カードローン

ついつい借りすぎた!?カードローンの金利は事前にチェック!

金利計算を事前に

ローンの金利計算を事前に上手に行っておけば借り入れしてからもマイペースに返済を行っていくことが出来ます。ローンの金利のシュミレーションをしっかり行っていないと、ローンが負担に感じ手しまう方や支払いが不可能になってしまう方もいますので注意が必要です。ローンの支払いが出来なくなりそうな方は税理士に相談することでローンの金利や、支払い年数を、わかりやすく解消する事が出来ます。

債務のシミュレーション

今現在の借り入れが1000万円ある方、年率20%で返済をすると、200万円が利息となってしまう計算になります。200万円以上、返済しないことには元金が減らない仕組みになっています。毎年200万円が利息で、年収が360万円の方は、自分の年収以上を支払わないと、元金が減らない仕組みになっています。

多くの金融機関での遅延損害金は28%

また住宅ローンやキャッシング、カードローンの返済では、支払いが遅れてしまいますと、その分の遅延損害金がかかります。そのため支払いは出来るだけ遅れないようにしたいところ、多くの金融機関での遅延損害金は28%になります。1000万円の支払いを一ヶ月遅れてしまいますと、その分の遅延損害金は280万円ということになります。また支払いをしていない場合にはその分の支払いをしないといけなくなってしまいます。遅延損害金と、利息を含めただけで480万円の支払いになってしまいます。そうならないように早めに措置を取ることが求められます。措置とは法的に利息を止めること、また、借金を減額する事などをお勧めします。

支払いおけるコンディションを整える

しっかり支払いを出来るようにしておくことが可能で、支払いにおけるコンディションを整えることが出来ます。債務整理は借り入れしている債務の利息を止めることが出来ますので、上記で述べた1000万円以上の借り入れをしている方は年間200万円以上も支払いが安くなります。

または支払いが出来るまで、元金を減額する事が出来る任意整理もお勧めです。過去の事例では1000万円の借り入れが焼く300万円まで減額された事例もあります。そのため高額な借り入れがある方は債務整理、返済しましょう。

債務整理や任意整理について

借りすぎてしまった方は法的にしっかり完済できるようにしましょう。完済できる金額に調節する事が出来るのが債務整理や任意整理です。また保証人になってしまった方で高額な借り入れがある方もここで一度検討しましょう。

住宅ローンが高くてローンの返済で困っている方

具体的に、住宅ローンの比較や、諸費用の概算を踏む馬手見直しを図りましょう。年収、金利、返済期間などを入力すると、借入可能額を計算する事が出来ます。はじめのうちは借り換えなどを検討する人も少なくありません。借り換えを行うことで一時的に利息を安くする事が出来るケースもありますが、元金が減らないことには、ローンを完済する事は出来なくなってしまいます。

ローンの変更条件を変更

ローンの変更条件を変更する事で、毎月の返済額を増額して、返済期間を短縮する事が出来ます。また毎月返済のみをボーナス併用返済に変更する事も可能になり、合理的な返済を行うことが出来るようになります。パソコンにダウンロードして、利用できるシミュレーションする事が出来るツールを提供している会社もあります。ローン全額を処理したい方はローンの切り替えよりも、法的処理を行うことをお勧めします。そのほうが、基本的にわかりやすく、額面も大きく減っていくからです。

額面が2000万円以上の借り入れがある方は自己破産か

債務はキチンと処理を行っておくことが基本です。そのままにしておくと元金も大きくなり、最終的には支払いが出来ない金額になってしまう可能性もあります。金額が大きい方は自己破産を行うことも視野に入れましょう。額面が2000万円以上の借り入れがある方は自己破産を行うことが有意義です。しっかりシュミレーションをして返済を行う事が大切です。

ローンを支払いきれないと感じている方は法的な措置も含めて検討する

返済におけるしっかりとした条件を確認しておきましょう。自分の選択しだいでローンの負担を軽減する事も出来ます。自分の借り入れしている利息などの条件をしっかり認識しておきましょう。ローンを支払いきれないと感じている方は法的な措置も含めて支払いを検討しておくことをお勧めします。ローンの返済はこのようにたくさんの解消方法があります。

【カードローンではどんな審査を行っている?】お申込みする前に知っておきたいこといろいろ

属性スコアリング審査を行っている

最近のカードローンではインターネットで来店不要でお申込みできるようになりました。
パソコン、ケータイ、スマートフォンでいつでもお申し込みが可能です。
カードローンのホームページにはお申込フォームがご用意されており、このお申込フォームにはお申込者の属性を入力する欄があります。
カードローンの審査ではこれらの属性にスコアリングを付けています。
スコアリングにより属性を点数化してその結果に応じて審査の合否を判断すると言う審査方法です。
カードローンの会社では顧客データを保有しています。
優良顧客のスコアリング、リスクの高い顧客のスコアリングがどのくらいなのか顧客データを見ると分かりやすいです。
この保有している顧客データはカードローン各社で違います。
コンピューターが自動的にスコアリングを付けており、パソコン、ケータイ、スマートフォンの画面上ですぐに審査結果を表示するカードローンが見られます。

評価の高い属性と評価の低い属性は

属性の内容によって評価の高いもの評価の低いものに分かれます。
審査で特に重視している属性は職業や年収、勤続年数、健康保険の種類、住居形態、家族構成などです。
職業では公務員や大企業の会社員は評価が高いです。
その次に評価が高いのが中小企業の会社員です。
自営業やアルバイトやパートは評価が低くなります。
勤続年数は5年以上10年以上あると評価が高く、6カ月未満だと評価が悪くなります。
最低でも1年以上の勤続年数がないと良い評価は得られないです。
年収は400万円以上が一番評価が高く、その次に評価が高いのが200万円以上です。
200万円以下だと評価が落ちますが、年収が安定していることを重視しています。
保険の種類は公務員の共済組合、大企業の組合健保、中小企業の社会保険、自営業アルバイトの国民健康保険などがあり左に行くほど評価が上がります。
住居形態は本人名義の持家、家族名義の持家、官舎や社宅、賃貸、公営住宅から左に行くほど評価が上がります。
家族構成は独身より同居家族が居るほうが評価が高いです。

信用情報機関に信用情報の照会を行っている

カードローンの審査では信用情報機関に個人の信用情報の照会を行っています。
信用情報機関は信用情報の収集や管理、提供などを行っています。
信用情報機関は全国銀行個人信用情報センターKSC、株式会社シーアイシーCIC、株式会社日本信用情報機構JICCと3つあります。
KSCは主に銀行が加盟、CICやJICCは主に消費者金融や信販、クレジット会社などが加盟しています。
信用情報には過去のローンやクレジットのお申込み状況や利用状況などいろいろな情報が登録されています。
信用情報に遅延の無い優良なご利用実績が登録されていれば特に問題はないですが、事故情報が登録されている時は問題です。
事故情報は3カ月以上の延滞や債務整理などがあり、信用情報に残っているとカードローンからお金を借りるのは難しくなります。
保有期間が過ぎれば削除してくれますので、削除されてからカードローンにお申込みすると良いです。
開示請求を行うと削除されたかどうか確認することが可能です。

勤務先に在籍確認を行っている

カードローンの審査ではお申し込み時に申告された勤務先の電話番号にかけて在籍確認を行っています。
一部には嘘の申告をされる人が見られるので、きちんと申告された勤務先に勤務しているかどうか確認しています。
カードローン会社名ではなく担当者個人名で電話をかけるのが基本です。
本人ではない人が電話に出てもカードローン会社だとは分かりませんので安心です。
不在でも在籍確認が取れるような返答があれば問題なく終了します。
本人が出た時は名前と住所を聞かれることがあります。
会社の人に知られてしまう心配は無いですが、ケータイやスマートフォンを持っているのになぜ会社に電話がかかってくるのだろうと怪しまれる可能性はあります。

在籍確認が困る時は代替処置がある

在籍確認の電話連絡がどうしても困ると言う時は相談すると代替処置を取ってくれる場合があります。
カードローン会社にもよりますが代替処置としては収入証明書類の提出があります。
在籍確認が取れるような収入証明書類は保険証や社員証、給与明細などです。
通常は希望されるご利用限度額が高くなければ、他社借入額が多くなければ収入証明書類の提出は不要です。
即日融資を受けたいけど会社が休日で在籍確認が取れないと言う場合は、いったんご利用限度額を低くして即日融資を行い、月曜日に在籍確認を行い終了次第ご利用限度額を元に戻してくれるカードローン会社もあります。
代替処置を取ってくれるかどうかホームページには書いてありませんので、お申し込み時にお電話などで聞いてみて下さい。

簡易診断をまずは受ける

カードローンではホームページで簡易診断と言うサービスを提供している場合があります。
この簡易診断では簡単な入力と選択だけで診断結果がすぐに出ます。
まずは簡易診断を受けておき、良い診断結果が出てから審査を受けてみると良いです。

銀行カードローンとはどんなローン?お申し込みから完済までの流れを徹底解説

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは個人向けの無担保ローンのことです。
有担保ローンでは担保に入れるための財産を持っていることが必要です。
もし有担保ローンからお金を借りた後に返済を何か月も滞納すると担保に入れた財産は差し押さえされることがあります。
そんな時でも無担保ローンである銀行カードローンなら価値のある財産を持っていなくても大丈夫です。
その代わりにあなたの信用や返済能力を審査の際に重要視しています。
信用や返済能力が足りないと審査の際に判断されると不合格になることがあります。
銀行カードローンにはご利用限度額と言うものがあります。
ご利用限度額の範囲までなら、何度でも繰り返しお金を借りられますと言う仕組みになっています。
まだ返済中でも再審査を受けずにお金を借りることが可能です。
最大のご利用限度額は300万円や500万円など銀行カードローンによって異なりますが、新規の顧客に最初から最大のご利用限度額が設定されることは少ないです。
ご利用限度額は審査によって決められており、あなたの信用や返済能力にもよりますが最初は10万円から50万円くらいです。
増額申請すると審査が行われ、問題ないと判断されるとご利用限度額が増額されます。
ご利用限度額が足りない時は一度増額申請してみると良いでしょう。
しかし新規の顧客がいきなり増額申請しても認められないことが多いです。
半年はご利用実績を重ねてから増額申請してみて下さい。
勿論その間に返済の遅延は厳禁です。

銀行カードローンへのお申し込み方法

銀行カードローンにもよりますがお申し込み方法はインターネットやお電話、ファックス、郵送など様々です。
このうち一番便利なのがインターネットです。
インターネットならいつでも空いた時間に来店不要でお申込みすることができます。
パソコンやケータイ、スマートフォンでカードローンのお申し込みページにアクセスし、必要事項に入力して送信します。
様々な属性を入力しますが間違うと審査不合格になりかねませんので注意して下さい。
送信するとすぐに審査が始まります。
審査スピードの速い銀行カードローンなら最短30分ほど結果連絡が入ります。
審査に合格したらインターネット上で契約、カードが後日自宅に届きますので受け取りして下さい。
カードが届く前に即日口座に振込してくれる銀行カードローンもあります。
どうしても今日中にお金を借りたいと言った時でも大丈夫です。

自動契約機を設置しているカードローン

中には全国に自動契約機を設置している銀行カードローンもあります。
自動契約機からお申込みすると審査が始まり、その審査に合格したら自動契約機で契約を結びます。
契約完了次第、その場でカードが発行されます。
自動契約機にはATMコーナーが併設されていることが多く、その場でお金を借りることが可能です。
インターネットでお申し込みし即日振込して貰うには時間制限がありました。
銀行カードローンによって異なりますが平日14時までと言う時間制限が多いです。
平日14時過ぎや土日祝では即日振込して貰えませんが、そんな時でも自動契約機なら日曜日から土曜日まで21時から22時くらいまで営業中なので大丈夫です。
インターネットでお申し込みし、自動契約機でカードを受け取りできる銀行カードローンもあります。
審査に通過するまで自宅待機、通過してからカードを受け取りに自動契約機へご来店します。

銀行カードローンの返済方法

銀行カードローンからお金を借りたら毎月返済することが必要です。
返済方法は銀行カードローンにもよりますがインターネットやATM、自動引き落としなど様々です。
インターネットでは24時間いつでも都合の良い時間に返済できる銀行カードローンが見られます。
インターネットバンキングが必要であることが多いので契約しておいて下さい。
ATMはカードローン会社のATM、全国の銀行やコンビニの提携ATMなどがあります。
提携ATMの場合は利用手数料がかかる銀行カードローン、無料の銀行カードローンがありますので事前に確認しておいて下さい。
自動引き落としは銀行口座を登録しておくと、返済期日が来た時にその口座から自動的に引き落としされます。
給与振込口座を登録しておくと残高不足による返済遅延を気にせずに済みます。

銀行カードローンはなるべく追加返済を

銀行カードローンの利息はご利用した日数で割った日割計算となっています。
毎月楽な返済額に設定されていますが、そのままだとご利用日数が増えて利息も増えてしまいます。
余裕のある時に追加返済を行うと、利用日数が減り利息も減ります。
自動引き落としにしていると特に面倒くさいと感じてしまいますが、小まめに追加返済した方が利息節約に繋がるので、是非とも少しずつでもしていきたいところです。
もし銀行カードローンの返済を遅延してしまうと遅延損害金の請求が来ます。
元本や利息のお支払とは別になる上に通常の金利より高めに設定されていることが多いです。
うっかり返済期日を忘れたことによる遅延は一番勿体ないです。
余計な出費になりますので返済の遅延には注意が必要です。

終わりに

銀行カードローンのホームページにて返済シミュレーションが提供されていることがあります。
無理のない計画を立てる時にとても便利です。
後で返済に困らないようにきちんと返済シミュレーションしてみて下さいね。

【知らないとマズイ!?】カードローンの借り換えの当たり前

カードローンの借り換えって何?

カードローンの借り換えというのは文字通り、カードローンの借入先を変更するということになります。この借入先を変更することによって、より有利な条件で返済を進めていこうというのが、借り換えが目指している目的になります。また、カードローンの借り換えと似たような言葉に最近流行りの多重債務者などが複数の金融機関に抱えてしまった借入れを一本化するというおまとめローンというものがあります。このおまとめローンですが、複数の金融機関からの借入れをそれぞれおまとめローンを運営している金融機関のおまとめローンに借り換えを行っていくことによって一本化するというものになります。基本的に近年カードローンの借り換えを行う場合、このおまとめローンというものを使って多重債務を一本化するというカードローンの借り換えを行うケースが増えています。

カードローンの借り換えってどうするの?

カードローンの借り換えを行う場合にはまずカードローンの借り換えを行いたい先の金融機関に申し込みを行う場合があります。その際には新規のカードローンの申込と同様に審査が行われる場合があります。この際、1つの会社からしか借入れをしておらず、その会社からの借入れをほかの会社の方が条件がいいので借り換えという形で返済先を変更したいという場合とおまとめローンのいう形の借り換えを行い、複数の債務を1つの会社のカードローンにまとめたいという借り換えでは審査基準がことなります。一般に1つの借入れしかない場合の借り換えについてはその人の返済実績などの問題がないようであれば、スムーズに審査が進みます。しかし、多重で債務を抱えている人に関してはその返済可能性に疑問符がつくため、審査も厳しく行われるというケースが多くなっています。この審査を通過するとはれてカードローンの借り換えが認められることになります。

カードローンの借り換えを選ぶ基準は?

カードローンの借り換えを検討する人には多重債務者が多いと上記で述べてきました。このような多重債務者がカードローンの借り換えを考える時、最初に考えなければいけないことに「総量規制」という基準があります。総量規制というのは貸金業者を規制するために設けられている法律で、借入れを行う人の年収の1/3までの金額しかお金を貸してはいけないというものになります。カードローンの借り換えを考える人に関してはさまざまな会社からの借入れを抱えており、すべてを合計していくと、自分の年収の1/3を超えているという場合もざらにあります。そのようにして自分の年収の1/3を超える借入れを行っている場合には消費者金融系で借り換えを検討することはできません。なぜなら、この総量規制の対象となっている貸金業者に該当するためです。ただ、銀行に関しては貸金業者には該当しません。したがって、銀行のカードローンへの借り換えであればこの総量規制の影響を受けないことになります。したがって、カードローンの借り換えを考える場合にはまずこの総量規制の基準に引っかかるかどうかをチェックするようにしましょう。

カードローンの借り換えを行うメリット

カードローンの借り換えを行うメリットとして最大のものは金利を安くすることが出来るかもしれないということです。このカードローンの借り換えは一つの借入先からのカードローンの支払いしかない場合にもメリットがありますが、最も大きなメリットを享受できるのは多重債務を抱えている場合になります。カードローンの借り換えを行う人は多重債務であちこちから借入れを行い、少額の借金をたくさん抱えているというケースが多くみられます。一般的に借入れは額が少額であればあるほど金利が高くなっていき、逆に借入れの金額が大きくなれば金利は低くなっていくという傾向があります。このように多重債務であちこちから借り入れている人は少額の借金が多いので、金利もほとんどの借金が上限金利で支払いを行っている状態になります。したがって、カードローンの借り換えをすることによって、1社からの借入れに統合することにより、借入れの金額を大きくして、金利を低くすることが出来る可能性が出てきます。これがカードローンの借り換えを行う最大のメリットになります。

カードローンの借り換えの注意点って?

カードローンの借り換えを行う場合に注意しておかなければいけない点はカードローンの借り換えのメリットを享受できないようなカードローンに一本化しないということです。具体的にいうとカードローンを一本化できるからといって、金利が高いカードローンに借り換えして一本化するということです。これではカードローンの借り換えのメリットを得ることが出来なくなります。また、逆にあまりにもカードローンの借り換えの金利が低い会社にも注意が必要です。常識では考えられないような低金利をうたっているカードローンの場合には詐欺まがいの悪徳業者が経営している場合もあります。十分に注意するようにしましょう。また、カードローンの借り換えを行う場合、その返済期間もしっかりチェックしておく必要があります。返済期間を長くする場合、月々の返済額は低くて済みますが、最終的に返済しなければいけない金額は大きくなります。ただ、月々の返済額を高くするとそもそも日々の生活が非常に圧迫されてカードローンの返済がままならなくなる場合もあります。したがって、一概に返済期間が長いカードローンが悪いとも言えません。自分の状況に合わせて適切な返済期間を選ぶようにしましょう。

多重債務者はカードローンの借り換えを検討すべし!

上記ではカードローンの借り換えについて細かく見てきました。もっともカードローンの借り換えがそのメリットを発揮するのは多重債務を抱えている場合です。多重債務を抱えている人はカードローンの借り換えについて検討してみましょう。

カードローンの審査が甘い金融機関はどこ?カードローン徹底比較!

カードローンの審査が甘いとは?

カードローンの審査が甘いということで誤解しないで欲しいのですが、カードローンの審査が甘いというのはあくまで資金の貸付けを行ってくれる際のハードルが低いということになります。審査が甘いといわれている金融機関であっても職業や収入、家族構成といった基本的な事柄については基本的にしっかりと調査されることになります。このような情報については金融機関がその人にお金を貸しても大丈夫かを判断するためには必須で確認しておく必要がある項目になります。逆に言うと、このようなしっかりとした調査を行わず職業や年収もチェックしないでお金を貸し出してくれる会社は危険だということができます。これはつまり、どんな手段をとっても回収できる自信があるため、情報をしっかり調べないということになります。このような危険な金融機関ではなく、きちんとした審査を行ってくれる金融機関でなおかつ条件が低いところという条件で見ていくことになります。

カードローンの審査が甘いアコムと三菱東京UFJ銀行

カードローンで審査が甘いか厳しいかというのはカードローンの業界に身を置いていない外部の人間である我々には判断できません。しかし、一つだけ審査が甘いカードローンということで基準になるものがあります。それがそのカードローン会社がテレビコマーシャルを頻繁に行っているかどうかということになります。テレビコマーシャルを頻繁に行っている会社というのは積極的にローン利用者を求めている、つまりローンの集客に力を入れている会社であり、そのような会社についてはローンの利用者を増やしたいという意図があるため、カードローンの審査も甘くなりがちです。このような観点から見たとき審査が甘いローン会社として名前を挙げることができるのが、アコムと東京三菱UFJ銀行になります。

アコムのカードローンの特徴は?

審査が甘いカードローンということで考えた時、やはり消費者金融系のカードローンは審査が甘くなるといっても差し支えはありません。もともと消費者金融は銀行などの金融機関からお金が借りられない、つまり貸付けの審査が下りないような顧客に対してお金を高利で貸すということをその業務としてきました。現在は規制されて昔のような暴利を取ることはできなくなっていますが、もともとそのような銀行では借りられない人にお金を貸すという土壌があるので、審査も甘くなりがちです。このような消費者金融系の会社であっても特にアコムにはカードローンの審査が下りやすいという評判があります。カードローンの審査に不安がある人は、まずアコムのカードローンの審査から受けてみてはいかがでしょうか。

三菱東京UFJ銀行のカードローンの特徴は?

消費者金融系のアコムが審査が緩いのは腑に落ちる人も多いかもしれませんが、日本を代表するメガバンクである三菱東京UFJ銀行も実はカードローンの審査が甘いというのは意外だったのではないでしょうか?しかし、三菱東京UFJ銀行のカードローンの審査が甘いというのはそのカードローンの申込条件からも推測することができます。カードローンの申込条件において注目したいのは「○○の保証を受けられる方」という項目に記載されている「○○」に入る金融機関名です。ここに三菱東京UFJ銀行のカードローンはアコムの名前が入っています。つまり、銀行のカードローンの実体はこのカードローンの保証会社によって行われているという状態にあります。したがって、上記で審査が甘いカードローン会社として名前を挙げたアコムと同様の審査条件で三菱東京UFJ銀行のカードローンも審査が通るため、同様にカードローンの審査が甘い会社であるということができます。

アコムや三菱東京UFJ銀行カードローンの条件は?

アコムや三菱東京UFJ銀行カードローンの審査の条件が甘いことは上記で述べてきましたが、審査が甘くてもあまりにカードローンとしての条件が悪いようならおすすめできません。では、このアコムや三菱東京UFJ銀行カードローンの条件はどのようなものなのでしょうか?アコムのカードローンの金利は4.7パーセント~18.00パーセントとなっており、銀行系のカードローンよりは金利は高くなっていますが、消費者金融系のカードローンでは平均的です。また、アコムのカードローンには契約日の翌日から30日間の無利息期間があるのも魅力です。一方、三菱東京UFJ銀行の審査が甘いカードローンはバンクイックと言われています。このバンクイックのメリットは銀行系のカードローンになるため、収入の1/3までしか借りられないという総量規制というものの対象にはならないということです。また、このバンクイックの金利は年4.6パーセント~14.6パーセントと消費者金融系のカードローンよりは安くなっています。

審査が甘いカードローンならアコムとバンクイックがねらい目!

上記では審査の比較的甘いカードローンについて述べてきました。金融機関での審査が不安な人は上記で紹介したアコムや三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックの申込をまずは検討してみるようにしましょう。

カードローンをキッチリ比較!お得な一枚をあなたの手に!

銀行のカードローンと消費者金融のカードローン

カードローンには主に大きく分けて二つの種類があります。それが銀行のカードローンと消費者金融のカードローンです。この両者には色々な違いがあり、例えば金利では銀行のカードローンの方が低いことが多いのが特徴です。また、審査では消費者金融のカードローンの方が緩いことも知っておきましょう。また、消費者金融のカードローンは多様なサービスを提供しており、融資も早いことも魅力です。その反面、銀行のカードローンは限度額が高めに設定されており、色々な用途で使いやすいのが良い点でしょう。このように両者を比較すると実に色々な違いがありますから、自分にあったものを選んでいくことが大事です。

銀行のカードローンで最もオススメな三菱東京UFJ銀行

銀行のカードローンを選ぶ際に知ってもらいたいのが三菱東京UFJ銀行のカードローンです。三菱東京UFJ銀行のカードローンは即日融資が受けられるのが第一の魅力であり、すぐにお金を借りたい人には嬉しいところでしょう。また、申し込みも多様な方法でできるようになっており、利用しやすいのも良いところです。この三菱東京UFJ銀行のカードローンは100万円までの利用であれば収入証明書がいらないことも人気を呼んでいる理由であり、専業主婦などの人でも簡単に契約できるところも見逃せません。また、コンビニでも簡単に使えますから、手軽さの点でも銀行のカードローンの中でも最もオススメしたいカードです。

金利を安く収めたいならば

カードローンの比較項目で見逃せないのが金利です。カードローンではカードに寄って金利も大きく違ってくるのが特徴であり、金利が気になるならばしっかりと検討しておきたいところでしょう。そんなカードローンの中でも金利が低いのが住信SBIネット銀行のカードローンです。このカードローンの金利は7%程度となっており、他のカードローンに比べて低くなっているところが特徴です。また、条件を満たせば最低金利である年2%まで金利を落とすこともできます。ネット銀行ということもあり、ネットからの利用もしやすいことも利点でしょう。他にも、三井住友カードのゴールドローンカードレスも紹介しておきましょう。このカードローンは金利が最高でも9%となっており、低金利なことが利点です。また、貸出限度額も最大700万円までと多くなっており、使いやすいところも特徴です。加えて、返済実績に応じて金利が改定されることも魅力で、長く使っていくほどお得になっています。

即日融資に強いカードローン

即日でお金を借りたいならばプロミスのカードローンは見逃せません。プロミスのカードローンは最短で1時間以内にカードの審査が済むことが利点で、すぐにお金が借りられるかどうかがわかります。また、このカードローンは24時間365日いつでも申し込みができるところも安心でしょう。プロミスのカードローンでは金利が多少高いのが難点ですが、それでも審査の早さは特筆しておきたいところです。三井住友銀行のカードローンも即日融資が利用できます。貸出限度額が最高800万円までと高額なだけでなく、申し込みは銀行内のローン契約機でできるところもポイントです。利率も低いので、是非とも契約しておきたい一枚です。

見逃せないこんなサービス・制度

カードローンによっては一際変わったサービスを用意しているものもあります。例えば無利息サービスがそれに当たります。無利息サービスがあるカードローンではお金を借りてから30日間は利息が発生することがないようになっていますが、これは給料日前に少しお金を借りたいといった人には便利なサービスでしょう。また、カードローンを家族には内緒で契約したい際には利用したいのが郵送物が送られてこないカードローンです。こういったカードローンでは利用明細もWEBで確認でき、家族に全くバレることなくカードローンを持つことができます。他にも、収入証明書が不要のカードローンもあります。このように実に多様なカードローンがありますから、カードローンを選ぶ際には検討してみてください。

カードローンを比較してから契約しよう

このようにカードローンといえど実に色々なものがあります。だからこそしっかりと比較しておきたいのですが、契約する際には是非ともこの記事を参考にしてみてください。どんな比較項目があるのかをおさらいする際にも、役立つでしょう。

カードローンとは何?カードローンの特徴を解説

カードローンとは何か?

カードローンという言葉を今までに一度も聞いたことが無いという人はいないと思います。しかし、このカードローンを使ったことがあるという人になると数は限られてくるのではないでしょうか。この「カードローンとは何か」を定義するのであれば「個人向けの無担保融資」ということになります。無担保で融資を行うため、しっかりとした審査が行われることになります。しかし、このようなカードローンに関してはそこまで厳しい年収条件があるということはなく、定職があって安定した収入が定期的に入るということが証明されれば審査が下りるといったようなものになっています。最近ではカードローンの種類も多様化しており、融資額が10万円程度であるため、学生や主婦でも申し込むことができるというものもあります。

カードローンにはどんなローンがあるの?

カードローンに関しては消費者金融系と銀行系という2つのグループに分かれています。消費者金融系というのはいわゆるアコムやプロミスといった会社から借り入れるカードローンになります。一方、銀行系というのは三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などから借り入れるカードローンになります。消費者金融系のカードローンに関しては審査に比較的通り安いというメリットがあるといわれています。一方、銀行系のカードローンに関してはカードローンの金利が消費者金融系と比較すると低いということが言われています。どちらのグループのカードローンも一長一短ということになります。このようなカードローンの中で利用者が多い大手のカードローンということになると、アコム、プロミス、三菱東京UFJ銀行あたりを挙げることができます。

カードローンはどこで申し込むの?

カードローンの申し込み方法にはさまざまな方法があります。インターネット、郵送、電話、自動契約機、店頭申し込みといった手段があります。最近では人に知られることがなく、自宅で申し込めるため面倒がないという理由からインターネット申し込みをするという人の比率が高まっています。また、今すぐにお金が必要という人は消費者金融の自動契約機を使って申し込むことにより、即日融資が可能になるケースが多くみられます。そうして、申し込んだ後には必要書類の内容を見て貸し出しが可能か判断するという審査がありますが、その審査結果は基本的にメールや電話といったような手段で連絡が来ます。ただ、店頭で申し込みを行った場合、自動契約機を使った場合はその場で審査結果が判明します。早い場合は30分程度で審査が完了することになります。

カードローンはどうやって選ぶの?

カードローンを選ぶ際、まず一つの大きなポイントは審査が通るかどうかということです。最初にどれだけいくつものカードローンを見比べて、その金利や返済期間などのさまざまな条件を精査して、これが一番優れているというものを見つけ出したとしても審査に通らなければ元も子もありません。したがって、自分がそのカードローンの審査に通るかどうかということをまず考える必要があります。ただ、正社員で一つの会社に長く勤めているといったような人であれば、この審査のことはあまり気にする必要はないかもしれません。このような人は審査ではなく、金利条件などをしっかりチェックしてカードローンを選びましょう。しかし、非正規社員や主婦といったような審査で不利になりがちな人は審査が比較的緩く、かつスピード審査を行ってくれると定評のあるプロミスやアコムのような消費者金融系のカードローンを検討してみましょう。

カードローンとキャッシングの違い

う一つカードローンとは別で急なお金が必要になったときに頼りになる制度があります。それがキャッシングという制度になります。どちらかというとカードローンよりもこちらのキャッシングを利用したことがある人の方が多いのではないでしょうか。
キャッシングとカードローンの一つ大きな違いはキャッシングという制度は原則的には一括払いで返済することを前提としています。そのため、その月に使ったキャッシング分は翌月に一括で口座から引き落とされることになります。これに対して、カードローンというのは逆で分割払いを前提としているということになります。したがって、大きな金額を借り入れる場合にはカードローンの方が返済に苦労せずに済みますが、分割返済になるため、きちんと返済計画を最初に考えた上で利用する必要があります。

即日融資・分割も可能!便利なカードローン

上記ではカードローンについてまとめてきました。お金が必要な場合にはカードローンも選択肢になります。分割払いが可能、即日審査・融資も可能といったような特徴をうまく利用するようにしましょう。

低金利・即日融資三井住友銀行のカードローンの特徴まとめ!

カードローンって何?

お金を借りる手段としてはキャッシングなどの手段が用いられるケースが多くなっています。しかし、キャッシング以外にもお金が必要になったときに手に入れるための手段はたくさん設けられています。そのようなお金を手に入れるための手段の一つされているのがカードローンです。カードローンというのは個人向けに金融機関が行っている無担保融資のことをいいます。このようなカードローンに関しては審査というものはそこまで厳しいものではなく、定期的に安定した収入がある職業についていれば申し込むことが可能になるものになります。また、近年では学生や主婦でも申し込むことができるカードローンなども登場しています。カードローンについては銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2つの種類に分かれています。

銀行系カードローンの特徴って何?

銀行系カードローンに関しては消費者金融系のカードローンと比較すると審査条件が厳しいというものになっています。しかし、そのように厳しい審査条件を設ける代わりとしてカードローンの金利については消費者金融系カードローンよりも割安になっているという場合がほとんどです。また、消費者金融系カードローンと比較するとその使用可能な限度額も高く設定されている場合が多くなっています。加えて、大手銀行が運営するカードローンに関しては総量規制というものの対象になりません。総量規制という制度は個人の借入れ限度額について、その個人の年収の1/3までに制限するという制度になります。消費者金融系のカードローンではこの総量規制の枠がありますが、大手銀行のカードローンにおいてはこの総量規制の枠が無いため、高額の借入れも可能になります。

三井住友銀行のカードローンの特徴って何?

さて、そのような銀行系カードローンの代表としては三井住友銀行のカードローンがあります。この三井住友銀行のカードローンには3つの特徴があります。まず、カードローンの金利が年4.0パーセント~14.5パーセントとなっており、銀行系のカードローンの中でも低金利の部類に入るということです。つぎに利用限度額が大きいというメリットもあります。銀行系カードローンでもその利用限度額の上限を500万円程度としているところも見られますが、三井住友銀行のカードローンについてはその利用限度額の上限は800万円となっています。かなり利用限度額が大きいため、三井住友銀行のカードローンだけで借入れをまかなうことができるケースが多くなっています。そして、お金がすぐに必要な人にはうれしい即日融資に対応しているというのも特徴になります。

三井住友銀行のカードローンはどうやって申し込むの?

三井住友銀行のカードローンを申し込む場合、インターネットによる申し込み、ローン契約機による申し込み、電話での申し込み、郵送での申し込み、直接窓口で申し込むといった方法があります。この中で最近主流になっているのはかかる手間が少ないことからもインターネットによる申し込みになっています。インターネット上での申し込みを行うと、30分程度という非常に短時間で融資が可能かどうかの審査結果を伝える電話がかかってきます。この審査結果を受けて会社に在籍確認の電話がかかることになります。しかし、この在籍確認の電話がかかってきてはまずいという人も多いでしょう。そういった人はその後に会社発行の給与明細の最新のもの、会社発行の社会保険証、社員証を提出する必要が出てきます。そして、ローンカードも申し込む場合、その後1週間ほどでローンカードが送られてくるという流れになります。

三井住友銀行カードローンの注意点って?

三井住友銀行カードローンに関しての注意点としては三井住友銀行の口座が無い場合、三井住友銀行カードローンが提供しているサービスのうちのいくつかのサービスを受けることができなくなるということです。例えば、インターネットバンキングを利用した借入れを行う場合には三井住友銀行の口座を持っていることが必須条件になります。また、返済方法についても三井住友銀行の口座を持っていない人の場合にはATMか振り込みに限られてきます。そのため、口座引き落としによる返済を行うことができないことになります。また、それ以外にもホームページ上で利用状況を確認したり、口座残高が不足した時に自動的に融資を行うなどといったサービスについては三井住友銀行に口座がないと使えないサービスになります。

低金利・即日融資可能な三井住友カードローン

上記では三井住友カードローンについて説明してきました。やはり、三井住友銀行のカードローンの魅力としては低金利・即日融資が可能な点が挙げられます。また、総量規制の対象外であり、利用可能額の上限が高いことも魅力です。カードローンの利用を考えている人の候補の一つになるカードローンが三井住友カードローンです。