これで貯金は作れる!貯金のための5つの基本

スポンサーリンク

最初に貯金分のお金を分けてしまう

貯金のコツを挙げる中で、もっとも重要なポイントは収入が入ったら最初に貯金分を取り分けてしまうということです。これさえしっかりと実行していれば貯金ができる可能性はかなり高くなってきます。人間というのは非常に意思の弱い生き物です。したがって、貯金をするお金に関してはきちんと意識して、簡単には引き出せないようにしておかない限りすぐに手を付けてしまうことになります。
また、貯金する分のお金と自分の生活費が分かれていなければ、今月自分がいくら貯金できていて、目標としている貯金額に達するまでにはあといくらの貯金が必要なのかといったような基本的な事柄が把握できなくなってしまいます。したがって、貯金を始めるにあたってはまず収入が入った時点で貯金する金額を最初から生活費とは分けてしまうことを意識しておきましょう。

貯金用口座の準備

上記で述べた貯金のコツである、生活費と貯金用のお金を分けることについてですが、これを実際に実行する際には貯金用口座を準備することが有効になってきます。生活費を入出金する口座とは別に貯金用の口座を作ってしまい、そこに貯金用のお金を預けることにします。これにより、貯金用のお金を生活費の補填のために使ってしまうという可能性は低くなります。
このような貯金用の口座としてはサラリーマンで勤務している会社に財形貯蓄制度がある場合にはそれを利用するのが一番の近道になります。ただ、このような財形貯蓄制度が存在しない場合には銀行の自動積立貯金などへ毎月一定額を振り込むようにして、自動積立貯金の口座で貯金を形成していくようにしましょう。

自分がいくら支出しているのかを知る

上記では最初に貯金用の金額を生活費とは分けてしまうという貯金のコツについて述べてきました。ただ、実際に生活費を入出金する口座に入っているお金で普段の生活費を賄えないようであれば、貯金を続けることは難しくなります。貯金用の口座に入っているお金を崩さないために借金をするようなことになれば、それこそ本末転倒の結果になってしまいます。
生活費を入出金する口座に入っているお金だけで普段の生活費を賄うためにはそもそも生活にかかっている支出を減らす必要があります。ただ、やみくもに支出を減らすといってもどこをどう減らしていいかという検討がつかない場合もあるでしょう。そのような場合にはまず自分の支出内容をチェックしてみるようにしましょう。
この際、役に立つのが家計簿です。家計簿をつけながら、自分のお金の使い方に無駄な点はないかをチェックしていきましょう。

支出を減らすポイント

上記で述べたように生活費において無駄に支出している項目を洗い出すためには家計簿をつけることが重要になります。実際に家計簿をつけて無駄な支出を洗い出したら、その後はその無駄な支出を削減していくことになります。
この際に重点的に見ていきたいポイントが固定費です。固定費とは家賃や携帯の料金、普段通っている習い事のお金といったような毎月固定的に決まった金額が出費されるという項目になります。食費や光熱費といったような変動するお金を削るよりも、この固定費を削るほうが削減効果はより高くなるとされています。
例えば、家賃が高い場合は安い物件に引っ越す、週に1~2回しか通わないスポーツクラブに月会費1万円払っているなら近くの市民体育館を利用するようにするなどさまざまな削減方法があります。自分の生活スタイルに合わせて無理なく固定費を削減していきましょう。

ボーナスは貯金に回す

上記で述べてきたように貯金のコツを抑えることで、収入が少ない人でも必ず貯金を実現することは可能になります。ただ、そうはいっても収入が少ない人が月々貯金をしていくのはやはり大変です。しかし、このような収入が少ない人であっても貯金を一気に増やせるチャンスがあります。それがボーナスです。
ボーナスが入るといろいろと出費したくなってしまいがちです。例えば、旅行の費用に充てることを考えたり、新しいパソコンを買ってみたくなったり、使う方法は山ほどあります。ただ、収入が少ない人ほどボーナスに関しては節約を考えなければいけません。このボーナスを貯金できるかどうかで、貯金が増える速度も大きく変わってきます。
基本的に貯金をしたいのであれば、ボーナスは使わないということを肝に銘じておきましょう。

貯金のコツまとめ

上記では貯金のコツについてまとめてきました。貯金のコツは貯金用の口座と生活費を支出する口座を分ける・固定費を中心に支出内容を見直す・ボーナスは貯金に回すといったポイントがありました。これらのポイントを意識して貯金を進めていくようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*