仮想通貨の取引所はどこがいい?選ぶポイントは?

マウントゴックス事件を知る!

取引所について書く前に、マウントゴックス事件を復習したいと思います。当時は何のことかさっぱりわからなかったですし、そもそも仮想通貨というものの存在を、この事件を通じて始めて知りました。

2014年、マウントゴックスという仮想通貨の取引所が破綻しました。社長のマルク・カルプレス氏がビットコインと預けられていたお金を横領してしまったためです。何でも管理会社のセキュリティー対策が甘かったらしく、その隙を突いて不正が行われたとのこと。

一切知識がなかった私は、「仮想通貨って雲をつかむようで怖いな」と思っていました。しかし、私たちが普段使っているクレジットカードだって、スキミングされる可能性はあります。電車の中でお財布をすられることもあるかもしれません。要は「仮想通貨だから盗まれる」というわけではなく、法定通貨でも他人に奪われる可能性は大いにあります。

大事なのは自分できちんと管理すること。仮想通貨も法定通貨もそれが一番気をつけなければいけないことではないでしょうか。

どの取引所がおすすめ?

それではようやく、取引所に関してまとめていきたいと思います。取引所というのは仮想通貨の売買をスムーズにする場所です。気になった取引所を2つ紹介します。

1. ビットフライヤー(bitFlyer)
大手の金融企業から資金調達をできているようで、その資金力を活かしてセキュリティ対策に力を入れているそう。また、国内取引量がNO.1ということは信頼と使いやすさの証かもしれません。

■ ビットフライヤー(bitFlyer)はこちら


2. コインチェック(coincheck)

一般的に「手数料」とつくものって、無料か有料のどちらかですが、coincheckの場合は取引手数料が最大で-0.05%。ということは、使用すると逆に手数料が受け取れるということですね。国内の取引所の中では早くからクレジットカードでの購入を可能にしたりと、革新的なことを行うのが好きな取引所のようです。

■ コインチェック(coincheck)はこちら
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

まとめ

上記二つの取引所はスマホアプリもあるそうです。そういった点でも、始めるときのハードルが低くなりそうですね。仮想コインの投資に詳しい人は、取り扱うコインの種類や手数料の有無を基準に選んだほうが楽しいかもしれませんね。

今さら聞けない!ビットコインの基本的な仕組みについて

ビットコインの基本的な仕組みについて

近年、「仮想通貨」「ビットコイン」というキーワードがいろいろなところで話題となり、世間をにぎわせていますね。そのようなこともあり、ビットコインの仕組みについて勉強したくなった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、改めてビットコインの基本的な仕組みについてまとめていきます。

ナカモトサトシ氏の論文が始まり

ビットコインは、2008年に「ナカモトサトシ」という人物がネット上に発表した論文が元になっています。ナカモトサトシ氏は一見すると日本人のような名前ではありますが、その素性は全く明らかになっていません。ナカモトサトシという名前もペンネームかもしれませんし、その国籍、性別、年齢もわかりません。さらには、個人ではなく団体である可能性もあります。ここまで普及した技術の発明者の正体が未だに不明であるというのは、なんだか神秘的ですね。

管理者の存在しない通貨

ビットコインのような仮想通貨と、日本円や米ドルのような法定通貨の最大の違いは、管理者の有無にあります。法定通貨は、その字の通り法によって定められた通貨であり、国ないし中央銀行によって発行や流通の管理がされています。一方で、仮想通貨は必ずしもそのような中央となる組織は存在せず、利用者同士により発行や流通の管理を行う、peer to peerな通貨なのです。

補助単位の「satoshi」

ビットコインの価格は、2017年2月現在はおよそ11万円となっています。発行されているビットコインの総額で言えば1兆円を超え、国際経済の中での存在感も高まりつつあります。

ビットコインの単位は「BTC」の他に、補助単位として「satoshi」が存在しています。発案者のナカモトサトシをもじって名付けられたもので、0.00000001BTC(1億分の1BTC)に相当します。

ブロックチェーン技術

ビットコインの取引の仕組みや安全性を支えている基本的な技術として「ブロックチェーン」というものがあります。日本語では「分散型台帳技術」などと訳され、取引をブロック単位で記録し、取引が行われる度にブロック同士をチェーンのようにつなげておくための技術です。事前に設計されたルールに基づき正しいチェーンを認定していくため、悪意のある人間による改ざんに対しても強いとされています。

ビットコインにおいては、「マイナー」と呼ばれる参加者たちの多数決によって正当なチェーンを決定していきます。マイナーたちは、自身のPCのパワーの一部をビットコインの取引の正当性チェックに提供することにより、報酬としていくらのビットコインの提供を受けることができます。

価値の源泉はProof of work

国家によって発行される法定通貨と、参加者によって発行される仮想通貨では、その価値を与えている根拠も異なります。法定通貨に価値があるのは、それを発行している組織への信頼があるからです。円で言えば日本という国、米ドルで言えばアメリカという国、ユーロで言えばEUという国家連合への人々の信頼が、それぞれの通貨の価値となって表れているのです。従って、大震災や戦争などにより国家が危機に瀕すれば、発行する通貨の価値は下がり、インフレーションとして私たちの生活へ影響を与えることになります。

一方、ビットコインのような仮想通貨に価値があるのは、発行するのにコストが必要であるからです。上述の通り、ビットコインの取引はマイナーと呼ばれる参加者たちによって支えられています。マイナーたちは、自身の電気代をかけることによりビットコインの取引の正当性チェックを行い、その報酬としてビットコインを獲得します。マイナーたちが獲得するビットコインは、他の誰かからもらえるものではなく、新規に発行されたものを受け取るものです。すなわち、ビットコインの発行にはマイナーたちの工数と電気代というコストが必要であり、すでに発行されて流通しているビットコインにはそれらのコストが積み重なっているものと考えることができます。そのようなコストの蓄積があることが、ビットコインの価値の源泉であり、このような考え方をproof of workと呼びます。

半減期について

マイナーたちの受け取るビットコインは事前にプログラミングされた通りに決定されていて、2017年2月時点では12.5btcとなっています。ところが、この報酬額は次第に減るように設計されていて、定期的に半減することになっています。半減になるタイミングは「半減期」と呼ばれ、現在のペースで取引が行われ続ければおよそ4年に一度訪れることになります。

半減期が存在するため、いつかはマイナーたちが獲得する報酬が1satoshiも下回ってしまうことから、ビットコインの流通量には上限があることになります。その上限はおよそ2,100万BTCで、現在のペースでは到達するのは100年以上先となります。半減期は、それまでに生成されたブロックの数によって定められているため、今よりも取引が活発になれば期間は短くなりますし、あまり使われなくなれば長くなります。

まとめ

以上が、ビットコインの基本的な仕組みについてのまとめでした。次第に認知を広めていくビットコインですが、これから私たちの生活にどのような影響を与えていくのでしょうか。関連ニュースはしっかり確認し、トレンドを見逃さないようにしていきたいですね。

【初心者用】仮想通貨って何?最近良く耳にするけど、使用するメリットはあるの?

そもそも仮想通貨って?

一言にまとめると、インターネット上で使われる通貨のことのようです。私達が普段使用している円やドルは法定通貨といい、政府や中央銀行によって管理されています。それじゃあ、仮想通貨は一体誰が管理しているの?と思い調べてみました。特定の管理者がいる仮想通貨もあれば、なんと管理者は存在しないものも!管理者がいないものの場合は、利用者たちが暗号キーを用いてネットワーク上で全ての取引履歴を相互に管理しあうとか。何だかSFの世界みたいですね。

suicaやnanacoなどの電子マネーも目に見えないお金だけど、何が違うの?と考えたら、電子マネーも結局は円やドルといった法定通貨での決済なんですよね。しかもSuicaなどは日本国内で、使える範囲やお店が限られています。でも仮想通貨なら国という枠組みから外れているので、世界中で使えるというメリットがあるようです。

仮想通貨を使用するメリットは?

では私達の日常生活でどのようなメリットがあるのかを調べてみました。私は海外旅行が好きなのですが、日本円を現地通貨に換えるのが面倒なんですよね。でも、仮想通貨ならその手間がないそうです。とても便利ですね。

あとは海外へ送金するときの手数料も安いとか。一般的な海外送金をしようとすると、「送金手数料」「為替手数料」また受け取る際には「受取手数料」などが発生します。しかし、仮想通貨の場合は、人が介入して送金するわけではないためか、そういった手数料がほとんどかからないそうです。しかも、送金までの時間もほとんど要しないと、いいこと尽くしです。今はあまりメリットには思えなくても、例えば副業で輸入ビジネスを始めようとするときに、役立つ日が来るかもしれませんね。

まとめ

仮想通貨を根底からきちんと理解しようとすると、ITや経済などの知識が必要になり、今はまだ手を出しにくいかもしれません。けれども、とても便利なものなので、近い将来広く使われることになるのでは?と私個人では思っています。そうしたら、それに合わせてわかりやすく、簡単に使えるようになるシステムが整うだろうと密かに期待をしています。

最悪のタイミングで株に手を出してしまった体験談

株を始めたきっかけはライブドアが大人気だったから

私が株に手を出したきっかけは2000年台前半のITバブルの時代だった。
当時、IT業界は大いに盛り上がりベンチャー企業が立ち上がった。
やれIT革命だの、後々色んな意味で世間を賑わせるホリ○モンの登場なども相まって株式を始めとする、投資市場が大きく賑わった。

この時の盛り上がり方は今でも覚えている。
テレビをつければIT業界が盛り上がっている事を報じないテレビは無かったし、投資のハウツー本が書店の入り口などで平積みされるなど投資に関する本もワンサカ出ていた。
ちなみにこの時期には、とある少年漫画誌で株式投資のやり方まで掲載していた事もあったんだ。
当時の盛り上がりの度合いが知れようと言えるな。

日本全国がお祭り騒ぎだったから、投資を始めないと損をするという雰囲気だった。
事実私自身この時の熱に浮かされて、実際にネット経由で証券会社に口座を開設したクチだったからね。

株式投資を始めてみたのは良いけれど…

株式の口座やネット銀行の口座開設など必要な下準備は全て整った。
さあここから私も株式市場で一山あてて、億万長者の仲間入りだ!
そう鼻息荒く株式市場に乗り込んでみたが…初っ端に大きな二つの壁にぶつかった。

一つ目は何の株を買ったら良いのか分からない。
株式に限らず投資というのは、これから伸びると予測して安い時に投資して、高値がついた時に売り払い、利益を得るのが基本だけど、市場のド素人の自分には何が伸びるのか全くわからない。証券会社の情報や、様々な

企業の情報を見てみるも、株価が下がるような情報を載せるわけがないから、どれもこれも伸びそうで手が出せずに途方にくれてしまった。

二つ目は資金があまりにも乏しかった事。
当時は貯金の20万円で株式市場に乗り込んでみたけど、いくら株式の初心者とは言っても、あまりに資金が少なすぎる。

日本どころか世界中にその名を知られた大企業の株は一株ではなく、百株単位で売買される事も珍しくない。
仮に一株2万円だとしたら、最低単位ですら200万円必要となるが、これでは一庶民にはとても手が出せない…。
これでも零細株主扱いだって話だから世の中どうなっているの?とドン引きしたよ。

以上の二つの理由と、しばらくしてITバブルの崩壊やホ○エモンの逮捕などもあって、投資に対する熱が日本中でサーッと引いて、自分もそれに合わせて資金を引き上げ株式投資から引退した。

再び株式市場に足を踏み出した矢先に…

特に利益も損失もあまりないまま、株式投資から引退してからしばらくたって2006年の年末あたりだった。
再び自分は株式投資に足を踏み入れることになる。
きっかけは長らく派遣社員だったから、大きな貯蓄がほしいという将来の不安と、前回に比べて貯金も100万円近くに増えたし、ここの会社伸びるんじゃないか?とこっそりアタリをつけた会社があった為だ。
ならば一丁、リベンジしてみますか!と思い、休眠口座を引っ張り出した。

…多分、一部の人はお察ししたかと思う。2006年と株式投資、何があったかというと、アメリカ発の金融危機、サブプライム住宅ローン危機だ。
サブプライムローンの詳細は割愛するが、大勢の投資家が大損こいたのは言うまでもないし、何より私自身もその中のひとり。
ただ大々的に報じられる直前の、最悪のタイミングで私は株式を再開してしまった。
どうしてこんな時に…と当時の悔しさは今でも夢に出て来る。

さて私がアタリをつけた会社だが、無名だけど一部のマニアからは非常に好評価で、ニッチな会社だけど業績は悪くない。復帰当初は30万円程度投資しており、ゆくゆくは増資も考えていたが、方針を転換せざるをえなくなってしまった。

ナンピン、ナンピン、またナンピン…その末路は

サブプライムローンの影響を受けたのは、自分の投資先も例外ではなかった。
株価は落下し、30万円の投資はあっという間に暴落した。
このままではいけないと一気に不安に駆られた自分は、買った債権が下がってしまった時に、行う買い増し。いわゆるナンピンを決行した。

あくまでもサブプライムローンは一過性のもの。すぐに戻るだろうという根拠のない読みと、元の価格に戻ってくれれば、買い増した分の利益は出る。
そんな読み、いや読みというよりも願いを込めてナンピンをしたんだ。

結果的にはこれが裏目で更に株価は下落。そしてここまで突っ込んでやめられず、最終的に100万円全てを、その会社以外にも株式を買って全ツッパ。
後は戻ってくれれば…その願いは叶うことは無かった。

下がる株価を毎日見るのは辛かったし、何より仕事中もベッドの中でも株価だけが気にかかり、遂には仕事で大きなミスをしてしまった。
上司から呼び出され、最近の仕事ぶりには目に余る!どうなっているんだ!と、大目玉をくらった時にようやく自分は目が覚めた。
「もうやめよう…手仕舞いにして諦めよう。」
最終的に戻ってきたのは100万円中65万円。おおよそ半額近くしか取り戻せなかった。

株の失敗は手痛い出来事だったが反省点もある

大事に貯めていた貯金を大幅に減らしてしまった二度目の株式投資。
さすが懲りたので三度目の正直で挑戦しようという意欲はもう無い。
ただ今振り返ってみれば、自分の株式投資の体験談では反省すべき点は二つあった。

一つ目は資金が乏しいという事。
最初もそうだけど、二度目の挑戦で100万円を用意したとはいっても、それでも世界中の投資家に比べたら資金はやっぱり少ない。
ちょっとでも損失が出れば強制退場も十分ありえるし、損失を抱えている事実から、精神的に不安定になることもある。
しっかりと勝負するなら相応の資金が必要な事を知っておくべきだった。

二つ目は専門知識をもったプロに依頼や相談せず、素人知識でアタリをつけた事かな。
当たり前だけど日々株式市場で戦う専門のプロがいる。
資金力にも乏しいし株式の情報にも疎い。そんな人間が株式投資で勝つための近道は、彼らの戦術を真似して勝ち馬にのるか、プロの投資信託に任せてみる。

その方が素人目線でこれは伸びると目をつけるよりも断然良かったはず。
事実、サブプライムが報道される前に、プロの投資家が新聞の経済コラムで、アメリカの住宅事情がヤバイと警告していて、この記事を知っておけばなあ…

と、頭を抱えたこともあるからね。

資金が乏しいと市場では不利、資金や情報に乏しいなら相応の戦術を取る必要がある。
投資において当然の事実を、身をもって体験させられたよ。
とは言っても、もう株式で大損こくのは御免だからやる気はないけど。

これから株に挑戦したいという人へ

株に挑戦するのは個人の自由だし止める事はしないけど、情報や資金に乏しいなら、素人読みでやるよりプロに任す方をオススメしたい。

大損こいてしくじった人間の言葉、参考にしてくれたら嬉しく思う。

本と服に目がくらみ・・・節制できない私の借金地獄

欲しいものが我慢できない私の性分

私には昔から我慢するという習性はありませんでした。厳密にいえば、自分がいい子でいようとかこれをしたらいけないとかそういう部分での我慢ということはあっても物欲を我慢しようと思ったことがありません。

小さい頃から親がなんでも買い与えてくれ、欲しいものや食べたいもののほとんどが手に入っていたように思います。家族からは愛情を受けて育ちました。ただ、礼儀とか勉強に関しては祖母に厳しく言われていたため人としては普通に成長したかなという感じです。

そんな欲しいままにものを手にしていた私。成人してからもそれは変わりませんでした。私は子供の頃から本が好きでたくさんの本を両親に買ってもらい自分の宝物にしていました。

大人になってからはいろんなジャンルの本に興味を持ち自分が稼いだお金で毎月5~10冊は購入していたと思います。
中古本なんてあり得なかったのでいつも新品を、しかも文庫本ではなく単行本を購入していました。本棚が単行本で埋められていくのが私の楽しみでもありました。

その頃私は22、23歳くらいで一人暮らしを始めていましたが、おしゃれや化粧やお酒などには全く興味がなかったので特にお金に困るということはありませんでした。

恋をしたことからファッションに目覚め浪費が始まる

25歳の頃。それまで興味がなかったファッションや化粧に興味を持つようになりました。

理由は好きな人ができたからです。その人のために化粧品を見直し、流行りのファッションを研究し自分が彼の視界に入るよう努力しました。当然化粧品や洋服でお金は飛んでいきます。

会社帰りに毎日ブティックに立ち寄り欲しい服があれば衝動的に購入しました。いろんな化粧やファッションを試し、中には買っても1度しか着ない服もありました。外見に気を遣うようになっても大好きな本は毎月買い続けていましたし、友人と遊んだり外食したりというの私にとって必要不可欠だったため貯金などする余裕はありませんでした。

お金を使い込むことに多少罪悪感は持っていましたが、自分が稼いだお金だから別にいいよねと言い聞かせていた気がします。

こうして私の生活は毎月赤字になっていき、学生時代から貯めていた定期貯金に手を付けることとなりました。

クレジットカード地獄の始まり

生活費に加え、趣味にお金がかかるため定期的に貯金からお金をおろすのが当たり前になっていきました。結局その当時好きだった人とはうまくいかなかったのですが、それでも物欲が収まることはありませんでした。買い物をすることですっきりしている自分がいるのです。暇さえあればネットでも服や本を探している始末です。

当然のごとく貯金は底をつき、クレジットカードでなければ支払いが追い付かない状況になりました。ただ、その場はカード払いでしのいでもあとには支払いが待っています。いつの間にか毎月カードの支払いに追われる日々となり、生活に余裕がなくなっていきました。

しまいには消費者金融の力を借りる羽目になり、カードローンを背負うこととなりました。私もここまで落ちたかとさすがに落ち込みました。友人との外食にも行けず何をしていても生活の不安が頭をよぎり仕事中もそのことが頭から離れませんでした。さすがに本と服を節制せずにはいられない状況になったのです。

親の寵愛を受けながらもなかば無理やり実家を出て一人暮らしをしていた私は、お金のことで両親に迷惑はかけられないと思っていたため、それほど仲のよくなかった兄にそれとなく相談してみました。

兄は心底呆れ、親には頼るなと言ってきました。兄はその頃新築を購入し子供も生まれたばかりで大変な時期だったため、お金を貸してとはとても言えませんでした。それでも結局10万貸してくれたことに感謝しています。

借金返済のため節約生活スタート

とにかく落ち着いた日常を取り戻すため節約を第一に考えて生活こととなりました。余計なものを買わないのは当然ですが、光熱費や食費など生活費の節約に徹底して取り組みました。

具体的にはテレビはつけない、朝と夜は納豆ご飯で昼はお弁当持参、外食は断る、おやつを食べたくなったら自分で作る、日用品はネットの安いサイトでまとめ買い、無料の保険相談を利用し生命保険を見直しなどなど。
他には新生銀行を開設し家賃の振込手数料を無料にしたり、楽天カードにEdy機能を付けて必要な買い物をEdyで支払うことでポイントを貯めるようにしたりと知恵を絞りました。

Edyは200円につき1ポイント加算されます。光熱費を楽天カードで支払っていたため、その際に付与されるポイントと合わせると結構なポイント数となり、そのポイントを利用して楽天で買い物することもできますし、楽天ポイントをEdyに交換することもできるので大変お得です。

本をどうしても読みたくなった場合は図書館で借りたり、Kindleの無料本を読んで満足しています。以前なら単行本を自分の手元に置いてコレクションとして楽しんでいましたがその趣味とはお別れしました。

服についてはそれまで月5万以上費やしていたためクローゼットの中で溢れ返っており、買い足す必要は全くありません。ブティックをのぞくのもファッション雑誌を見るのもやめました。化粧品は安いものに戻しました。

断捨離で生活環境が一変!?

その当時、断捨離なるものが流行っていました。もともと大ざっぱな性格で昔から片付けや掃除が得意ではないのですが、部屋から物がなくなれば生活の風向きも変わると書かれた本を信じ、意気込んで不要な物を捨てる作業に挑みました。いざ要るものと要らないものを分けてみると要らないものの多いこと多いこと。40ℓのごみ袋が10個でき上がりました。

もう着ることはないであろう服や読むことはない本は売り、その他の必要ないものは容赦なく捨てた結果、本当に部屋が広くなりました。また、心がとてつもなくすっきりしたのを覚えています。決して大げさでなく、今までそこにあった重い荷物が心の荷物であったかのようにもやっとしたものがスッと消えた感覚に陥ったのです。

借金がまだまだ返済できる状況ではなかったため、ここでやっとバイトしなければと思い立ちました。昼は派遣でコールセンターの仕事をし、夜は週4でスナックのバイト生活が始まりました。

日勤の仕事と夜のバイトは正直つらかったですが、気の持ちようが変わったことで朝早く起きられるようになり、以前のように身なりにも気が回るようになりました。

そんな生活が続き、借金の返済もまずまず順調に進み、兄に半分お金を返すことができました。合間を見てネットで小遣い稼ぎしたり、ペットショップへ行きワンちゃんや猫ちゃんに癒されたり、少しずつ気持ちに余裕が出てきたのです。

また、ふいに彼氏もできました。相手はバイト先のスナックで知り合った常連客の男性。大人で落ち着いた人です。私の事情を知っても安易にお金の援助をしてくれるのではなく、静かに温かく見守ってくれました。外食のときや遊びに行くときはお金を出してくれるのでその部分は甘えています。

部屋を片付けたことが直接の理由ではないにしても、部屋から余計なものがなくなったことで心の澱が吐き出され、心境や環境に変化が起こったのは事実です。

私が借金から学んだこと

私は欲しいものを思いのまま買ってしまい借金を作ってしまいました。欲しいものを我慢する必要などないと思い込んでいたのが間違いだったのです。

借金から学んだのは自分を節制し甘やかさないことです。また、痛い目にあって初めてお金の大事さに気づくことができました。

そして、部屋の片付けによって心境に変化が表れ環境が変わるというのは本当のようです。ぜひ、皆さんにも目を向けてもらえたらなと思います

ギャンブル中毒者でも借金を完済できる。ただ道は辛い

借金に手を出したきっかけはパチスロ

始めて借金に手を出したのは、確か20歳ぐらいだったと覚えている。
今からちょうど12~3年前ぐらいだったかな。きっかけはパチスロだったよ。

パチスロを知らない人に簡単に説明するけど、2016年現在のパチスロと
12~3年前、2000年代前半のパチスロは一度に出るスピードが全く違う。
当時のパチスロは、朝開店してからサクッと当たって大爆発した時には
お昼前には10万円近い勝ちになる事も珍しくなかった。
しかもそれ以前の時代は更に爆発力があったって事だからとんでもない話だ。
もちろん今の機種はそんな出玉性能は抑えられているけどね。

まあ一応成人していたしフリーターだったから、それなりに収入もあった。
ちょっと軍資金が足りないなと思って、消費者金融に申し込んでみたら
あっさりと10万円の融資がおりた。当時はちょろいものだと思っていたが
あの時、ここで手を出さなければと今も後悔している。

「増額しませんか?」魅惑の言葉に惑わされ

多分ここまで見た人は、ある程度自分の末路を察してくれたと思うが、もう少し詳細にその後の経緯を述べてみよう。

始めて消費者金融に申し込んで10万円の融資がおりたけど
その10万円は1日であっという間にパチスロ台に飲まれてしまった。
10万円1日で無くすとかありえない!?そう思うかもしれないけど
先に述べた2000年代のパチスロの特徴を思い出してほしい。
さくっと10万円出るって事は、その逆も十分ありえる。むしろ逆噴射する事の方が当然だけど多い。

もちろんやってしまったものは仕方ない。毎月のパチスロ代を我慢して
返済にあてるしかないなとバイトを頑張っていたよ。
月2万円程度の半年で完済を目指していて、ようやく完済も見えた4ヶ月目のある日。
「今なら融資額を30万円に増やせますよ」
借りた先からそんな電話がかかってきた。

別に増やしてもらったからって借金が増える可能性が出てくるだけだ。
しかし当時の俺は、融資額が増える=またパチスロが打てる!と結びついたのだろう。
お願いしますと一言だけ伝えて即日増やしてもらった。

ここも今でも後悔しているポイントだな。

そして多重債務、お決まりの破滅ロードへ…

融資額は増えた、しかしギャンブルはたまに勝つことはあってもトータルでは負ける。
当然だけど負けが込んでいき、遂には30万円全て借り入れてしまった。
そして見計らったかのように来る融資額の増額の電話。
あとは返済しては借りて、たまに融資額増額のループを繰り返して
気づいたときには借金の総額は利息含めて60万円。

この状況をまずい程度に思った自分は愚かだと思う。
何故ならもっとパチスロで取り返さなきゃ!なんて考えてしまったのだから。
そう考えた人間がどうするか分かるだろうか?

遂には自分の生活費、家賃や電気代など日々の生活費まで使い込んでしまう有様さ。
もちろんそんな金を突っ込んで取り返せる保証もない。
とある賭博の漫画風に言うなら圧倒的…泥沼…!そんな感じだよ。
今なら当時は頭イカレてるって笑えるけど、かなり切羽詰まっていたね。

そして家賃すら使い込んだ挙句、どうしようもなくなった。
そこで今回が最後だからと、別の消費者金融に申し込んだ。
これで金輪際、パチスロからは足を洗うと真面目に働くと誓って…。

その祈りが通じたのか、5万円の融資がおりた。
とりあえず家賃と携帯代は払える。その他の生活費は待ってもらったり
クレジットカードのショッピングで食費は賄った。

気づいたときには返済だけで一杯一杯

さすがにこれ以降はパチスロに手を出すことはなくなった。
そもそも当時の収入はバイト代で15万円程度だったけど、月々の返済と家賃を合わせれば
返済額だけで8万円近く飛んでいた。
後はそこから電気代やガス代、交通費通信費などの生活費の支払いをすると
ギリギリの食費しか残っていなかったからね。

パチスロを遊びにいこうにも物理的にいけなかった事も
今から思うとパチスロから離れる良いきっかけになったと思う。
最初は5万円の融資をしてくれた2社目を返済し、返済後は2社目の分を1社目の返済額にあてた。

その甲斐もあってか、1年半後にはようやく全ての借金を返済することが出来た。
ただその間は本当にパチスロに行きたくてしょうがなかったのは事実。
最後に一度も行かずに返済できた自分なりの方法を解説したいと思う。

俺はこんな方法で借金を返済した

パチスロに行きたい気持ちを抑えながら借金を返すのは非常に辛かった。
でも自分は次の二つの方法でパチスロから離れることが出来たので
最後にその二つを紹介しよう。

1つはパチスロ以外にも趣味を持ったことがある。
どうせ楽しむなら数千円程度で楽しめる娯楽を探し始めた。
例えば美味しい食事を食べ歩きや、スーパー銭湯では5000円もかからないのに一日中楽しめるし
図書館で雑誌や書籍を読みふけって、一日中入り浸っていたとしても無料。
コスパがぜんぜん違う事に気づいてからはパチスロに行くのが馬鹿らしくなった。

そうは言っても長らく染み付いたギャンブルの味はそう忘れられるものじゃない。
そこで2つ目の方法だけど、1つ目の数千円で楽しめる娯楽を探していた時に
ゲームセンターでもパチスロ台は置いてある事に気づいた。
だからどうしても打ちたくてしょうがない時は、ゲームセンターにいって気持ちを落ち着かせていた。
たまにゲームセンターで大爆発を起こした日には、パチ屋でやれよ…と
苦笑いしたのも今では良い思い出かもしれない。

今思えばギャンブル依存症にかかっていたと思う。
ギャンブル依存症が原因で借金や債務整理をする事は珍しくない話と後々知ったけど
誰かに迷惑かける前に克服できた自分のケースはかなりラッキーかな。

その後はSEとして働いて現在に至る。一応今のところはパチ屋に行くことはないけど
今でもたまに虫がうずくことは実はあったりする。

借金してまでギャンブルだけはするな!

株やギャンブルは余ったお金でやれと言うけど
自分の体験から言うと、余ったお金でもギャンブルはするべきじゃないと思う。
それがきっかけで身を滅ぼしかねないから。
もし今ギャンブルの事で頭一杯なら、一度深呼吸して考え直す事をオススメするよ。

激楽で給料のいい仕事代表の治験。だけど、実は時給は大したことない!?

給料のいい仕事で挙げられる治験とは何か?

治験というのは、いまだ病院や市場に流通していない試作の薬を実際に人体に投与してデータを得る為の被験体となる事です。

新薬の実験体と聞くと思わず後ずさりしてしまいがちですが、いくら治験とはいえ、治療中に大きな薬害事故が起きれば大問題に発展するため、毒性試験や安全の確認がとれてから治験の対象となります。

実際に服用する薬も様々ですが、最近のトレンドだと、メタボリックシンドロームや糖尿病関連の試薬が目立ちますが、それ以外にも各種体質改善を目的とした治験の試薬もあります。

そしてこの治験という仕事は非常に給料が良い事、仕事内容が非常にラクな事から、お金に困った人から、お金を稼ぐと同時にネタ作りを目的とするなど、多くの人から注目を集めている仕事なのです。

治験の仕事内容は非常にラク

治験の実際の仕事の内容ですが、実際の治験のプログラムによって多少差はあるものの基本的に何もする必要はありません。
強いて言うなら血液検査や心電図などの各種データ採取、ある程度の運動などがありますが、逆に言えばそれだけしかありません。
それ意外の時間は備え付けの漫画や小説を楽しんでも良いですし、持ち込みOKならばパソコンで仕事される方もおり、ゲーム機で同じ治験の人と遊ぶなんてこともあります。

何故これだけなのかと言われると、治験の目的はあくまでも新薬のデータ採取。
一般人を対象に大量の治験のデータが必要なので、アスリート顔負けの激しい運動を繰り返したり、大量の新薬を摂取などしたりする事は
一般の方とは過ごされる環境とは異なるので、ほしいデータが採取できなくなるだけでなく、体調を崩されたりしたら、データの信憑性が一気に崩壊します。

その為、治験の対象者の健康には特に気をつけなくてはいけないので、このような通常の仕事とは思えない仕事内容になっているのです。

治験の給料がいい、そのワケを徹底解説

治験の給料はかなり高額です。一週間の治験で給料が15万円を超える事もあります。
これは日給に換算すると1日あたり2万円を超える給料をもらっている事になります。
「ただ薬飲んで、後は暇な時間を過ごしてなんでそんな給料が…?」
これは何故かと言われると、治験で入院している最中は全て拘束時間とみなされる為です。

先に一週間で15万円を超える事もあると書きましたが、
時給900円で換算すると、24時間拘束で一週間ですから
900×24×7=151,200円となります。

実際の給料は謝礼金という名目で、目安の金額が表示されていますから、その目安の金額を期間の時間で割ると、おおよその時給が割り出せます。
つまり治験の時給自体は他のアルバイトと大差無いが、拘束時間が劇的に違う為、短期間で大幅に稼ぐことの出来る仕事となっている訳です。

治験の魅力は対象の肉体があれば受けられること

治験の魅力は仕事内容と、いいお給料だけではありません。
専門的な知識や技術がなくても受けられる事も優れた魅力と言えます。

求められる肉体は、基本的に体重が太り過ぎず痩せすぎずで喫煙されていない方がベターですが、その条件に見合っていなくても、実は特定の病気や体質のみの方を対象とする治験も存在します。
太っているから無理だ…、自分はちょっと体質的に対象外かも…と諦める必要は無い訳です。

ただ直近で別の治験に参加した場合は、基本的にすぐ治験を受ける事は出来ません。
これは連続して受けると、そのデータの信憑性が薄れてしまう事と、万が一の薬害事故が起きた際にどの薬のどの作用が原因なのか因果関係が非常に複雑となる為です。
連続で治験に参加して大金をゲットだ!という事は不可能なので、その点だけは留意しておく必要があります。

もちろん治験もうまい話ばかりではない

治験においての最大の注意事項は、最終的な責任は自己責任もあるという事です。
もちろん治験の対象前には、万全を期していますがそれでも…という事はあります。
そういった場合には新薬の提供元が健康を取り戻すまでアフターケアをしてくれますが、契約前に最終的には本人の責任である旨の免責を確認してもらう治験も少なくありません。

また仕事内容が極端に手軽で、お金を稼げる事から治験は募集をかけても、あっという間に募集が打ち切られることも珍しくありません。
治験の仕事内容は確かにラクですが、治験自体に参加するには若干のハードルがあります。

もし治験に参加したいのであれば、最終的な責任は自分にあること。
治験情報を公開しているホームページを常にチェックしておくべきでしょう。

治験は給料だけでなく社会貢献にもなる仕事

治験は、いいお給料が目的の方がほとんどですが、長期休暇の学生や話の社会復帰の一歩など参加理由は十人十色。
いずれ治験した薬が多くの方を救うこともありますので、治験はお給料だけでなく、社会的にも立派な仕事と言えるでしょう。

高校生でもできる?簡単なお小遣い節約術5選

1.通学手段を自転車にしよう

高校生として高校に通うとなると、自宅から2~3駅離れた学校に通うケースが少なくありません。そうなると普通はバスや電車を使って通うのが一般的ですよね。

しかし実は電車で2~3駅程度であれば自転車でも往復は可能です。いくら学割があるといっても区間によっては定期代が月に1万円を越えてくる場合も少なくありません。

その為、通学はできるだけ自転車にしましょう。そうするだけで毎月定期代がそのままお小遣いとなり節約できです。もちろん自転車に毎日乗っていればパンクや修理などのメンテナンス費用が必要になります。

ただその金額はバスや電車の定期代よりもはるかに安く済みます。また通勤を自転車にすれば、毎日足腰を訓練することにもなります。自転車を通勤に使うことは節約になるだけでなく、健康にも良いのです。

2.ジュースやお菓子への出費を無くそう

高校生がお小遣いを節約する為には、日常の無駄使いにフォーカスすることが欠かせません。一度普段の自分がお金を使っている場面を振り返り、無駄なところを確認しましょう。

では高校生が無駄にお小遣いを使いがちなものは一体何なのでしょうか。それがお菓子やジュースです。

お菓子やジュースは100円や数十円で購入できるので、気軽に買ってしまいがちですが、毎日購入すれば1ヶ月で3,000円となります。100円の出費は小さいと感じるかもしれませんが、月5,000円のお小遣いであれば3,000円の出費はかなり大きいですよね。

ジュースやお菓子はコンビニに行くとどうしても手が伸びてしまいがちです。したがってできるだけコンビニに近寄ることを控えましょう。そうするだけで、ジュースやお菓子への出費を減らせます。

3.昼食は徹底的に弁当を持参しよう

高校生として学校生活を過ごしながらお小遣いを節約する為には、徹底して消費を減らすことが欠かせません。特に日常的に発生する出費に関しては敏感になるべきです。

特に毎日の弁当代は重要な節約対象です。学校に通学していれば、月に20日は学校で昼食を食べなければいけません。そのうちの月に15回は弁当を持参して、残りの5回を食堂やコンビニのおにぎり等で済ませたとしましょう。

この一回の昼食代を1回500円だと考えれば、月に5回で2,500円の出費となります。これもジュースやお菓子と同様に一回の支払い金額は少なく見えますが、回数を重ねればそれなりの金額になってしまいます。

したがって高校生活の昼食は弁当を持参することを徹底しましょう。親が疲れて弁当が作れない日があったとしても、自分でご飯を炊いて簡単な梅干しを添え、軽く塩コショウで野菜を炒めるくらいの心構えが必要です。

ちょっとしたことに感じるかもしれませんが、この積み重ねにより無駄な浪費を控えることができるのです。

4.休日はお金がかからない遊び方を追求しよう

高校生は遊び盛りなので、色んな遊びの誘いが多くなりがちです。カラオケやテーマパークなど、行ってみたいところも沢山あるかもしれません。

しかしながらお小遣いを節約する為には、そういった遊びの誘惑に軽々しく乗ってはいけません。

テーマパークやカラオケに一度でも行ってしまうと、数千円単位の出費となります。しかも終わった後は遊び疲れて他のことができなくなる可能性が高いので、本来取り組むべき勉強や趣味の追求ができなくなりがちです。

その為、休日友達と遊ぶ場合はできるだけお金がかからない遊びを追求しましょう。それは例えば釣りや、バスケ等のスポーツ、そして図書館の活用等です。

友達と話し込みたい場合は、カフェではなく長居しやすい友達の家に行くことを提案しましょう。そうやって遊びにかけるお金に対しても徹底的に意識を向けることでお小遣いは節約できます。

5.携帯電話は格安ケータイに切り替えよう

携帯電話料金は、大手3キャリアで契約すると、どうしても金額が高くなりがちです。したがって大手キャリアで携帯電話を契約している場合はできるだけ早い段階で格安ケータイに切り替えましょう。

もちろん親が携帯料金を支払いしている場合は、そういった対応は必要ないかもしれません。しかし格安SIMケータイに切り替えることで、浮いた金額をお小遣いに回してもらえないか親に交渉することも節約術の一つです。

自分でバイト代から支払っている場合はできるだけ早い段階での切り替えた方が節約できます。携帯電話料金は自動的に引き落とされていくので見逃しがちですが、使い方や契約方法によっては大きな出費になりかねません。

携帯電話料金が高いと感じた場合はSIMフリー等、格安ケータイへの切り替えを検討しましょう。

高校生のお小遣い節約術は、複数同時に取り組もう

ここまで高校生のお小遣い節約術について紹介しましたが、いかがでしたか。高校生でお小遣いを節約したい場合は、一つではなく複数の節約術を同時に実践することが大切です。

そして徹底的に出費に敏感になることで貴重なお小遣いを使うべきところで使えるようになるのです。

ローンシミュレーションをする時に知っておきたい4つの用語

ローンシミュレーションは何をするもの?

住宅ローンを扱っている金融機関や不動産会社のホームページの多くは、ローンシミュレーションができるようになっています。

ローンの返済額の計算は、返済期間、金利、返済条件などによって複雑に入り組んでおり、素人がちょっと電卓をはじいただけでは難しい作りになっています。

ローンシミュレーションでは、ローンシミュレーターにこれらの借入に関する条件を入力するだけで、簡単にこの計算をすることができます。

これから住宅購入を検討している人はもちろん、既に住宅ローンを利用していて、他の金融機関に借り換えようかと考えている人にも便利です。

便利なローンシミュレーションですが、住宅ローンに関する用語を知っておくと、もっとやりやすくなります。
以下では、その用語について解説します。

借入金額=住宅価格ではありません!

住宅を買うんだから、住宅の価格だけ借りればいいんじゃないの?と思うかもしれません。
ですが、必ずしもそうはなりません。

まず、利用する住宅ローンによっては、頭金が必要な場合があります。
例えば4,000万円の住宅を購入する場合に、融資可能額が物件価格の90%までという住宅ローンを利用するのであれば、頭金として400万円の現金が必要になります。

次に、住宅購入には登記費用や手数料など、一般的に3~10%程度の諸費用がかかります。
諸費用も住宅ローンで同時に借入れられる場合もありますが、せっかく用意した現金を諸費用に使わなければならない場合もあるのです。

つまり、今の貯金や諸費用、検討している住宅ローンの条件などを考慮しないと、非現実的なローンシミュレーションになってしまうのです。

返済期間は長く?短く?

返済期間は、なるべく長いほうが月々の返済負担額は少なくなりますが、金利を払う期間が長くなるので、トータルの返済額は大きくなります。

ただ、あまり月々の返済額を大きくすると、お子さんの教育費やマイカー購入など、いざまとまったお金が必要になったときに、手持ち資金がない、ということになってしまう可能性があります。
そうなって、金利の高いカードローンなどを使うと、元も子もありません。

一般的に、修繕費なども含めた住居費は、高くても年収の30%以下というのが無理のない生活だといわれています。

返済期間は、一度短くすると、それより長くすることは難しいです。一方、繰上返済をすればローン残高は減って、その後の金利負担は小さくなります。

なるべく働いている60歳や65歳など目いっぱいの期間をとって、余裕があれば繰上返済をするという方法を考えてもいいでしょう。

たった1文字の違いもあなどれない、返済方式

返済方法には、毎月一定額を返済する元利均等返済方式と、毎月一定の元本を返済する元金均等返済方式があります。

前者については、返済し始めの頃は、返済額に金利が占める割合が大きく、返済を重ねていくと、だんだん元本(元の借入額に対する返済額)が占める割合が大きくなります。
将来の支出に関する計画が立てやすい、後者に比べて返済開始当初の返済額が少ない、といったところが利点です。

元金均等返済方式は、毎月返済する元本は一定で、そこにローン残高に対する金利を上乗せして払います。
ローン残高が少なくなるにつれて、金利負担は減るので、金利が変わらなければ、返済額がだんだん減ります。
全期間通したトータルの返済額は、前者よりも少なくなります。ただし、返済当初の毎月の返済額が前者よりも大きくなるというデメリットもあります。

ただし、住宅ローンによっては、元金均等返済方式が選べない場合もあります。

究極の選択、変動金利か固定金利

やはり、住宅ローンを利用する時に一番頭を悩まされるのが、変動金利と固定金利どちらにするかでしょう。
最終的にどちらが得になるかは、誰にもわかりません。

変動金利は固定金利よりも利率が低いですが、将来上昇するリスクがあります。
固定金利は、当初の何年か固定金利で、その期間が過ぎると変動金利になる(または、再度固定金利を選択する)というパターンもありますし、全期間固定というパターンもあります。

「フラット35」は全期間固定で、金利も低水準の公的なローンです。

借入額のうち、一部が変動金利で一部が固定金利という借り方もできる場合があります。

使いこなせば、住宅ローンの話がよりスムーズに

金利一つとっても、非常に複雑なローンシミュレーション。自分でできる範囲には限りがありますが、気に入った物件があったら、概算で構わないのでまずはシミュレーションしてみましょう。
自分でしっかりシミュレーションができていれば、実際に金融機関に相談した時も話がスムーズになるはずです。

実はそんなに面倒くさくない!国民健康保険に加入する手続き方法

国民健康保険の対象となるのは

誰もが国民健康保険に加入対象になるわけではありません。 
主には、以下に該当する人が対象となります。

1職場の社会保険・健康保険組合・共済組合等に加入していない人、その扶養者
2生活保護を受けていない人
3後期高齢者医療に加入していない人

つまり、他に優先すべき社会保険がない人、自営業やパート、無職の人などです。

又、外国人登録を行って、日本に1年以上滞在する人も該当します。

また、入院により他市区町村へ移動した人も、従来の住所での保険加入となります。

退職などによって会社の保険から除外されてしまったら、なるべく早く国民健康保険加入手続きを取りましょう。遅れてしまっても、遡って支払うことは可能です。

しかし、あまりに遅くなると延滞金がかかってしまいます。国民健康保険の対象となったら、きちんと手続きを行いましょう。

国民健康保険に加入しなかったらどうなるのか

“病院に行くこともないし、保険料を支払うのも嫌だから、保険には加入しない。”

このように考える人もいるかもしれませんが、国民保険は強制的なものです。

入りたくないから入らない、では済みません。納付の義務もありますし、滞納による処分もあり得ます。
支払いを怠っていると、保険料に延滞金がかかります。それでもまだ滞納すると、督促状が送付され、国民健康保険の有効期間が短くなってしまいます。

さらにその後もまだ滞納すれば、保険証を返納しなければなりません。
有効期限の短い「短期被保険者証」となり、その1年間でもまた滞納した場合、医療費は全額自費になります。

さらに支払いがない場合は、財産差し押さえということもあります。

どうしても保険料を支払えない場合は、減免の申請もできます。
保険料を滞納したままにはせず、自分の置かれている状況を説明し、役所に相談してみることが必要です。

保険加入の手続きは本当に面倒くさいのでしょうか?

国民健康保険を運営しているのは、各市区町村です。そのため、すべての手続きは市区町村窓口へ行って行う必要があります。
それぞれの状況によって、手続きに必要な書類が異なります。

1 他の市区町村から転入した場合
  …元々居住していた市区町村からの転出証明書、印鑑
  
2 会社を退職した場合
  …健康保険の喪失証明書、印鑑

3 生活保護を受けなくなった場合
  …保護廃止決定通知書、印鑑

4 子供が生まれた場合
  …母子手帳、国民健康保険証、印鑑

いずれの場合も、14日以内に手続きを行わなければなりません。

また、平成28年1月よりマイナンバー制度が施行されました。

手続き書類にも、マイナンバーの記載が必要な箇所があります。
運転免許証やパスポートといった身元の確認できるものと共に、マイナンバーも忘れずに持参しなければなりません。
必要な書類さえ揃えれば、役所が手続きをしてくれます。

どれも申請すれば入手できる書類ばかりです。
きちんと申請して、保険証を受け取りましょう。

また、国民健康保険証を受け取ったら、記載内容をきちんと確認することが大切です。
この保険証は身元確認の際にも使用できる証明書です。大切に管理し、紛失や破損の際は必ず役所に届けましょう。

保険で受けられない医療とは

保険料を払っていても、国民健康保険適用外の医療については、全額自費負担しなければなりません。では、どういった医療が保険適用外になるのでしょうか。
主なものとしては

・健康診断
・美容整形
・歯列矯正

などがあげられます。国民健康保険では、病気やケガの治療目的以外のものは、対象外となってしまうのです。医療機関で受けることが出来るからといって、全てが保険の対象にはならないことは、よく覚えておかなければなりません。

また、誰かによって病気やケガを引き起こされた場合も対象外です。
加害者がいる場合は、加害者に治療費を請求するため、国民健康保険からは診療費は出ません。

正常な妊娠・出産・分娩にかかる費用も保険の適用外となります。
こちらは別途出産育児一時金という制度がありますので、そちらの適応となります。

他にも、医師の受診に従わない場合や、労働基準法の適応を受けて労災補償金が支払われる場合なども除外されます。

保険料を安くする方法はあるのでしょうか?

国民健康保険の保険料は、前年の所得によって決まります。
国民健康保険の対象者になった場合、その月からすぐに支払い始めなければなりません。
では、支払金額を少しでも安くするにはどうしたらいいでしょうか。

複数世帯なら一つにまとめる、もっと安い保険料の市区町村に引っ越すという方法がありますが、実用的で簡単にできるのは支払い方法を変えることです。

健康保険は、セブンイレブンの電子マネーnanacoで支払いが可能です。

支払う額が減るわけではありませんが、ポイントが貯まるのでお得といえます。
同じように、YAHOO公金を利用してクレジットカード払いにしても、ポイントが貯まります。

ただしこちらは支払いに対応している地域が限られていること、手数料がかかることがあり、自分の住む地域について、確認が必要です。
また、ある程度のお金があるなら、前期で一括納付すれば、1%程度の割引を得ることが出来ます。

国民健康保険は絶対に必要なものです

日本に住んでいる人はすべての人が健康保険に加入する義務があります。

国民健康保険は会社などの社会保険に加入できない人の最後の受け皿ともいうべきものです。

保険に入っていれば、不意のケガや病気の時にもためらうことなく病院に行くことができますし、証書は自分の身元を示す有力な証明書ともなり得ます。

よくわからないし、不要だとは考えず、国民健康保険の該当者になったら、すぐに役所へ行って手続きをするようにしましょう。