借金返済に困っているなら知っておきたいコツとは?

借金の返済は少額でも負担になるものです。だからこそ、借金返済は賢く進めていきたいものでしょう。そんな借金の返済に役立つコツやお得な情報があります。既に借金を抱えてしまって悩んでいるという人は是非ともこの記事を読んで見てください。今まで知らなかった借金返済のきっかけが掴めるでしょう。

おまとめローンを活用してみよう

借金を返済していく上でおまとめローンはまず最初に知っておきたい方法でしょう。おまとめローンとは色々な金融機関からお金を借りているといった多重債務者に特に利点のあるもので、色々な金融機関からの借金を一本化できます。このおまとめローンを利用することで口座管理が楽になるだけでなく、返済日も月に一回になるので手間も省けます。加えて、お金を一社から借りているということによる精神的なメリットも得られます。また、おまとめローンの利点として見逃せないのが返済額の減額です。借金をおまとめローンで一本化することで、それまでに払い過ぎた利息などによって借金の返済額が減ることがあるのです。おまとめローンは大手の銀行であればほとんどの銀行が対応しています。店頭に行くのが面倒であれば、ネットから申し込み・利用できるおまとめローンを活用してみるのも良いでしょう。おまとめローンの利息は状況によって様々ですが、通常は6%から10%前半程度になります。

債務整理をしてみることもオススメ

借金の返済法には実に色々なものがありますが、任意整理や特定調停などもオススメしておきたいところです。任意整理をすれば長期的な分割返済ができることがあるばかりか、利息なども有利な額になってきます。また、任意整理は手続きも簡素であり、会社などにバレずにできることも利点でしょう。とはいえ、任意整理では基本的に自分の力でお金を返していかないといけません。また、任意整理をすれば過払い金の請求を利用することもでき、返済総額も大きく減ってきます。そのため、債務整理の方法としては広くおすすめできる方法なのです。

特定調停とはどういった債務整理法なのか

他にも特定調停というものもあります。特定調停では簡易裁判所で債務者と債権者が話し合い、返済条件の合意をします。特定調停では簡易裁判所を間に挟むことなどもあり、基本的に弁護士に相談を利用することが通常です。特定調停をすれば任意整理と同じように過払い金が請求できるだけでなく、返済額も大きく減ってきます。とはいえ、特定調停には時間がかかるだけでなく、「継続して収入がある」といった条件を満たさなければいけない条件もありますから気をつけましょう。また、債権者が特定調停に乗り気でない場合もあります。いずれにしても、特定調停は任意整理よりもハードルが高めですから、弁護士としっかりと相談して対応を考えていくことが大事です。

借金を貯めないことも大事

借金は貯まれば貯まるほどに返しにくくなります。最悪の場合には自己破産につながってしまいますから、まず最初に借金を余り貯めないようにしていくことが肝心です。そのためにも、必要以上にお金を借りない、返済計画を必ず立ててからお金を借りるといったことは留意してみましょう。また、既に借金があるのであれば、できるだけ借金を「増やさない」ことが大事です。借金が自分の支払い限度額以上にあると他の金融機関からもお金を借りてしまうということがあるのですが、これが借金が雪だるま式に増えていくメカニズムです。だからこそ、借金の額が少ない内にしっかりと対策をして、手が負えないまでに増えないようにしておくことも欠かせないのです。

借金返済で悩んだらまずは人に相談してみるのも効果的

借金で悩んでいると余り良い考え方ができなくなるものです。下手をすると仕事を辞めてしまうなんて悪い考えも湧いてしまいます。それだけ借金は精神的な重荷になるもので、仕事や学業にも悪い影響を与えてしまいます。そのため、もしも借金の返済で悩んでいるようであれば親や友人に話をして肩の荷をおろしてみましょう。この「話をする」ということは大事で、誰かと悩みを共有するだけで、精神的にも安定します。他にも専門家にも是非とも話をしておきたいところです。ネット上でも専門家に無料で借金返済について相談できるサイトは色々有りますから、まずはこういったサイトを利用してみましょう。自分で悩んでいたのでは見つからなかった解決策が専門家に相談したら見つかるかもしれません。いずれにしても、借金の問題は自分だけで抱え込み過ぎ無いようにして積極的に人を頼っていくことが肝心でしょう。

借金返済は早めに取り掛かろう

このように借金返済の方法は実に色々なものがありますが、借金は早めに対処すればそれだけ対処しやすくなります。そのため、借金で悩んだら真っ先に上記のような方法を検討してみてください。行動は早めにするのが借金解決の鍵です。

即日でお金を借りたい場合に知っておきたいコツ

即日でお金が必要なんてことは人生でも何度かあるものです。そんな際に備えて即日でお金を借りるコツを押さえておきましょう。また、即日で借りられるからといってブラック金融などの怪しい金融業者に手を出すのは決してオススメできません。その辺も合わせて紹介していきましょう。

即日融資のメリット・デメリットを知っておこう

お金を即日で借りることは可能ですが、これには良い面、悪い面があります。まず、良い面としては、即日融資が出来るところは返済計画なども提出しないで良く、提出する書類も少ないので、役所などにいかなくてもお金を借りられることは大きなメリットでしょう。とはいえ、即日融資は高金利なことが一般的であり、金利が法律で借りられる金利の限度額ギリギリなんてこともあります。早く借りられる分だけ、こういったデメリットは覚悟しておかないといけないところでしょう。また、即日融資に慣れてしまうと余りよく考えずにお金を借りる習慣がついてしまいます。こういった習慣がつくと仕事をしていても「クビになったらお金を借りればいいや」といった安易な思考に走りがちなのです。即日融資を利用する際にはこういった点には気をつけておきましょう。

即日融資ならばカードローンが最適

即日融資をするのであれば、カードローンが最も適しています。カードローンは即日融資を謳っているところが大半ですし、実際にほとんどの銀行のカードローンが即日で融資を受けられます。また、カードローンなので、カードで好きなときにお金を借りられるところも利点でしょう。カードローンとっていっても融資額は最高で500万円まで可能なカードローンが多いですから、融資額で他のローンに劣るということも少ないでしょう。加えて、カードローンは実に商品数が豊富にあることがポイントです。そのため、自分にあったカードローンを選びやすいですから、初めてお金を借りる際にもオススメなのです。

カードローンを賢く利用するコツ

カードローンでは即日融資が受けられますが、賢く利用すれば利息がかからないで済みます。その一つが30日以内に返済することです。お金を借りてから30日以内に返済すれば利息がかからないカードローンを利用して、賢く即日融資を利用しましょう。加えて、ATM手数料も気にしておきたいところです。手数料はカードローンによって大きく違い、手数料が0円のところもあれば、数百円程度かかってしまうところもあります。カードローンを選ぶ際には利息に目を向けるのも大事ですが、何度もお金を借りなければいけないのであれば手数料がやすいカードローンを選ぶこともポイントでしょう。

もしもカードローンが契約できない場合には

無職だとカードローンが契約できないことがあります。その場合には「当たって砕けろ」といった気持ちで色々な銀行のカードローンを契約してみることがオススメです。カードローンはほとんどがWEB審査ができますから、家に居ながらにしてお金が借りられるかどうかがわかります。また、場所によっては大手のカードローン契約機が集中しているところもありますので、こういったところに足を運んで見るのも良いでしょう。とはいえ、過去にお金を返せなかったなどの理由で、信用機関にブラックリスト入りされてしまうと、カードローンといえど契約することは困難ですから注意しておきましょう。その場合には知人からお金を借りるといった方法しかありませんが、このブラックリスト入りも数年で解除されるので、時間が経ったらまたカードローンを契約しなおしてみると良いでしょう。

ブラック金融に手を出さないように!

お金を即日で借りようと切羽詰まってしまって手を出してしまいがちなのがブラック金融です。ブラック金融では即日に借りられますし、借りられる額も高額なことが特徴ですが、それだけ高金利なことが特徴です。ブラック金融は何処にでもあるもので、ブラック金融だと見た目では解らないような普通の佇まいの業者がほとんどです。そのため、街なかで「即日融資!」の文言を見つけても気軽に足を運ばないようにしましょう。こういったブラック金融で借りてしまうと返済できなかった際の取り立てが激しいだけでなく、あなたの情報がブラック金融で共有されてしまうこともあります。ブラック金融に手を出さないで済む方法は幾らでもありますから、安易な考えで利用しておかないようにしておきましょう。また、もしもどうしても利用しなければいけない場合にはなるべく少額利用に留め、返済をきっちりとしておくことは欠かせません。

カードローンは即日融資の味方

カードローンの利用法を紹介しましたが、このようなカードローンは大変便利なものです。そのため、今はお金が必要なくても急場に備えて一枚持っておくと良いでしょう。また、カードローンを使う際でも返済計画はしっかりと立てておきましょう。

是非とも知っておきたい!お金を低金利で借りる方法とは?

給料日前にお金がない場合や結婚式費用など、色々な場面でお金を借りなければいけないことはあります。そんな際にはできるだけ安く借りたいものです。高い金利で借りてしまうと返すのも大変な負担になってしまうでしょう。実はお金を低金利で借りる方法は実に色々あるのです。そんなお金を借りる場合に知っておきたい情報を紹介していきましょう。

お金を低金利で借りるメリット

まずはお金を低金利で借りるメリットから見ていきましょう。低金利で借りることによって、利息が減るということは誰もが知っている大きなメリットですが、他にも心理的なメリットも忘れてはいけません。低金利であればお金を返済した際にも金利を取られる割合も少なく、「お金を余計に支払っている」という気持ちも沸かなくて済みます。高金利でお金を借りてしまうと「毎月こんなに金利がかかっているなんて」とお金を借りているのが憂鬱になることも少なくありません。お金を低金利で借りる際には「手続きなどに時間をかける」ことも大事です。焦って手続きに時間がかからないところからお金を借りてしまうと思わぬ高金利でお金を借りないといけないこともありますから注意しておきましょう。そのためにも、お金が必要になってから金融機関に行くのではなくお金が必要になる数週間前から行動を開始することが大事なのです。

銀行からお金を低金利で借りるには?

まずお金を借りる際に真っ先に検討するのが銀行でしょう。銀行では色々なローンを提供していますが、ローンの酒類によって大きく金利も異なってきます。また、ローンにはそれぞれ対象としている人が違いますから、自分の目的にあったローンを選ぶことが肝心です。そうすることで、審査を通りやすくなるだけでなく、金利も少なくなってきます。銀行のローンには住宅ローンや自動車ローン、使徒自由のローンなど色々なものがありますが、基本的に使途にあったものを選びましょう。こういったローンを契約する際には審査には時間が1週間以上かかるだけでなく、求められる書類も多岐にわたることは覚悟しておきましょう。

カードローンがおすすめできない理由

銀行のローンではカードローンが人気を集めていますが、カードローンは低金利でお金を借りたいと言う際には決してオススメできません。カードローンは確かに審査も通りやすく、申し込んでその日の内にカードが発行されるなんてこともあります。とはいえ、カードローンはその分、利率も高くなっており、利率が10%を超えることは決して珍しくないのです。カードローンは基本的にその場しのぎのため、一時的に使用するのが正しい使用法で、長期的にお金を借りたい場合や、高額のお金を借りたい場合、低金利でお金を借りたい場合には避けることが肝心でしょう。加えて、カードローンはコンビニ等でも簡単にカードで借りれてしまうので、お金を借りることに慣れていない人は借りすぎてしまうこともおすすめできない理由なのです。

国から低金利でお金を借りる方法とは

お金を銀行ではなく国から借りることも可能です。例えば国のローンとして最も有名なのが教育ローンでしょう。教育ローンは国が運営している金融公庫からお金を借りるもので、金利が実に少ないだけでなく、返済期間も長く出来ることが利点です。金利は教育ローンの場合には年に3%未満を維持しており、銀行の教育ローンよりも低くなっています。加えて、返済期間は最長で15年まで延長できるので、大変余裕を持って返済できることが魅力でしょう。教育ローンは申し込む窓口も多いために、教育用途でお金を借りるのであれば真っ先に利用しておきたいものです。また、教育ローンにはお得な特典や裏ワザもあります。それも合わせて紹介していきましょう。

教育ローンの裏ワザとは?

教育ローンは基本的に学費用途で貸し出されますが、その用途は意外と自由なのです。例えば教育ローンでは「住宅ローンや車のローンもあって、学費を払うことが困難」といった場合には問題なく融資の対象になります。そのため、教育ローンで借りたお金を学費だけでなく、他の用途にも回すといったことも可能になるのです。加えて、教育ローンでは母子家庭などの場合にはよりお得にお金を借りることが出来る制度も存在します。また、子供が多ければそれだけ融資限度額も増えるといったことも押さえておきたいポイントでしょう。

お金を借りる際には計画的に

このように低金利でお金を借りる方法は実に色々なものがありますが、お金を借りるのですから甘く見てはいけません。いずれにしてもしっかりと計画を立ててからお金を借りるようにしたいものですね。

無職でも大丈夫!お金を借りる方法まとめ

無職の人が一番困ることが多い問題が金銭的な問題です。仕事がある人と違って定期的な収入がない無職の人にとってはこれが一番切実な問題です。しかし、そのような事実に反して実際には無職の人はお金を返済できない可能性が高いとしてどこの金融機関でもお金を貸したがりません。しかし、大丈夫です。無職の人でもお金を借りる方法はあります。今回の記事では無職の人でもお金を借りるための方法についてまとめました。

仕事がある人がお金を借りる場合

定期的な収入がある仕事についている場合、一気に融資の幅は広がることになります。これは雇用形態を問いません。確かに正社員で安定した企業に勤めているという方が理想的ではありますが、契約社員やアルバイトといった形であっても融資を受けられる可能性は無職の場合よりは広がってきます。このような定期的な収入がある仕事を持っている人の場合であれば、お金が必要になったその日に融資を受けることも可能です。これがいわゆる即日融資というものになります。下記では無職の人でもお金を借りることができる方法を述べていきますが、無職の人がお金を借りるというのは非常に困難を伴うのは事実です。したがって、できればアルバイトやパートのような形でもいいので定期的な収入が見込まれる仕事についてみることもおすすめします。

無職の人がお金を借りる場合

さて、ここからの話は無職の人がアルバイトやパートといった形の仕事にもつかず、無職のままでお金を借りる場合です。無職の人がお金を借りる場合に必要なお金をその日のうちに借り入れるという即日融資に関しては難しいと言わざるを得ません。無職の人がお金を借りる場合、キーポイントとなるのは2点です。それが「親などの家族の収入」、「対面式で申し込みを行うこと」になります。
親などの収入が安定している場合、親の収入を担保として融資の審査が下りる場合もあります。また、もう一つ対面式で融資の申し込みを行うということもポイントです。無職であれば、まず貸す相手の人柄が分からないネットを介した申し込みでは審査が通りません。実際に担当者にあって、自分の人柄やお金を借りる事情、返済可能であるという事実をしっかりとアピールするようにしましょう。

無職の人がお金を借りるための方法は?

無職の人がお金を借りるための方法としては3つの選択肢があります。それが「専業主婦の配偶者貸付制度の利用」、「総合支援資金の利用」、「闇金を利用すること」の3つになります。無職である人に配偶者がいる場合、「専業主婦の配偶者貸付制度」というものを利用できることになります。これは配偶者の収入を担保としてお金を借り入れることができるという制度になります。また、低所得者世帯のために国が準備している公的な融資制度である「生活福祉資金」の中の「総合支援資金」というものも無職でも利用できる制度となっています。そして、最後が闇金になります。ただ、闇金からの借り入れは非常にリスクが高くなります。闇金にお金を借りるのはおすすめできません。

無職の人がお金を借りるのにおすすめの方法は?

上記で述べてきた方法のうち、無職の人がお金を借りる場合に現実的な選択肢となってくるのは「専業主婦の配偶者貸付制度の利用」、「総合支援資金の利用」の二つです。特に専業主婦であれば前者の制度をおすすめします。なぜなら、「専業主婦の配偶者貸付制度」であれば、即日融資を受けることが可能になるためです。ただ、その場合の注意点としては上限額の問題があります。この「専業主婦の配偶者貸付制度」には上限額があり、その上限額は配偶者の年収の1/3までの金額になります。この場合、配偶者の借り入れとの合計額が上限になるので、配偶者の収入が300万円で配偶者が50万借り入れているという場合、本来であれば100万円の借り入れ枠がありますが、実際には50万までしか借りることができません。
一方、借入したい無職の人が専業主婦ではない場合には「総合支援資金」しか選択肢はありません。

無職の人がお金を借りる場合の注意点は?

無職の人がお金を借りようとする場合、無職の人の弱い立場に付け込んで、業者があたかも助け舟のような形でうまい話を装って、後々問題になるような提案をしてくることがあります。その代表例が「クレジットカードの現金化」です。このクレジットカードの現金化というのは、例えば「15万円借りたい時、クレジットカードを持っている人に貸金業者が20万円のテレビをクレジットカードの枠内で購入してくれれば、18万円貸しますよ」といった形で提案してきます。一見、特をしているようですが、この場合一月後には20万円の返済がクレジットカードからくることになります。現在無職でお金が必要なあなたが18万円の借りたお金をさらに2万円増やして返済することはできるでしょうか。そのあたりのことをしっかりと考えていけば、おのずとクレジットカードの現金化という方法を選ぶことのデメリットが分かってくるはずです。

無職でお金を借りることについてのまとめ

上記では無職の人でもお金を借りることができる方法を見てきました。しかし、逆説的にはなりますが、簡単な仕事でもいいので収入があるアルバイトやパートといった仕事についた方が融資を受けられる可能性は一気に高くなります。職に就くことも一度検討してみましょう。

比較で見えてきた!各社おまとめローンの特徴

さまざまな金融系企業がおまとめローンといった形の商品を提供しています。しかし、このような商品の違いやどの会社のローンが自分に合っているかはなかなか分かりません。どの会社のおまとめローンが自分に適しているかは1つの会社だけ見ていても分かりません。いくつかの会社のおまとめローンを比較して初めて違いが見えてきます。今回は各社のおまとめローンを比較してみました。

おまとめローンはどうやって選ぶの?

まずは気になるおまとめローンの選び方についてです。基本的には各社のおまとめローンの情報を並べて比較して、その中で自分に一番合った会社のおまとめローンを選んでいくことになります。その際、おまとめローンを比較するポイントとしては4つのものがあります。それが年利率、借入限度額、契約期間、返済方法になります。これら4つのポイントについて並べて比較しながらみていくことにより、それぞれのおまとめローンについての特徴を明らかにしていきます。

おまとめローンについて年利率で比較

まずはおまとめローンの年利率についてです。もちろん年利率については低いにこしたことはありません。一般的に銀行系のおまとめローンの方が消費者金融系のおまとめローンよりは金利が低く設定されています。例えば銀行系のカードローンであれば、三菱東京UFJ銀行が4.6パーセントからといった形になっているのに対して、アイフルなどの消費者金融系のおまとめローンであれば、12.0パーセントからとその年利率も非常に高く設定されています。また、住友SBIネット銀行などであれば、年利率は2.49パーセントからとなっており、さらに上限についてはほとんどの金融会社が14パーセント以上としているのに対して、7.99パーセントまでとなっており、非常に低い年利率で借入れを行うことが可能になっています。このような年利率の金額は自分自身の借金の金額によって変化するので、どこが一番お得かを断言することはできません。ただ、比較してみると傾向としては銀行系のおまとめローンの方が金利が低くてすむ可能性が高くなります。

おまとめローンについて借入限度額で比較

次におまとめローンを比較する時に見ていくのは借入れ限度額になります。この借入限度額というのは文字通りいくらまで貸してもらえるかということです。ここで一つ注意したいのは消費者金融系のカードローンの場合には総量規制という規制が存在します。この総量規制というのはその人の年収の1/3までしか、借入れすることができないというものです。したがって、消費者金融系のおまとめローンに関しては借入限度額が高くても、借入れを行う人の年収が低ければ実際に上限まで借り入れることはできません。また、おまとめローンを利用しようという人で借入限度額まで借り入れることができるほど年収が高いという人はほとんどいません。それを考えると大きな金額を借りたいという場合には銀行系のおまとめローンを利用するのが良いでしょう。借入限度額を比較していくと東京スター銀行やみずほ銀行のおまとめローンなどでは1,000万円が借入限度額になっています。
まとめる金額が大きい場合はこのような銀行のおまとめローンを検討しましょう。

おまとめローンについて契約期間で比較

また、おまとめローンの契約期間についても比較して検討しておくべきポイントになります。この契約期間というのはローンの支払回数として最長で何回まで指定できるかというものになります。借金の総額が大きくて、収入も少ない場合は返済まで長くかかったとしても家計を圧迫しないように毎月の返済額を小さく抑えるように支払回数を長く設定した方がよいでしょう。一般的には120回払い、つまり10年間をを上限としている会社が多いです。しかし、アコムであれば最長162回、つまり13年と半年を上限としていたり、逆にオリックスローンのように96回払い、8年を上限としている会社もあります。月々の返済の負担を軽くしたいのであれば、契約期間の長いおまとめローンを選択するようにしましょう。

おまとめローンについて返済方法で比較

次に返済方法についてです。返済方法については元利均等返済、元金同額返済、残高スライドリボルビング返済といった返済方法があります。元利均等返済の特徴は毎月の支払が一定になるということです。一方、元金同額返済お場合には元金は毎月一定で、そこに加えて利息を初期の方には多く払っていくという形式をとるので、返済までの期間は短くなりますが、毎回の返済額は大きくなるという特徴があります。最後に残高スライドリボルビング払いです。通常リボルビング払いでは支払いは初期段階では元金ではなく利息の支払いに充てられることになります。したがって、最初は全く元金が減らないということになります。しかし、借り入れる金額が高額になると利息の支払いだけでも一苦労になります。そうなると、元金もなかなか減らないために「元金+利息」の形で払うリボルビング払いの形式が考案されました。それが残高スライドリボルビング払いになります。
毎月の支払額の負担が重いのは一般に元金均等返済→元利均等返済→残高スライドリボルビング払いになります。ただし、返済までの期間は全く逆の方向になります。したがって、返済までは長くかかっても月々の返済額を小さくしたいといった場合は残高スライドリボルビング払いを選択します。

おまとめローンは4つのポイントで比較!

上記ではおまとめローンを4つのポイントで比較してきました。基本的にはおまとめローンの考え方は多少負担が重くても早く借金を返すか、負担を軽くしてその代り長期間にわたって借金を返していくかの2択になります。そのような考え方に沿って4つのポイントからおまとめローンを選んでいくようにしましょう。

【ほったらかしでホントに大丈夫?】投資が怖い人の財産をつくるための投資信託7つの基本

投信信託ってなに?

そもそも投資信託という言葉になじみがないひともいるかと思います。
まずは投資信託が何なのかを知っていきましょう。

投資信託とは「信じて」、「託すこと」です。
何を信じるのかというと、「投資家」です。
何を託すのかというと、「自分の資産、つまりお金」です。

では、投資家は何をしてくれるのでしょう?

それはあなたのお金をあなたに変わって運用してくれます。
そして、その配当を手数料を抜いてあなたに渡してくれるのです。
もちろん運用する人はプロです。
プロがお金を運用してくれるのが、投資信託なのです。

どの投信信託を選ぶのか?

ここまでかくとよくあるのが、そのまま証券会社にいって、
「どの投資信託がいいですか?」「おすすめの投資信託はなんですか?」
と聞いてしまうことです。

これは、絶対やってはいけないことです。

なぜ、やってはいけないのか。

読者の皆さんは、こう思うかもしれません。

「プロに聞いたほうが良いに決まってるじゃない!」
「おすすめはききたい!」

しかし、それは絶対にやってはいけません。

証券会社の利益の仕組み

投資信託を売っている証券会社はどこで利益をえているのでしょう?
彼らは投資信託を売買するときの手数料でもうけているのです。
もっといえば、彼らはより多く売買してもらったほうがいいのです。
彼らのオススメは、その時に彼らにとって一番利益のでるものなのです。
しかし私たちは、自分に取って一番利益が出るものがなんなのか?を教えてほしいのです。
この点で、両者の利益がマッチしていません。
なので、絶対におすすめをきいてはいけないのです。

どれをかったら良いの?

ここで読者の皆さんは振り出しに戻ったとおもうかもしれません。
結局何を選べば良いのかわからないからです。
日本には今投資信託は数千種類あるといわれています。
確かにこの中からなんの指標もなく選ぶのは困難であるといわざるをえません。

投資信託の選び方

投資信託の特性は先ず間違いなく【長期投資】です。
1日にいくら上がったとか、下がったとかそういう一喜一憂するものではないのです。
なので、手っ取り早く儲けたい!とか、デイトレーダーの人には向いていない商品になります。

1.長期投資であることを認識する

投資信託は上に書いたように長期投資です。
なので、長期で持つということを意識して下さい。

2.毎月配当が貰えるものは避ける。

長期投資ですので、毎月配当が出るものはよくありません。
もちろん毎月貰えると人は成果を実感して飛びつきやすいのですが、
資産を形成するのであれば、それが元本に回る再投資型を選びましょう。

3.資産の流入が増えているものを買う

資産の流入が減っているものは要注意です。
資産が減っていると流動性の高い資産から売られてその補填に回されるからです。
そして最後には売りにくい資産だけが投資家の元に残り、デフォルトの危険性があるからです。

4.世界に投資しているものにする

1カ国や1地域だけのものでは、その後どうなるかはわかりません。
世界全てに投資しているものを買えば世界の人口は伸びているので、全体のGDPは伸びていきます。
伸びていくともちろんその投資信託も一緒にのびていきます。

5.ネット証券で購入する

これはお気付きの通り手数料がリアルと違って安いからです。

6.年間の維持手数料が安いものを選ぶ

これはよく勘違いされがちですが、維持手数料が高くてもいいとは限りません。
手数料が高ければ専属でやっているファンドマネージャーが手をぬくのかというとそんなことはありません。
一般的に債権よりも株式で構成されている投資信託の方が高く設定されています。

7.毎月特定の日に引き落とされるようにしておく

よく言われるのが、
下がった時に買ったほうがいいじゃないか!
安い時に買いたい!
ということです。

では、あなたにとって安い時とはいつでしょうか?
昨日より安くなってたら安い日でしょうか?
一年の中で一番安い日が安い日なのでしょうか?
もしコレが分かれば、投資信託で投資しなくてもいいでしょう。
人に任せず自分自身で投資を行える力があるということです。

投資信託の魅力はほったらかしでいいということです。
特定の日に買うように(口座から引き落としがベスト)しておけば、
高いか安いかを迷うこともなくなるでしょう。

ほったらかしで大丈夫な投資信託。是非この機会に是非投資信託を買ってみてはいかがでしょうか。

当サイトは、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

【株式投資はこの3つの指標でオールOK!】よく聞くけど、PERとPBRとROEって何?

株式投資は難しいもの。そう考えているかたは多くいるとおもいます。
だけど投資家だって全ての指標をみているわけではありません。
大きくわけてこの3つの指標をまずは理解しましょう。

PER

いきなり、難しくなったなとかじる方もいるかもしれませんが、
そんなことは決してありません。

PER = 時価総額÷純利益です。

(1株あたりで考えたときに、株価が1株当たりの純利益の何倍まで買われているかを示す指標です)例えばPERが“20倍”であれば、純利益の20倍まで買われていることになり、投資した資金の回収までに“20年”かかるということになります。

多くのネット証券口座ではこのPERは未来の数字を織り込んでおり、その株価も既に折り込み済みということも多くありますので、気をつけましょう。

PBR

PBR(株価純資産倍率)= 株価÷1株あたり株主資本です。

PBRとは株価純資産倍率とよばれ、1株当たりの純資産に対し、株価が何倍まで買われているかを表したものになります。
PBRが1ということは、株価と1株当たりの純資産が等しいということです。すなわちよく言われているPBRが1を切ると割安株だといわれるのは、1株当たりの純資産が株価に対して大きいからということなんですね。

ROE

ROE(株主資本利益率)= 1株あたりの利益÷1株あたりの株主資本です。

ROEは簡単に言うとどれくらい株主資本にたいして利益を上げれるかということを表しており、
例えば、ROE=20%の場合、単純に計算すると投資資本を回収するのに5年でいけるという計算になります。

最近どこの会社もこぞってROEをあげる!といっているのには、ROEが高いと収益性の高い会社とみられ、株価があがるといったことからよく言われています。

まとめ

簡単といったのに、なんか難しいじゃないか。株主資本とかそもそもわかんないよ、、、
といった方もおられるかと思います。

ただし、一番覚えて欲しいのは、

PBR=ROE×PER

になっているということです。

「だからなに?」

という方には、これだけ覚えて貰えればと思います。

PBRは1以下が良い。
ROEは高ければ高いほうが良い。
PERは一般的に10〜20倍以下が良い。

これら全てを満たす株があれば、それは買いだと思って、ほぼほぼ間違いありません。
もしアナタがこれから株式投資をしようと思い、それも長期で長い目でみてやろうと思っているなら、
この3つを満たす株をかっておけば間違いないかと思います。

当サイトは、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

おすすめの無料家計簿アプリランキング6選!

家計簿アプリは色々あります!そんな中でもオススメ無料アプリのレビューを紹介いたします。

無料家計簿アプリ『マネーフォワード』その1

カードで支払った場合、すぐにいつどこでそのカードを使ったのか自動的にアプリに連携されて記録することができます。もちろん無料です。有料会員になれば、いまの年収から未来の予想とされる年収、貯蓄を教えてくれて、今後の人生設計に役立てることができます。
銀行口座とも連携しながらも、財布の中のお金を別として登録されているので、支出が財布から出て行ったお金なのか、口座から出ていったお金なのかを、簡単に整理しながら記録していくことができます。
財布の中身と口座の中身、合わせた貯蓄高を随時確認することができます。
日々の家計簿を記録する際は、金額を記入しなくとも、レシートをの写真を撮るだけで自動的に記録することもできます。
また、月の光熱費の予算高、食品、日用品、交通費の予算高を予め設定する(設定しない場合は、今までの平均値が登録されます。)することで、今月、どの部門で足がでてしまったのか、あるいは、だいぶ余裕のある生活をできたのか、日々の暮らしのお金の使い方を簡単に見直すことができます。

無料家計簿アプリ『マネーフォワード』その2

無料で使える家計簿アプリはたくさんありますが、その中でも「マネーフォワード」はおすすめ!銀行、クレジットカード、FX、ポイントをすべてこのアプリにまとめることができます。今まで紙の家計簿に何度もトライしてはすぐ飽きて続かなかった方にこそおすすめしたいアプリです。
ではどの点が他の家計簿アプリと違うのでしょうか?

1.複数の金融口座をまとめて管理できる

現在、マネーフォワードは大手銀行だけでなく信用金庫や証券会社とも連携ができますので、大体の金融口座であれば連携が可能です。複数の金融口座の残高をまとめて表示したり、カテゴリーに分類することもできるため家族間での共有にも使えます。

2.交通系ICカードとも連携できる

これは非常に便利です。NFC非対応の携帯だとICカードの残高はすぐにはわからないですが、マネーフォワードに登録しておけば残高や利用履歴もしっかり記録してくれます。これまでめんどくさかった交通費の記録も自動でしてくれるので、家計の管理もより簡単に正確に行えますね。

3.予算の設定ができる

ここが他の家計簿アプリとの大きな違いではないでしょうか。あらかじめ自分が設定した予算と、実際の支出を簡単に比較することができます。また、同じような予算を設定している他のユーザーのおおまかな支出も参考にできます。(公開非公開は設定可)
このように、マネーフォワードでは様々な金銭管理を行うことができ、そしてそれがすべて無料で行えます。このアプリがあれば、もう家計簿が続かないなんて悩みもきっとなくなるでしょうし、無駄な支出もおさえられるでしょう。

無料家計簿アプリ『らくな家計簿』

無料家計簿アプリ「らくな家計簿」は、その名の通り楽々と家計簿が出来上がるすぐれものです。基本操作は至ってシンプル。追加ボタンを押して、支払い方法と使い道を選択、金額を入力して、保存するだけです。支払い方法や使い道は、最初から用意されている選択肢から選ぶだけなので、30秒で記録が完了します。 続きを読む