20代・30代OLのリアルな貯金事情。皆の平均は?

スポンサーリンク

1ヶ月の貯金はいくら?

20・30代OLの1ヶ月の平均貯金額は「4.5万円」だそうです。
年齢別にみると、20~24歳で「4,3万円」、25~29歳で「4.9万円」、30~34歳で「4.6万円」、35~39歳で「4,3万円」となっています。最も貯金額が多かったのは25~29歳。入社してから数年が経ち、支給額が少しずつ上がってきているけれども、まだ結婚や出産をしていないため、貯金をする余裕がある年代層だからでしょうか。
また雇用形態別でみると、正社員で「5,4万円」、契約社員で「4,3万円」、派遣スタッフで「4.0万円」となっています。正社員ですと、賞与や家賃手当があったりするのも貯金額が多い理由なのではないかと思います。

貯金額はいくらある?

20・30代OLの平均貯金額は、「327.8万円」だそうです。
年齢別にみると、20~24歳で「161.0万円」、25~29歳で「246.2.万円」、30~34歳で「354.8万円」、35~39歳で「531.9万円」となっています。やはり年齢が上にいくにつれて、貯金額は多くなっているようです。
また雇用形態別にみると、正社員で「466.6万円」、契約社員で「283.1万円」、派遣スタッフでみると「234.1万円」となっています。こちらも1ヶ月の貯金額同様、正社員が平均値を上げているようです。普段は貯金をしないけれど、賞与だけは丸々貯金にまわしているという正社員の方も多いのではないでしょうか。

なんのために貯金してる?

20代・30代のOLの貯金の目的は、1位が「老後(将来)のため」、2位が「結婚のため」、3位が「臨時出費のため」となっています。また「子どものため」や「なんとなく」という声も多いそうです。
しかしなんとんく貯金をしている人よりも、目的や目標をもって貯金をしている人の方が、貯金額が多いという調査データもあるそうです。「自分のお店を持つために、5年後までに500万円貯める」「海外留学に行くために、今年中に100万円貯める」など、自分なりの目標を持つことで、モチベーションにつながるのではないでしょうか。また今のところは特に貯金の目的が見つからないという方は、「1年間で100万円貯める」といった目標を立てるだけでも、少しずつ増えていく預金通帳をみて、楽しみながら貯金をすることができるのではないかと思います。

どのくらい貯金するのが理想?

貯金の理想の割合は、実家暮らしの場合は手取りの4割、一人暮らしの場合は手取りの1~2割が理想だそうです。特にシングルの方は一番お金が貯まる時期なので、この数字を参考にしっかりと貯金をする習慣を身につけておくと良いかもしれません。
ちなみに20代OLの平均収入は「322万円」、30代OLの平均収入は「385万円」となっています。ここから住民税や厚生年金などが差し引かれることを考慮すると、おおよその目安として、実家暮らしの方は一か月に8~10万円、一人暮らしの方は2~3万円ほどを貯金にまわすとよいのではないかと思います。
自分の中で絶対に削れない出費と、削れる余地のある出費を洗い出してみることで、無理なく、生活を楽しみながら貯金額を確保してみるとよいのではないでしょうか。

どうやったら貯金できる?

貯金ができている人の多くが「先取り貯金」をしているそうです。先取り貯金とは、お給料をもらったら、まず先に貯金を確保してしまうという方法です。逆にいうとお金がなかなか貯まらない人は、1ヶ月お金を使った後、残った分を貯金に回しています。そうするとついつい生活費を使いすぎてしまい、結果として貯金に回せるお金がなくなってしまいますし、最悪の場合には赤字になってしまう可能性もあります。
先取り貯金の方法としては、お勤め先の給与天引きの制度を利用したり、またソニー銀行などが提供しているような積立預金の制度を利用したりするのが良いかと思います。またネット証券では少額から積立投資ができるサービスを提供しているので、投資に興味のある方は、そのようなものを利用してみてはいかがでしょうか。

自分にあった貯金をする習慣をつけましょう

平均と比べて貯金額が少なかったでしょうか?多かったでしょうか?
しかし一番大事なのは、自分にあった貯金の方法を見つけて、無理のない金額を貯金する習慣を身につけていくことではないかと思います。いまいちど、自分のお金の使い方や貯金への意識を見直してみてはいかがでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*