っているなど資力が十分にあると認められるなら、教育ローンの審査は通るでしょう。

教育ローンでは子供の学力が必要無いというのは大きなアドバンテージと思われます。

教育ローンの最大のメリットは子供に将来の負担を残さない、デメリットは子供への鞭が無い

最近は奨学金を700万円借りて返せずにいる高学歴貧困のニュースをよく聞きます。大金を借りて大学、大学院を卒業したはいいが、自分が思う様な一流企業の一流の部門の仕事は無く、あるのは高卒でも出来る給料の安い仕事ばかりで、大学に残っても臨時教員。

教授の道も採用枠は少ないので塾講師のバイトと臨時教員で教授の空きが出るのを待つ。奨学金も滞納してしまう。この様な負担を将来に残さない為にも無理してでも、教育ローンを借りて子供は身軽な状態で社会に出すべきだといった考え方もあります。
私はこの考え方には疑問を持っています。奨学金を借りたから、返済の為に贅沢言わず就職し、会社は厳しくとも歯を食いしばって働き続けるものではないでしょうか。

かくいう私も奨学金を借り大学を卒業して就職した先は、1年間の新卒定着率が10パーセント位の企業でした。奨学金を返す迄は辞めることは出来ないと思い、歯を食いしばり働き続けました。

子供に将来の負担を残すという事は、デメリットにもなりますが、就職しなければ、働かなければ生活が立ち行かなくなる鞭というメリットにも十分になると思います。

進学を含め、どちらを選択するかは貴方が子供に積極的に関わり結論を出す事

大学の進学率は現在56.4パーセントになり、大学卒が多数派の時代になりますが、一方で若者の失業率上昇が問題化しています。これは、別に日本だけでは無く、日本はまだマシな部類で世界中の国で若者が大学を卒業しても職に就けない問題が発生しています。

これはテクノロジーが進化した結果、昔は5人必要だった作業も今では1人で持て余すなど人間が必要となる仕事が少なくなった事に起因しています。政治家は景気が良くなればと囀りますが、そもそも時代が変わっているので旧態依然な景気が良くなれば正社員の仕事が増えるといった事はありません。工場の組立のようなロボットでの代替ができるがコスト面で人の手を介している様な仕事に正社員化を求めればロボットの開発、導入をする経営判断が下されるだけです。

話は戻って、もしお子さんが大学や院に進学したいというのであれば、社会経験のある貴方は『将来何の職業に就くのか、それによってコストはこの位かかりこの位の借金を背負うが、将来返す自信はあるのか。何時の時代、どの世界でも破綻の一番の原因は分不相応な投資の結果だ。

投資を回収する為に一生懸命勉強し、いい会社に入り成果を出し続ける自信はあるのか。あるならお金は出すが無いなら他の将来を考えなさい。心配しなくても大企業はアカデミックな人間は役員候補のごく一部しか求めていないし、簡易作業をする高学歴では無い人間も多数求めている。大企業の高校卒と中小企業の大卒では前者の方が給与水準は高い』と。

日本の父親はもっと子育てに関わるべき

会社を辞めてしまった母親は世の中のトレンドや社会情勢にどうしても疎くなります。にもかかわらず、男性は口を出さない、子供の道は自分で選ばせるべきと物わかりのいい父親を演じているつもりで、実際はただ面倒くさく子供にかかわらない父親が多いです。

国の教育ローンにするか、奨学金にするかを考えるだけでなく、もっと積極的に子供と関わり、一緒に将来の事を考えてあげてください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。