無理な貯金はダメ!貯金はライフスタイルにあわせて

スポンサーリンク

無理な貯金はしない

できるだけ短期間で大きな額を貯金をしたいと思う人は多いものです。ですがあまりにも無理に節約をして生活を切り詰めるようにするとストレスになって衝動買いをしてしまうことにもつながります。

ですから無理に切り詰めるような生活と気合だけで貯金を成功させようとしないようにもしましょう。特に光熱費の節約はあまりにも無理をすると生活自体が圧迫してしまうことがあるので注意です。

部屋が暗いのに電気をつけなかったり、寒いのに無理に暖房費を節約することは心をみじめにもしてしまいます。また、光熱費を削って貯金をしようとすることで風邪をひいてしまったりすることもあるので、光熱費を削っても結局医療費が高くついてしまうこともあるでしょう。
心にゆとりのない生活をすることで反動が大きくなってしまうので、貯金につながらないことも多く、無理な貯金はしないことが賢明です。

心にゆとりを持てる生活をすることで無駄な出費も少なくすることができるので、無理をなくして貯金の額を増やしてみましょう。夏は部屋にずっといると冷房の費用がかさんでしまうので外出しようと考える人もいますが、外出することによってかかる費用を考えたら、一日中部屋にいて冷房をかけていたほうが安くすむといったこともあります。

出かけようと考えていた費用を貯金にまわして、部屋で充実できる方法を考えてみても良いでしょう。

定期預金よりも投資信託・株で

貯金を効率良くしていきたいと考えた時、今ある預金を定期預金で貯金していこうと考える人も少なくないでしょう。使う予定のないお金であれば、普通預金で貯めていくより定期預金のほうが利率が良いからです。

ですから定期預金をできるだけ利率の高い銀行に預けるのも良い方法です。定期預金は信用性や安全性から都市銀行や利用率の高い銀行の定期預金を選ぶ人もいますが、都市銀行よりもネット銀行や地方銀行のほうが利率が良い場合があります。

定期預金は長く預けていくものですから、普段使っている銀行ではなく定期預金専用の銀行を探してみても良いでしょう。しかしながら、今は低金利の時代ですから定期預金で預けたところで利子はほんの少しです。

ですから効率良く貯金するにもあまり魅力的なサービスともいえないでしょう。なので、投資信託や株などの投資にチャレンジしていくという方法もあります。投資信託や株は元割れをしてしまうリスクもありますから確実に貯金していきたい人は避ける場合もありますが、少額の投資であれば損する額も少ないのでリスクも少なくなります。投資信託の場合は毎月少額を積み立てていく方法もありますし、積立貯金のように楽しんで利用していくことも可能です。

また、株は株主優待といった儲ける以外の楽しみもあるので良いです。株主優待のある株を買えば、優待品が届くというお楽しみも得ることができます。ネットショッピングなどのお届け物に興味がある人は魅力的な優待品を探すことでネットショッピングの購買意欲を減らすこともできるので良いです。投資信託も株も始めるには勉強が必要になってきますが、知識を積むことで効率の良い貯金につなげることもできるので、定期預金をするほどの余裕資金がある人は、投資にも目を向けてみましょう。

先取り貯金で無関心貯金

貯金は意識していないとできないものですが、意識しすぎてもできないものです。意識しすぎてしまうとお金を使えないのがストレスになってしまうので、こうした浪費癖があるような人は意識するよりもむしろ貯金に無関心になることで貯金を増やしていくといいでしょう。

お給料が支払われると同時に貯金したい額が自動的に貯金用の口座に移動されるなど、機械的に貯金ができるように登録しておくと便利です。自分でお金を移動させるのではなく、自動的にお金を移動させることで貯金に無関心になることができるのでストレスにもなりません。

いつの間にかお金が貯まっていた、という嬉しい結果になることも多いので良いでしょう。先取り貯金はあればある分だけ使ってしまうという人に良い方法ですし、あらかじめ貯金したい額が引かれた状態で生活していけばいいので楽ちんです。

貯金を意識しながら生活しようとするとストレスになってしまう人にも良い方法でしょう。

まとめ

貯金できる方法はいくつかありますが、収入もライフスタイルも人それぞれ違いますから、自分にあった方法を独自で見つけていくことも必要です。お金の運用を楽しめる人であれば投資信託や株も良いですし、難しい貯金方法は苦手だという人であれば、自動的に貯金することができる先取り貯金も良いでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*