安い給料がイヤ?なら収入増かダウンサイジングだ!

給料が安いなら副業で収入を増やせば万事解決

単純に安い給料が不満であるならば、更なる収入増加を行えば解決です。
収入を増やす手段はたくさんあります。
本業を頑張り出世するというオーソドックスな方法はもちろんですが

・週末限定でコンビニや居酒屋等でアルバイトをする
・休日や仕事帰り後に自宅で副業を行う
・単発の日雇いの派遣の仕事を請け負う
・お小遣いサイトに登録して収入を増加させる
と、様々な方法もあります。

昨今では長期間のデフレから給料が安い事は、社会全体でも共通の認識となっており、正社員でも副業をする事を禁止せず、逆に奨励する会社も増加傾向にあります。
収入が少ないのであれば、スキマ時間を利用して収入を増やしてしまいましょう。

ただし公務員はもちろんですが、大多数の企業では明確に副業を禁止しているところも珍しくありません。
副業をやった結果、うっかり仕事をクビになるような事態にならない為にも
就業規則はチェックしておきましょう。

副業で将来独立や見知らぬ才能が開花する事も

副業の魅力は収入の増加だけに留まりません。
本業で培った知恵や経験を活かす仕事を行えば、本業にもフィードバックは可能ですし、コンサルタントや講師として仕事を行えば、会社を越えた人脈開拓にもつながります。
結果として将来に独立した時には大きな宝となるのです。

全くやった事の無い分野の仕事に手を出してみる事も良い経験になります。
普段デスクワークの人間が、休日に単発日雇い派遣で運動不足解消も兼ねて体を動かしたり、逆に普段肉体労働の方が、休日に自分の興味のある分野でWEBライティングの仕事をする事もあります。
その結果、今までやった事の無い仕事を通して、知識や仕事の経験から、自分の新たな得意なジャンルが見つかる事もあります。

収入だけでなく、自分の新たな可能性の開拓にも副業は適していると言えます。

給料が安い?なら生活の質を落としてみよう

「副業の魅力は分かったが、勤務先が副業を明確に禁止しているので無理」
「休日に仕事するなんてイヤ!休みは寝ていたい」
という人には、生活の質を落としていくダウンサイジングがお勧めです。

生活の質を落とすと言っても、安くて体に悪い物ばかり食べるとかそう言った類ではなく、生活における無駄な箇所をドンドンカットしていく事です。
生活の質の無駄な部分をシェイプアップしていくと言い換えても良いかもしれません。

・携帯電話料金の見直し
・煙草やお酒等の嗜好品の数を減らす
・お金のかかる趣味を止めて、お金のかからない趣味に切り替える

等、様々な方法が挙げられます。
仮に月2,000円カット出来れば年間トータルで24,000円上昇になります。

特に携帯電話料金は、格安SIM等の影響で通信事業者を切り替えると、非常にお得になる事もあるので携帯電話料金の見直しはダウンサイジングでは必須と言えます。

ダウンサイジングと断捨離を合わせて行うとより効果的

ダウンサイジングと合わせて行うと効果的なのが
身の回りの不要な物を徹底的に処分する断捨離です。

人間は物を持てば、例えそれが無駄だと分かっていても維持したくなります。
維持するのであれば当然維持費や手入れの時間などコストはかかります。
逆に言えば、物を持たなければ維持費はかからないし手入れする必要もありません。
物を置く場所も確保しなくてよいので住居のスペースも広くなると良い事尽くめ。

生活のダウンサイジングと並行して、不要な物はドンドン捨ててしまいましょう。
「また使う機会があるかもしれないから取っておこうかな…」
と思っている物こそ、実は使う機会が訪れない可能性が高く、再度手に入れるのが容易なら、猶更持っている必要はありません。

副業とダウンサイジングの両立で相乗効果を狙え!

給料が安いのであれば、収入の増加を狙うか支出を抑えるかが根本的な解決策になります。
もちろん自らの環境が許すのであれば、副業と生活のダウンサイジングの両方を行うことで、収入の増加と支出の抑制の、両方の相乗効果を狙っても問題ありません。
むしろ積極的に両立を狙っていくべきです。

経済状況はいまだ予断を許さない状況です。
万が一仕事が無くなった時などの事態が起きた時の為にも、早い内から新しい仕事でスキルアップや生活の見直しをすることをお勧めします。

給料が安い一点だけど悲観的に捉えて嘆いて終わりにするのではなく
「給料が安くて生活が厳しい。今の状況を打破するにはどうしたら良いか?」
と、日々自らの頭で論理的に考える意識を持つ必要があります。

まずは口より頭と手を動かすべき

「働けど働けど生活は楽にならずぢっと手をみる」と歌人・石川啄木は歌集に残しています。
しかし現代では働けど給料安く、故に頭捻り手を動かす必要があります。
副業もダウンサイジングも動かなくては始まりません。
まずはやってみる。その心が大事です。

【賠償もできる】子供保険は入っておくべき?気になる子供保険のポイント

子供保険とは?

 まず子供保険の概要を見て行きましょう。子供保険は大人向けの保険よりも格安で加入できるのが特徴で、保険料も年にして数万円というところが多くなっています。とはいえ、保証内容は充実している物が多く、死亡保障や、後遺障害保証だけでなく、入院保険や通院保険としても利用できます。子供保険に入る人は増えてきており、今や子供保険は子供を持っている親ならば入っておきたい保険の一つとなってきているのです。

子供保険の個人賠償責任保険

子供保険には個人賠償責任保険がついていることがあります。実際の所、個人賠償責任保険がついているから子供保険に入るという人も少なく無いでしょう。そもそもこの個人賠償責任保険とはどういったものなのでしょうか。この個人賠償責任保険があれば、子供が「誤ってお店の商品を壊した」「友達に怪我をさせた」「自転車で人にぶつかって怪我させた」といった際の賠償に対応できます。

このような場合の賠償額は1000万円を超える事例もありますから、個人賠償責任保険がある子供保険に入っておくことが大事なのです。また、個人賠償責任保険がある子供保険に入っておけば、もしもの際に弁護士を格安で利用できたり、色々な法的サービスを利用できるといったこともあります。このように子供保険の個人賠償責任保険は大変お得な存在ですから、個人賠償責任保険を利用する目的のためだけでも、子供保険は入っておくべきなのです。

個人賠償責任保険が利用できるケース

個人賠償責任保険は色々な場合に利用できます。例えば、散歩させていた犬が歩行者に噛み付いたといった場合の保証もしてもらえます。他にも、スポーツ中の各種トラブルも個人賠償責任保険で賠償してもらえますから、実質上、子供が遭遇する事故やトラブルのほとんどが個人賠償責任保険でまかなえるといっても過言ではありません。

子供保険には各種の特約がある

子供保険の特約は個人賠償責任保険だけではありません。例えば、携行品特約がその一つです。携行品特約とは旅行中に身の回り品が盗まれた、なくしたといった際に、一定額の範囲で保証してもらえるものです。この携行品特約はよく旅行するといった場合にはつけておきたいものでしょう。他にも学資特約もあります。これは親が死亡または障害をおった際に保証金が支払われるという特約です。

このような学費費用特約はメリットの大きいものですから、是非とも利用していってもらいたいものでしょう。他にも熱中症危険保証特約がついていることもあります。これは子供が熱中症などになった際に死亡保険金や後遺障害金などを支払うものであり、熱中症の危険性がある野球などのスポーツをしている子供がいる際には是非とも利用しておきたい特約になっています。このように利用できる特約は多いですから、子供保険加入時には是非とも検討しておきたいものでしょう。

まずはクレジットカードをチェック

とはいえ、持っているクレジットカードによっては既に個人賠償責任保険が利用できることもあります。そのため、まずはクレジットカードに個人賠償責任保険がついているかどうか見てみると良いでしょう。とはいえ、クレジットカードの個人賠償責任保険よりも子供保険の個人賠償責任保険の方がはるかに充実していることが多いというのは実際です。個人賠償責任保険がない子供保険に加入している場合でも、個人賠償責任保険がついているクレジットカードを組み合わせて使ってみるというのもおすすめです。

子供保険の代替プラン

 保険によっては子供保険代わりとして使えるものがあります。例えば、JCBの自動車保険であれば、本人だけでなく、子供やその家族も対象となります。そのため、子供保険の代わりとして使用することができるのです。他にも、三井住友VISAカードのポケット保険自由設計コースも、本人だけでなく子供も対象になる保険です。このように子供保険代わりとなるような保険は多いですが、やはり子供だけに対象を絞った子供保険よりも、子供に対しての保証は少なくなるのは当然です。何よりも子供保険にあるような個人賠償責任保険がないのは難点でしょう。

まとめ

子供保険にはこのように各種の特約などがありますが、特に個人賠償責任保険の重要性は理解してもらえたのではないでしょうか。何よりもこうした個人賠償責任保険は思わぬ事故などの際に役立ちます。どんな保険にしてもそうですが、事故が起きてから「入っておけばよかった」とならないようにするためにも、しっかりと加入しておくようにしておきましょう。

車ローンシュミレーションで無理なく返済金額を安くする計画をたてよう

車ローンの仕組み

車は高い買い物です。一括で支払うだけの貯金が出来ていれば何も問題はありませんが、貯金をする前に車が必要となる場合や、どうしても車を買い換えたい場合など、一括で買うだけの資金がなくても車ローンを使うことで、金融機関からお金を借りて車を購入する方も多いかと思います。

このとき、車ローンを返済する際には、借りたお金だけでなく金利がかかっています。
金利とは、借りたお金に対して金融機関へ借りた額にプラスした金額を返済していく仕組みのことで、この金利によって金融機関は利益をあげています。
金利はそれぞれの金融機関によって利率が変わり、金利が低い金融機関でお金を借りることで返済する金額も少なくすることが出来ます。
また、金利は元金に対して計算されるため、元金が少なければ少ないほど返済する金額も減らすことができるといえます。

車ローンシュミレーションの見方

車ローンのシュミレーションを行なうには、インターネット上で多くのサービスが提供されていますので、そのサイトを使うことで、月々の返済金額や総支払額の計算は簡単に行なうことができるでしょう。
しかし、シュミレーションサイトにのっている言葉には難しいものが多くありますよね?

ローンのシュミレーションが理解しやすいように以下の言葉の意味を理解ておくとよいでしょう。

「借り入れ金額」・・・実際に借りる金額
「返済期間」・・・借りた金額を返すまでに考えている期間
「ボーナス返済額」・・・ボーナス期(6月、12月)に上乗せできる返済額
「金利」・・・借りた額に対して銀行に払う金額の割りあい
「元利均等返済」・・・返済額が毎月同じ金額の返済方法
「元金均等返済」・・・借りた額(元金)の返済を毎月同じにする返済方法

このうち、「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いはわかりにくいかと思いますので、その違いについて解説します。

「元利均等返済」と「元金均等返済」の違い

車ローンシュミレーションサイトの中で特にわかりづらいのが「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いです。
文字では「元金」と「元利」の違いだけですが、この返済方法を間違えると毎月の返済金額が大きく変わることとなり、生活費にも大きく影響を与えますので注意をしなければなりません。

一般的には「元利均等返済」が一般的であるため、迷った場合には「元利均等返済」を選ぶとよいでしょう。

では、「元利均等返済」と「元金均等返済」ではなにが違うのか?

車ローンで借りた金額を金融機関に返済するには、毎月「元金」と「金利」の両方を支払っています。

元金とは借りたお金そのものを返済している額で、金利とは借りたお金にかかっている利息を金融機関に支払っている金額です。

この元金と金利の割りあいの違いが「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いになります。

では、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

「元利均等返済」と「元金均等返済」のメリットとデメリット

「元利均等返済」とは、元金と金利の両方を合わせた額が毎月同じ金額となり、毎月同じ額を返済していく方式で、毎月の返済額が分かりやすいため、一般的にこの方式を利用している方が多いです。最初のうちは金融機関の儲けとなる利息の返済額の割合が多く、金融機関から借りている元金はあまり減らずに、金利の支払いが大きくなるというデメリットがありますが、毎月の返済金額が分かりやすいというメリットがあります。

「元金均等返済」では、元金のみを均等とし、それにプラスして金利を支払う方式であり、毎月支払う金額が金利の上乗せ分だけ大きく変動が発生することとなります。そのため、返済額が少ない最初の時期は返済金額が大きくなるため、計画的に利用しなければ家計を圧迫するデメリットもありますが、元金の返済は早くなり、後々の返済金額も減るため、トータルで見ると安く返済できるメリットがあります。

車ローンをお得にする方法が実践できるかシュミレーションしよう

車ローンお得にするには4つの方法がありますので、しっかりのシュミレーションをして無理なくお得に返済計画をたてましょう。

車ローンをお得にする考え方は非常に簡単で、金融機関に支払う金利を減らすことでトータルのローン支払い額を抑えることができます。

金利を抑えるために次の4つの方法があります。

1.金利の安い金融機関を利用する
車ローンを組む際に、ディーラーのオススメする金融機関をそのまま利用していませんか?ディーラーがオススメするのは審査が通りやすい車ローンが多く、基本的に金利の高い車ローンを紹介されます。少し手間がかかりますが、銀行などの金利が低い車ローンを使うことをオススメします。

2.元金均等返済を行なう
利息を減らすための手段は元金を減らすことです。元金を減らしやすい元金均等返済であれば、最終的な車ローン支払い金額は抑えることが可能です。

3.返済期間を短くする
返済期間が長ければ長いほど、払っている利息は大きくなります。家計に無理のない範囲でなるべく短い返済期間にすることがトータルでの返済金額を抑えることとなります。

4.ボーナス払いでなるべく多く返済する
ボーナス返済分には利息がかかっておらず、元金をまるまる返済することが出来るのでボーナス払いはなるべく多く設定しておいたほうが返済金額はおさえられるでしょう。ただし、ボーナス自体が不確定な収入であるため、ボーナスが減らされたときなどに苦しくならないように無理のない範囲で返済計画をたてるとよいでしょう。

車ローンシュミレーションで無理のない返済計画をたてよう

車ローンをお得に使うにはなるべく金利をおさえることが重要です。そのためには、金利の利率が安いところで車ローンを契約し、早くたくさんの返済を行なうことが重要となります。
ただし、返済金額に無理があると支払い延滞などでh大変な事態となる恐れもあるため、車ローンシュミレーションサイトを利用して、家計に無理のない範囲での返済ができるようにしっかりとした計画をたてましょう。

ムダを省く自動車ローンのシミュレーション!

本当にディーラーのローンで良いの?

自動車というのは高額な商品です。そのため、ふつうはローンを組んで購入することになるでしょう。そのさいディーラーが自社のローンを勧めてくるはずですが、すぐに飛びつくのは考えものです。一般的にディーラーローンは金利が高く、他のローンよりも返済額が「数十万円」高くなってしまうというケースもあるからです。

車を購入する前に、あらかじめ返済についてのシミュレーションをしておくと、よけいな出費をおさえることができるでしょう。そのために、ディーラーローンのメリットやデメリット、金利の方式による違いなどを知っておく必要があります。

ディーラーローンのメリットとデメリット

ディーラーローンには、まず審査が通りやすいという利点が挙げられます。また手続きも比較的楽で、あまり面倒ではないというメリットもあります。ディーラーが取り扱っているローンであるだけに、なにかと融通が利きます。

しかしデメリットとして、金利が高いということがあります。ディーラーが自社系列のローンを勧めてくるのは、ディーラーに利益があるからです。ディーラーの収入確保のために、他より高めの利息を払わされてしまうようになります。

また、ディーラーローンの場合、返済が終わるまで車の所有権が自分になく、ディーラー側にあるという点にも注意が必要です。ふつうに乗る分には問題ありませんが、誰からに譲りたくなった場合などは、かなり面倒な手続きをしなければいけません。ローンの途中に車を乗り換えるのも大変になるでしょう。

その点、銀行などの自動車ローンでは、ローンをはじめた当初から車の所有権が自分自身のものになりますので安心です。

車を購入する前に、シミュレーションを

費用面などから考えれば、ディーラーローンを使うのは最後の手段にしたいところです。まず銀行などの自動車ローンを組めないか調べてみましょう。銀行、信用金庫、JAなど選択肢は豊富にありますので、なるべく多くの情報を集めると良いでしょう。それらの審査にどうしても受からない時に、はじめてディーラーローンを選べば良いと思います。

大手の銀行だけではなく、地方の信用金庫などにも自動車ローンは用意されています。意外な低利率のローンが見つかるかもしれませんので、必ずチェックしておくべきです。ただし、その地域に在住していないと駄目、というように借り入れに条件があることが多いようです。

それぞれの金融機関で、「ネットで申し込むと割引」や「特定サービスの利用で割引」などさまざまなキャンペーンをやっていることがありますので、特に注意してみておきましょう。わからないことがあれば、その金融機関に直接電話で確認しておけば安心です。

ローンを組む前には、返済プランをしっかりと考えておきましょう。月々の収入の2割未満を支払い金額に設定しておくと無理なく返済ができるはずです。ただし、この支払にはローンだけではなく、駐車場代や保険料など、車の維持費もしっかり計算に入れておきましょう。

月々に支払う金額を決めたら、各金融機関の自動車ローンをリストアップしていきます。
カーセンサー.NETなどのシミュレーターを利用すると、どのような返済になるのかイメージしやすいかと思います。
http://www.carsensor.net/carlife/loan/ex_simulation/

固定金利と変動金利

ローンの金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。固定金利の場合は、最初に決めた利率が変わりませんので、計画通りに返済していくことができます。しかし一般的に、変動金利型よりも利率が高く設定してある傾向があります。

変動金利型の場合は、最初の利率は安めですが、環境の変化により利率が上昇してしまうリスクもあります。ローンの返済期間が長いほど、金利が変わってしまう危険性も高くなりますので、そのあたりに注意が必要です。

金利だけで考えると痛い目に

JAなどは金利が安めですが、金利とは別に保証料や手数料がかかってしまいます。この分も計算に入れておかなければいけません。一般的なカーローンの場合、保証料などは年利に含まれています。

金利が安いローンは、それだけ審査も厳しい傾向があります。いくら安いからといって、それを利用できるとは限りません。自分の収入や勤め先などを考え、どのあたりのローンなら組めるかを検討しましょう。

なお、金利が安い会社のローン審査を片っ端から受けるというのは厳禁です。ローン審査に落ちてしまった場合、記録が残ってしまいますので、その後の審査に不利になってしまいます。

また、ローンの中には、自動車の購入費だけではなく、車検の費用なども含められるものもあります。そのあたりのオプションも検討材料に加えておく方が良いでしょう。

損をしないために事前の準備を!

損をしないためには、自動車を購入してからローンのことを考えるのではなく、事前に準備をしておくことが大事です。できるだけ多くの自動車ローンをリストアップして、自分に最適なものを選んでみましょう。

車のローンシュミレーションをするメリットとは?

車のローンの負担は重いものです。特に最近では増税もあってローンの負担はなるべく下げておきたいといった人が増えています。だからこそ活用してみて欲しいのがローンシュミレーションです。ローンシュミレーションを活用すれば簡単に「どのくらいの返済額になるのか」といったことが予測できます。ローンシュミレーションは他にもメリットが多いですが、そんなローンシュミレーションを利用するメリットを紹介していきましょう。

 まずローンシュミレーションをすれば「将来の見通しが立てやすくなる」ことは大きなメリットです。ローン契約時に将来の見通しが立てられるようになれば、返済の不安もなくなっていきます。

 また、ローンシュミレーションをすれば色々な自動車ローンについても知ることができます。特にこれまで自動車ローンを契約したことがないといった人は是非とも自動車ローンのローンシュミレーションを体験してみましょう。そうすることで、色々な自動車ローンについて知ることが出来るだけでなく、自動車ローンに関する基本的な知識も押さえることができるようになってきます。

 加えて、ローンシュミレーションをすれば色々な特典について知ることができるのも利点です。自動車ローンの中には特定の車種であればお得に契約できるものなどがあります。こういったものは自分で調べるのは大変ですが、自動車ローンのローンシュミレーションをしてもらえば自然としることができます。こういったこともローンシュミレーションをしてみる大きなメリットになってきます。

 ローンシュミレーションは車選びをする上でも役立ちます。ローンシュミレーションをして実際にどれくらいの金額がかかるのかわかれば車購入の決心もつくでしょう。特に価格が高いクルマを購入する際にはこの点は大事です。このようにローンシュミレーションはメリットが多いことであることを知っておくことは大事です。

 ローンシュミレーションは既にローンを契約してしまっている人にも役に立ちます。むしろローン契約時に特にシュミレーションをしてもらわなかったといった人に、こうしたローンシュミレーションは活用してもらいたいものです。ローンシュミレーションを利用すれば既に契約しているローンの返済予想が立てられるようになりますし、ローンを見なおしする良い契機にもなります。特に契約期間が数年単位のローンを契約している際には、契約中により有利なローンが登場していることもしばしばです。こんな場合にはローンシュミレーションとともに、ローンの組み換えもおこなっておきましょう。

 こうしたローンシュミレーションはお店だけでなくネットでもすることができます。何よりネットのシュミレーションは気軽にできます。これがお店だと「シュミレーションをしてもらったから、ローンの見直しや契約をしなければいけない」といった義務感を感じてしまうこともしばしばです。また、お店でローンシュミレーションをしてもらう際には色々と厄介なポイントも有ります。

例えば、ローンのバイアスです。お店によっては贔屓にしているローン会社がある場合もあり、積極的にこうしたローン会社のローンを勧めてくることもあります。こういった厄介なこともネットでローンシュミレーションをすれば無縁です。

 お店でローンシュミレーションをする際には手ぶらで行くというというわけには行きません。ローンシュミレーションをしっかりしてもらうためにも、ローンの契約状況を知ることが必要になってきます。こうした情報は自動車ローンを契約した際に発行される契約書などに記載してありますから、忘れずに持って行きたいものでしょう。

 ローンシュミレーションができるような店舗は数多いですが、ローンシュミレーションは自動車販売店だけでできるのではありません。

 例えば、デパートなどで自動車ローンのローンシュミレーションができるようなブースが設置されていることがあります。こうしたブースんいいけば簡単にローンシュミレーションを行ってもらえます。もちろん、無料でしてもらえますから、金額が不安という人も問題無いでしょう。また、保険代理店でも自動車ローンのローンシュミレーションはしてもらえることがあります。

 こういった保険代理店では自動車ローンだけでなく、生命保険など他のローンも合わせて見直しをしてもらえるのが利点でしょう。実際の所、自動車ローンも他の保険商品のことも考慮して考えるのが大事なのです。だからこそ、自動車ローンのローンシュミレーションをしてもらう際には他の保険のことも相談しておくと良いでしょう。

 このようにローンシュミレーションについて紹介しましたが、ローンシュミレーションは思い立ったら直ぐにしてみるのがおすすめです。是非ともローンシュミレーションをしてより有意義にローンを契約できるようになると良いでしょう。

個人年金保険と個人年金保険料控除について

個人年金とはどのようなものか

まず、個人年金って一体何?と思われる方も多いと思いますので簡単に説明したいと思います。
公的年金には、サラリーマンなどが加入する「厚生年金」や、自営業者などが加入する「国民年金」があります。これらは公的なものですので、加入する義務があります。

公的年金から年金として受け取ることの出来る金額は、満額の場合でも、とても老後の生活資金として十分ではないのが実情です。

ここで利用価値の高いのが、「個人年金」ということになります。個人年金は、正式には「個人年金保険」といい、個人が任意に積立てる年金のことです。公的年金のみでは足りない部分を補填することが主な目的となっています。

個人年金の中には、大きく分けて確定年金、終身年金、変額年金の3種類があり、最も人気の高いのが「確定年金」です。この年金は、契約時に実際に受け取る年金の額が確定しているのでそのような名前が付いています。

個人年金保険料の控除

個人年金保険料の控除は、所得税法によって認められている制度で、1年間に支払った個人年金保険料の一部を、控除額として所得額から差し引くことができます。

このことにより、所得税と住民税を軽減することができます。例えば、年間80,000円以上の個人年金保険料を支払った場合、所得税では40,000円、住民税では28,000円の税金の控除を受けることができます。ただし、すべての個人年金が保険料控除の対象になるわけではありません。

まず、個人年金に、「個人年金保険料税制適格特約」が付加されている必要があります。この個人年金保険料税制適格特約とは、「一般の生命保険料控除」としてではなく、「個人年金保険料控除」として控除を受けることを目的として付加する特約です。

ですので、この特約がない場合は一般の生命保険料控除となります。一般的には、個人年金保険料控除の対象になる契約は最初からこの特約が無料で付加されていますので別途申し出をしない限りは問題ありません。

個人年金保険料控除を受けるためには

では、実際に個人年金保険料控除を受けるにはどのような要件があるのでしょうか。以下は大まかな要件をまとめたものです。

-年金の受取人が保険料の払い込みをする契約者またはその配偶者であること。
契約者が夫で年金の受取人が妻の場合などです。
-保険料の払い込み期間が10年以上あること。

たとえば、60歳満期の商品に55歳で契約をする場合は、払い込み期間は5年間しかありませんので、保険料控除の対象とはなりません。

このように、保険料の控除を受けようとする場合には、要件を事前に把握しておくことが必要です。
また、保険料の支払いを一時払いとしている場合も控除の対象とはなりませんのであわせて注意が必要です。ポイントは、保険料を実際に払い込んでいる「期間」が10年以上あることです。

個人年金保険料控除の申告

個人年金保険料控除を受けるためには申告が必要です。そして、会社員と自営業の人では申告の方法が違います。
会社員の場合は、保険会社から送られてきた控除証明書を、勤務先から渡される「給与所得者の保険料控除等申告書」に添付して勤務先に提出します。その後は勤務先が年末調整の手続きをしてくれますので、これと同時に控除の申告も行われることになります。

一方、会社員であっても期日までに勤務先へ控除証明書を提出することが出来なかった場合や、自営業者の方などは、翌年春に確定申告を行うことで控除を受けることが出来ます。

一般的に、控除証明書10月ごろ各社から本人宛に郵送されてきますが、確定申告までは一ヶ月以上の間隔があいてしまうため、中にはこの控除証明書を紛失してしまう人も多いです。

万が一紛失してしまった場合は、保険会社のコールセンターへ電話するなどして、再発行を行いましょう。

どのほど税負担を軽減することができるのか

では、実際にどれほど税負担を軽減することが出来るのでしょうか。あくまでの支払う保険料や自身の所得によって変わってきますが、所得税については、年間8万円以上の保険料を支払った場合は、所得税率が5%であれば2,000円、10%であれば4,000円が実際の所得税額から差し引かれます。

ですので、所得税については、所得の多い人ほど税負担の軽減効果が高いことになります。

住民税については、年間5万6,000円以上の保険料を支払った場合、2万8,000円を所得から差し引くことが出来ます。
住民税の税率は一律で10%とされていますので、最大で2,800円を住民税額から差し引くことが出来ます。

上記の場合、最大で所得税分の4,000円と住民税分の2,800円、合計で6,800円を年間で節減することができます。この金額を多いと見るか、少ないと見るかは個人の判断にお任せしますが、何もしなければ0円です。

申告には控除証明書という書類を提出するだけですので、忘れずに申告することをお勧めします。

個人年金保険と控除について・まとめ

個人年金保険料は要件を満たしていれば保険料の控除を受けることが出来る。
保険料控除の申告は、会社員であれば年末調整時に保険会社から事前に送付されてきている保険料払い込みの証明書を提出することで申告することが出来る。個人事業主などは、翌年の確定申告で控除の申告をすることが出来る。

老後の生活資金のために知っておこう!個人年金とその保険料について

個人年金の概要

個人年金は、公的年金のみでは老後の生活資金に不足が生じる場合がほとんどですので、貯金や資産が十分でない人は、公的年金とは別に、この個人年金を毎月積み立てていくことで、公的年金の不足分をまかなうことが出来ます。
個人年金の中には、「確定年金」、「終身年金」、「変額年金」と呼ばれる3種類の年金があります。

一般的なものとしては、「確定年金」が挙げられます。これは受け取る年金の額が確定しているため曽於のような名称が付いています。

「終身年金」は、契約者が生きている間に限り、年金を受け取ることが出来るタイプで、多くの商品には最低保証期間というものが設定されています。

「変額年金」は、契約者が月々支払う保険料を、その保険会社が株式や債券などを中心として資産運用を行い、運用実績によって受け取る年金の額や解約返戻金が変動するものです。

確定年金の保険料、メリット、デメリット

契約時年齢:20歳、年金開始年齢:60歳、年金月額:10万円、10年の確定年金の場合
返戻率の高い(127.0%)確定年金の保険料はおよそ2万円(月額)です。払い込み保険料の総額は960万円ですが、それ以上の年金額を受け取ることが出来ます。

確定年金のメリットは、契約時に、実際に受け取る年金の総額が確定していること、リスクを負うことなく安心して年金を積み立てることが出来ること、契約内容によっては個人年金保険料控除の対象となり、所得控除を受けることが出来ることなどが挙げられます。

デメリットは、契約時に設定した期間のみ年金を受け取ることが出来る商品ですので、その期間を超えてしまうと公的年金のみに頼らざるを得なくなってしまう点です。

終身年金の保険料、メリット、デメリット

契約時年齢:20歳、年金開始年齢:65歳、年金月額:10万円を一生涯受け取る場合
国民年金基金での試算によると、月額の保険料は3万2,000円です。確定年金よりも保険料はおよそ1.5倍となりました。かなり長生きをする健康に自信のある人にとっては、65歳以降は一生涯月に10万円の年金が公的年金にプラスして受け取ることが出来ますので価値があるかもしれません。

終身年金のメリットは、なんといっても「一生涯年金を受け取ることができる」ことです。長生きをすればするほど得をすることになります。

デメリットは、確定年金よりも保険料が割高であることや、万が一早い段階で亡くなってしまった場合は実際に支払った保険料よりも受け取る年金額のほうが少なくなってしまう可能性があることです。

変額年金のメリット、デメリット

契約時年齢:40歳、年金開始年齢:60歳、年金月額:8万円、10年の確定年金の場合
ソニー生命の変額年金の試算では、月額の保険料は2万7,680円です。運用実績によっては確定年金額にプラスして変額年金分を受け取ることが可能ですが、確定年金と比較すると割高です。

変額年金のメリットは、資産運用に精通していて、過去の資産運用実績に対する評価の高い、信頼できる会社であれば、実際の運用実績次第で、プラスアルファの年金を受け取ることが出来る可能性があることでしょう。また、インフレにも柔軟に対応することが可能な点もメリットといえます。

デメリットは、なんといっても運用リスクがあることです。実際に支払った保険料よりも受け取ることが出来る年金の額のほうが低くなってしまっては、何のために毎月積み立ててきたのかわかりません。ですので、変額年金を選ぶ際には、その会社の資産運用実績を精査することが重要です。

おすすめの個人年金

どの個人年金を選ぶかはあくまでも個人の好みに大きく左右されます。ですが、老後の資金をためることが最も重要なことですので、将来的に目減りのする可能性のある商品は避けるのが無難かもしれません。
終身年金も利点はありますが、保険料がかなり割高となること、人間はいつ死を迎えるか分からないことなどを考えると、確定年金のほうが無難かもしれません。
以下は確定年金の中で返戻率の高いおすすめ商品の詳細です。

保険会社:住友生命、年金の種類:10年確定年金、返戻率:127.0%
契約者:20歳男性、年金支払い開始年齢:60歳、保険料月額:20,000円
総払い込み保険料額:960万円、年金額:1,219,600円

保険会社:明治安田生命、年金の種類:10年確定年金、返戻率:124.3%
契約者:20歳男性、年金支払い開始年齢:60歳、保険料月額:20,000円
総払い込み保険料額:960万円、年金額:1,193,000円

個人年金とその保険料・まとめ

個人年金は公的年金のみではまかなうことの出来ない老後の生活資金を蓄えることを目的としている。
個人年金には大きく分けて「確定年金」、「終身年金」、「変額年金」の3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがある。
保険料金は確定年金<終身年金<変額年金の順で高くなっている。

様々な議員の仕事と年収について

議員の種類にはどのようなものがあるでしょうか

一口に「議員」といっても、実は様々な議員という仕事が存在します。

一つ目:国会議員
国会議員には「衆議院議員」と「参議院議員」の2種類があり、主な仕事は日本の憲法や法律を作ったり、変えたりすることです。選挙によって国民に選ばれ、国民の代表として国会で仕事をします。

2つ目:県会議員
県会議員は国政をつかさどる国会議員とは違い、県議会で県民の代表として国の憲法や法律に反することのない、県内のみで効力を発揮する県令などを審議・採択し、県政に携わるのが主な仕事です。

3つ目:市会議員
県会議員よりさらに一つ規模の小さくなった、各市町村でその地域の代表として市政に携わるのが主な仕事です。市会議員選挙によって選ばれます。

議員はどのような仕事をしているのか

では、「議員」と呼ばれる人々は実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。

国会議員(衆議院議員・参議院議員)の仕事
国会議員の主な仕事は、「法律作り」、「予算の決定」する、「内閣総理大臣の選任」の3つがあります。

まず「立法」ですが、これは時代の変化や環境に合わせて、既存の法律を整備したり、改定したりすることです。

次に、「予算の決定」ですが、これは将来的に国が必要とする歳出と税金などによって国が得る歳入について国会で審議し、必要とされる予算の採決を行うことです。日本国内の経済の発展や国防などに必要な歳費のみならず、諸外国との交易などに必要な費用も予算審議に含まれます。

地方議員(県会議員・市会議員)の仕事
地方議員は国会議員のよりもずっと私たちの身近で仕事をしています。主な仕事は、税金をどのように使うのかを決定し、行政がきちんと無駄なく機能しているかをすること、また、条例の提案なども行います。

国会議員の年収はどれくらいか

さて、国会議員の年収はどの程度のものでしょうか。
国会議員の給料は一般的に、「歳費」と呼ばれており、特別な役職についていない議員でも年収は推定で、およそ2,000万円。これに加えて会社員のボーナスのような 「期末手当」や、業務に必要とされる「事務費等」が給与とは別に支給されることから、少なくとも年間2,000万円以上の収入と見込まれています。

この議員個人の収入以外にも、公費で雇用することが認められている3名の秘書(政策・第一・第二)の給与(およそ1,800万円以上)が支給対象となっています。

また、国会議員には、JR特殊乗車券や国内定期航空券が公務に必要なものとして支給されますし、皆さんもよく耳にする「政党助成金」と呼ばれる、各政党への分配金もあります。

以下は議員一人当たりにかかる歳費及び公費です。

-議員個人の年収及び期末手当:2,000万円
-文書通信交通滞在費:1,0200万円
-事務費:750万円
-秘書3名の給与:1,800万円

地方議員の年収はどれくらいか

では、地方議員の年収はどれくらいでしょうか。

県会議員の年収
実際に支給されている報酬の額は都道府県によってだいぶ開きがあります。例えば、東京の場合はおよそ1,600万円の年収ですが、鳥取の場合は1,100万円と、500万円もの差があります。これに加えて期末手当(会社員のボーナスのようなもの)が支給されます。

また、政務活動費や交通費も別途支給されます。

市町村議員の年収
市町村議員の場合は、都道府県別の県会議員の年収の開き以上に、市町村によってその報酬には非常に大きな開きがあります。市議では最も高い報酬でも月額100万円程度で、最も報酬の低い自治体では月給10万円以下という村も存在します。
市町村議員にも期末手当は支給されますが、必ずしも高級取りとはいえないでしょう。現に、多くの市町村議員が議員以外の仕事についたり、家族がパートをして生計を支えたりしているケースも多いです。

議員になるために必要なお金

では、議員になるためにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。
国政選挙や地方選挙では「供託金」と呼ばれる費用の支払いが必要となります。この供託金は一定の得票数を獲得すれば返還されることになっています。

まず、国政選挙では、選挙区選挙の場合は300万円、比例代表選挙の場合は600万円の供託金の支払いが必要です。
これ以外にも、選挙運動には当然どのような選挙運動を展開するかなど、その手法にも大きく左右されますが、一般的には500万円~1,000万円もの費用がかかるといわれています。

一方、地方選挙では立候補する際に納める供託金は数十万円です。これに加え、選挙活動に関わる費用の一部は「公費負担制度」という規定によって各自治体が負担します。

国政選挙と比べてより地域密着型の選挙となるのでボランティアを動員して候補者の宣伝を行うなど、出来る限り費用負担をかけない選挙手法が特徴と言えます。

当選倍率も、市会議員選挙では全国平均でも1.2倍程度ですので、国政選挙と比較すると議員になりやすいのが地方選挙といえます。

議員の仕事と年収について・まとめ

議員には、「国会議員」と「地方議員」がある。
国会議員は国政をつかさどる仕事が主たるもので、年収は2,000万円以上。

地方議員は都道府県、市町村によって大きな開きがある。
議員として立候補するためには国政選挙では数百万円以上、地方選挙でも数十万円の供託金と、選挙資金が必要。

意外としられていない国会議員の仕事と給料について

国会議員とはどの様な人たちなのでしょうか

国会議員になるための資格としては、日本国民であり、かつ、25歳以上であれば衆議院議員に、30歳以上なら参議院議員になることができるとされています。ですので、極端に言えば学歴、経歴はまったく不問とされます。

ですが、現実的には国民の代表者となる、限られた人数しか枠のないのが国会議員という仕事ですのでそう易々とは当選することは出来ません。

多くの人々の共感を得て、国政でどれほどの国民の期待にこたえ、日本という国を繁栄させていくことが出来るのかをきちんと示すことが出来なければ国会議員に当選することは非常に難しいといえます。

幅広い人脈を持ち、国民にその知名度を広げることの出来、国民の期待にこたえることが出来るという信望を集めることが出来る人。それが国会議員になっている人々といえるかもしれません。もちろん、中にはとんでもない国会議員もいますが。

国会議員の仕事とはどのようなものでしょう

国会議員のしごとの中核は日本という国の発展や日本国民の幸せのために必要な法律を作ることです。そして、その法律を作る場所が「国会」です。

国会のない期間は地元に帰ってその地域の人々の声を聞いたり、問題があればどのように今後取り組んでいくかを秘書ともに考えたり、地元に戻らずに議員会館などで陳情を聞いたりなど、常に休むことなく国のため、国民のために仕事をしています。

国会議員の中には「衆議院議員」と「参議院議員」があり、それぞれの仕事には多少ちがいがあります。衆議院では法律を作ったり、予算案を審議したりと、主体的に国会での活動を行い、参議院ではそれらについて再可決を行います。これにより、一院制と比較するとダブルチェック機構が働き、独断的な政治運営は出来ない構造になっています。

国会議員の年収の実態

さて、国会議員の年収はどの程度のものでしょうか。
国会議員の給料は「歳費」と呼ばれ、特別な役職についていない議員であっても年収はおよそ2,000万円といわれています。これに加え、「期末手当」と呼ばれる、会社員でいうボーナスのような手当てや、業務上必要とされる「事務通信費等」が給与とは別に支給されますので、これらをあわせるとかなりな額の収入を得ていることになります。

この、議員個人の収入以外でも、3名の秘書(政策秘書、第一秘書、第二秘書)については公費で雇いいれることが認められており、この額は3名分で1,800万円以上となります。

さらに、国会議員には公務に必要であると言う理由から、「JR特殊乗車券」や「国内定期航空券」が支給されます。

これら以外にも、各党に分配される「政党助成金」もありますので、これらをすべて合計すると、ゆうに議員一人当たり5,000万円以上の歳費および公費がかかっていることになります。

国会議員になるために必要な資金

国会議員になるための資金はどれくらい必要なのでしょうか。
まず、国会議員は国民の代表として国会で立法や予算編成に携わることから、その仕事は日本という国を幸せな未来へと導いてゆく、きわめて重要な舵取りをおこなう責任を負っています。

しかも、衆議院・参議院ともに国会議員の定数数が決められていますので、そのイスを得るべく、選挙で当選を果たさなければなりません。

ここで重要となってくるのが選挙資金です。もちろん、選挙の期間や候補者の意向によっても変わってきますが、一般的にはおよそ1,000万円以上の選挙資金が必要と言われています。

この選挙資金のほかにも、選挙区選挙の場合は300万円、比例代表選挙の場合は600万円の供託金の支払いも必要です。(この供託金は一定の得票数に達すれば返還されます。)

特定の政党に所属していれば、それらの政党からの支援を得て得票数の増加を見込むことも出来るでしょう。そして、多くの立候補者は政党からの支援を取り付けて得票数の上積みを得座しているのが現状です。

ですので、一個人がそう簡単に国政選挙で当選できるものでもないといえるでしょうし、選挙辞退に多額の費用がかかります。

国会議員として仕事をするために必要とされる費用

国会議員の給料(歳費)や支給される公費を合わせると多額の金額になることは先に触れましたが、では、実際に国会議員になってから日々の仕事や国会議員としての活動をおこなうために必要とされる費用にはどのようなものがあり、どのくらいかかるものなのでしょうか。

国会議員の主な仕事の一つとして、地元の人々との交流や付き合いがあり、これらの付き合いを通して自身への支持者・自身の政党への支持者を増やしていきます。この支持者が増えれば増えるほど、様々なしがらみが必然として発生します。多い人では年間に100回以上もお通夜へ出向き、年末年始のあいさつ回りや忘年会新年会への出席数も年間100回を越えることもあるようで、この場合、年間に100万円以上の出費となります。

実際のところ、ほとんど休むまもなく国会議員としての日々の活動をこなしている人が多いと思いますので、その仕事の多忙さやさまざまなしがらみを考えると、収支的にはそれほど高給を取っている職業ではないかもしれません。国会議員の中には、単純にお金がほしいのであれば外資系の会社に就職するほうがいいと考える人もいるくらいです。

国会議員の仕事と給料について・まとめ

国会議員の主な仕事としては、国旗においては法律を作ること、予算編成を行うなどがあり、国会以外では国民の声を聞くこと、後援者との付き合いなどがある。

給料は歳費以外にも公費のものがあり、一見高額な収入を得ているように思われるが、実際の仕事の多忙さや仕事がらみの支出の多さを考慮すると、必ずしもそれほど高給取りとはいえない場合もある。

主婦必見!大阪で内職を探すコツとは

まず活用していきたいのがハローワークです。大阪のハローワークでは内職の求人が数多く登録されており、単価も高いような内職求人も見つけることができます。何よりも大阪のハローワークは数も多くて、アクセスしやすいハローワークが多いところも良い点でしょう。

 しかし、ハローワークで見つけるような内職の求人は信用が大事です。もしもハローワークで内職の仕事を紹介してもらったのにも関わらず、直ぐに辞めてしまうようだといけません。次にハローワークに行って内職求人の話を聞いた際に良い仕事を紹介してもらえないことすらあるからです。

 そのため、最初に申し込む内職求人はしっかり吟味しておくと良いでしょう。また、内職求人を紹介してもらう際には基本的に「他の内職をしていないこと」が求められます。そのため、他の内職をしているといった際には気をつけておきましょう。

 また、ハローワークを利用する際にはなるべく定期的に通うことが肝心です。内職求人は大阪でも人気が高いですから、新着の仕事が直ぐになくなってしまうということもあります。

 だからこそ、内職の仕事を探している際には週に2、3度はハローワークに足を運びましょう。加えて、通うハローワークの情報更新時間を知ることも大事です。ハローワークによっては「正午に新しい仕事情報を端末に入力する」といったルーチンがあり、その時間帯を知っておけば有利です。こういったことは簡単に調べられますから、ハローワークに脚を運ぶ前には調べておくと良いでしょう。

 他にも大阪で内職求人を探す際にチェックしておいて欲しいのが下町工場の仕事です。大阪では中心部でも下町工場が数多いですが、こういった下町工場には思わぬ内職求人の仕事があります。何よりこういった工場の求人は求人雑誌などにも出ていないこともポイントです。

 そのため、高単価なだけでなく、長期間できるような内職求人もしばしばです。そんな下町工場の内職求人ですが、探す際には実際に下町工場に電話してみるか脚を運んで見るのが大事です。特に実際に脚を運んで見る際には手土産も持って行くと良いでしょう。面倒なようにも思えるかもしれませんが、こういった下町工場の仕事はお得な事が多いため、手間もムダにはなりません。

 また、大阪で内職求人を探す際に知っておきたいのが幾つかある優良サイトの存在です。例えば「おおさか在宅ワーク支援ナビ」は特におすすめしておきたいところでしょう。こちらでは各種の求人を紹介しており、特に手数料もかかりません。また、工場でできるような自由出勤の仕事など、仕事の巾が広いところも利点でしょう。何よりこのサイトのしごとは所謂内職詐欺のしごとが殆ど無いこともおすすめしておきたいところです。
 
 そのため、安心して応募できます。ネットで大阪の内職求人を探す際には重宝するサイトになりますから、チェックしておきましょう。他にも、タウンワークのネット版にも内職求人の仕事が多数あります。

 何よりタウンワークで紹介しているような内職求人は始めやすい物が多いのが特徴です。しかし、内職求人情報をチェックしている人は多く、情報が出ても直ぐになくなってしまうなんてこともあります。

 だからこそ、タウンワークで内職求人を探す際にもしっかりと定期的にチェックしておきたいものでしょう。このように大阪のサイトも役立つ物が多いですが、中には内職詐欺の仕事がほとんどといったものもあります。だからこそ、大阪で内職の仕事をネットで探す際にはしっかりと気をつけておきたいものでしょう。

 最後に内職をする際に気をつけておきたいのが納税のことです。大阪では納税に厳しくなっており、内職とはいえ脱税すると懲罰増税されることもあります。
 
 だからこそ、本格的に内職をする際にはしっかりと確定申告はしておきましょう。また、内職によっては源泉徴収されないようなところもあります。こういった仕事は特に注意が必要になってきますから、自分で確定申告をする癖をつけておくと良いでしょう。

 以上のように大阪で内職を探すコツについて解説しましたが、内職をしていく際には根気も必要です。最初は作業になれなくて余り実りがないと思っても、内職スキルは次第に上がってきます。何よりも内職の仕事をしていれば次々に色々な内職の仕事が舞い込んでくるものです。そのため、内職の仕事は次の内職の仕事へのつなぎになるとさえ言えるのです。だからこそ、内職の仕事は大事にしていきましょう。