貯金するなら使おう!失敗しない積立貯金

スポンサーリンク

積立貯金って何?

積立貯金というのはある口座から自動的に貯金用の口座にお金を振り込んで積み立てていくという貯金になります。この積立貯金という方法は貯金を行うのに適した方法であるとして、昔から用いられてきました。会社員の中には財形貯蓄という形で貯金をする仕組みがある会社もありますが、そのような財形貯蓄のシステムがない会社に勤めている人が財形の代わりに積立貯金を使って貯金を形成していることもあります。
積立貯金のシステムとしては毎月一定額を積み立てるという方法と、貯金の残高の金額を基準として、積立額を決める方法があります。貯金の残高を基準として一定の比率で振り込み金額を設定して積み立てるという方法の2つのパターンが主な積み立て方法になっています。

積立貯金はどこで申し込む?

大手銀行や郵便局をはじめとしてほとんどの金融機関で積立貯金というのは行われています。したがって、どこの金融機関に申し込んでもいいということになりますが、基本的には給料が振り込まれる給与振込先口座を開設している銀行にて積立貯金を始めるというのが原則になります。給与振込先口座を開設している銀行以外で積立貯金を始めると、毎回振り込みの際に余分な手数料を取られるなどのデメリットが発生する可能性が高いためです。
積立貯金の申し込みに関してはあまりインターネットで受付というのは行われていません。したがって、積立貯金をしたいと思った場合には印鑑や通帳などの必要書類をもって金融機関の窓口を訪問する必要があります。

積立貯金のメリットである金利

普通預金において貯金をする場合と積立貯金の仕組みを使って貯金をする場合を比較すると、積立貯金のほうが基本的には金利が優遇されています。また半年複利といったような形で利息に対してさらに利息が加算されるような仕組みがとられている場合もあります。
例えば、1年間の利息が10パーセントであったとすれば、100万円を預けると1年後には110万円になります。複利の仕組みをとっている場合には2年目に関しては元本の100万円に利息が付くだけではなく1年目の利息として発生した10万円にも金利が付くことになります。結果として110万円×10パーセントとなり、2年目に発生する利息は11万円になります。これが複利という仕組みになります。

貯金しやすい仕組みができている積立貯金

貯金をする際の鉄則として昔から言われていることに、「給料をもらったら、貯金する分を差し引いて、その差し引き後の給料を自分の給料と思って生活する」というものがあります。人間の意志の力は弱いのでお金が手元にあればある分使ってしまうという人がほとんどです。そのため、使いたくても使えないところにお金を持っていてしまうのが貯金を成功させるための鉄則になります。
積立貯金を用いて行うという貯金の方法はこの鉄則がそのまま当てはまる貯金方法になります。給料をもらった瞬間に貯金用の口座である積立貯金口座にお金が移動しているため、初めから貯金する金額が差し引かれた金額で生活する仕組みが整うことになります。このような積立貯金の仕組みは貯金をしたい人にとってはまさに理想的です。

手間がかからない積立貯金

上記で貯金をする際には最初から貯金する金額を給料の分から差し引いてしまうのが良いということを述べてきました。貯金をしたいと思ったら自分の生活費用の口座と貯金用の口座は分けて管理する必要があります。そのようにして貯金と生活費を別に管理するのが、貯金を成功させるうえでの鉄則です。
実際、貯金をしたいと考えている人の中には貯金用の口座と生活費用の口座を分けている人も多くいます。そして、給料が振り込まれる度に毎回生活費用の口座から貯金用の口座に振り込みを行うという形で貯金用のお金を分けています。
ただ、このような振り込み作業を毎回行うのは結構な手間になります。その点、積立貯金であれば、このような振り込みも自動で行ってくれるため、手間を省けるというメリットもあります。

積立貯金についてのまとめ

上記の記事では積立貯金について述べてきました。入金時に自動的に貯金用の口座にお金を振り込んでくれるという積立貯金の仕組みは貯金を考えるうえでは非常に便利です。貯金をしたい人はぜひ検討してみるようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*