意外と貯まる!おすすめの500円貯金

スポンサーリンク

500円貯金って何?

お金が貯まると評判の500円貯金ですが、この500円貯金というのはその名の通り500円硬貨を貯金するだけの方法になります。貯金箱を準備してひたすら500円硬貨をその貯金箱に入れていくというのがこの500円貯金という方法になります。
子供の頃などに貯金箱に小銭を貯金するということをやった経験のある人も多いと思います。しかし、子供のころの貯金箱への貯金だと10円硬貨や100円硬貨といったような小さい単位の硬貨もどんどん貯金箱に入れていくので、貯金箱にたくさん入れてもなかなか貯金金額も大きくなっていないということもしばしばです。
ただ、この500円貯金という方法は500円という単位設定が絶妙です。買い物などのお釣りでもらうことの多い500円硬貨だけを貯金することにより、無理なくそれでいてそれなりの単位の金額を定期的に貯金することを可能にした貯金方法になります。

500円貯金の始め方

500円貯金を始めるためには500円硬貨を貯めるための貯金箱を用意する必要があります。現在は500円貯金が密かなブームとなっていることもあり、500円貯金に特化した貯金箱が雑貨店などに行くと販売されています。500円貯金に特化した貯金箱は一杯になると10万円のもの・30万円のもの・50万円のもの・100万円のものといった種類が設けられています。自分が貯金したいと思う目標金額を設定してその金額に見合った貯金箱を購入するようにしましょう。
貯金箱を準備したら、後はひたすら500円硬貨を貯金箱に入れていくだけになります。毎日キチンと500円硬貨を準備して貯金する、500円硬貨があるときだけ貯金するなど、各自に合った方法で貯金箱に500円硬貨を貯めていきます。

節約意識が働くようになる

500円貯金を始めると、必然的に紙幣を使う機会が増えます。500円を手に入れるためには基本的には紙幣を出してお釣りをもらう必要が出てくるためです。500円貯金を始めると、結果として財布に入っている紙幣がなくなるスピードが速くなります。なぜなら小銭を使わずに紙幣をどんどん会計時に使うことになるためです。また、そうして貯まった500円硬貨も貯金箱に入れてしまい、財布の中には残さないため、財布の中に入っているお金は少なくなります。
人は財布にたくさんお金が入っていると油断してどんどん使ってしまいますが、お金があまり入っていない場合には節約しようとする傾向があります。したがって、500円貯金をすることで自然と節約しようとする意識が高まることになります。

モチベーションが維持しやすい

500円貯金の説明でも触れましたが、500円貯金という方法の優れているところはその貯金の単位を500円という単位に設定したということです。この500円という単位は多くもなくかといって少なくもないという絶妙な金額になります。
例えば、5,000円を貯めようと考えたときに貯金の単位が1円であったならば、5,000枚もの枚数を集める必要があります。これだとなかなか目標に達することがないため、モチベーションの維持が困難になります。その点、500円貯金であれば、500円硬貨を10枚集めればよいことになります。そう考えると、少し頑張れば達成できる金額のようにも思えてきます。また、10万円のようなまとまった金額でも200枚集めれば目標達成です。このように集める500円硬貨の枚数が少し頑張れば手が届く枚数であるというのもモチベーション維持に絶妙の効果を持っています。

500円貯金のコツ

500円貯金のコツとしては貯金箱選びがポイントになります。それこそ自分が毎日見ることになる貯金箱なので、自分が気に入ったものを選ぶようにしましょう。また、500円貯金専用の貯金箱については中身を見ることができず、貯まってきた500円硬貨の重みを貯金箱で感じることを楽しみにするような作りになっています。しかし、中身を確認しないとやる気が続かないという人はあえて中身を確認することができるような作りになっている貯金箱を用意するのも1つの方法です。また、自分で貯金箱を作ってしまうというのも面白いかもしれません。
また、毎日500円硬貨を準備できるようにゲーム感覚でおつりを調整しながら買い物をしたりするのも500円貯金を楽しみながら続ける秘訣になります。

500円貯金まとめ

上記では500円貯金という貯金方法についてみてきました。本文でも触れた通り、500円貯金はその500円硬貨単位で貯金を行うという単位設定がモチベーション維持や節約意識を高めるという点では絶妙の方法になります。始めると病みつきになる500円貯金。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*