貯金ができない人の特徴と、貯金をするための習慣づくりとは?

スポンサーリンク

貯金ができない人の特徴とは?

貯金ができない人には共通した特徴があります。その一つが「貯金習慣がない」ということです。お金はあれば使いたくなるものですから、貯金をするといった習慣がないとそもそも貯金はできようがないのです。 またお金にルーズな人も貯金ができない傾向が強いことはポイントでしょう。お金にルーズだとお金を貯めていくといった習慣も持ちづらくなります。このように貯金ができない人には共通した特徴がありますから、当てはまるようであれば見なおしてみる事が大事です。

貯金ができない人にならないように

貯金ができなくなってしまうとそのスパイラルから抜け出すことは一気に難しくなります。だからこそ、貯金ができない人にならないように気をつけておきたいことがあるのです。友人などからお金を借りる癖がある人は注意しておきたいものです。お金を借りる癖があると「お金を貯めておかなくても大丈夫、友人から借りればいい」といったような考え方につながりやすいのです。お金を借りる癖があると、借金まみれになってしまうということもあります。だからこそ、こういったお金を借りる癖がある人はそれを改めていくことをまずは初めて見ましょう。

貯金の重要性を再確認

貯金ができない人の場合、「貯金しなくてもなんとかなるだろう」「貯金なんてすぐに貯まる」といったように貯金を軽んじていたりすることが少なくないのです。まずはこういった思考を変えるためにも、貯金の重要性を再確認しておくことが大事です。そもそも貯金は「将来お金が必要になった際の予備資金」です。将来何が起こるのかは誰にも予想できません。急に仕事をクビになるということもありますし、怪我をして働けなくなってしまうこともあるでしょう。また、子供が事故を起こして示談金が必要になるといったこともあります。こういった際に備えておくためのお金が貯金なのです。また、貯金があることで精神的にも余裕ができます。貯金がないと給料日ばかり気にしたりしてしまいますが、貯金があれば「何とかなる」といった余裕が持てるのです。このように貯金は大変大事なものなのですが、貯金の重要性を認識するために「お金を一日だけ全く使わない」ようにしてみるのも良いでしょう。こういった体験をすれば以下に現代生活がお金で成り立っているかがよくわかり、お金の大事さ=貯金の重要性が確認できるのです。こういったことは思考をドラマティックに変えるためにもオススメしておきたいことです。

貯金計画を建てる

貯金をしっかりと貯めていくためには何よりも計画性が大事です。貯金を貯めるのには意外とエネルギーがいるものですが、しっかりとした計画があれば「貯金しよう!」といったやる気も湧いてきます。そんな計画をたてる際にはまずは最終目標貯金額を建ててみましょう。「一年で100万貯める」「10年後には1000万円の預金口座を持つ」といったようにタイムスケールはそれぞれでいいですが、この際に大事なのが「貯金をしてどうしたいのか」を明確化することです。例えば「貯金を100万円貯めて世界旅行に行く」といったように貯金に意味があると貯金もしやすくなりますし、貯金をするのが楽しくなるでしょう。この最終目標貯金額を定めたら次にしたいのが月の支出と貯金額を決めることです。月にどれくらい使っているのか把握していないといった人は、一度ここで自分の生活を見なおしてみると良いでしょう。また、一旦貯金をしだしたら月に一度は貯金計画を見なおしてみる事が大事です。思ったより貯金目標額が多いと感じたら減らしてみるのも良いでしょう。貯金で大事なのは何よりも「継続」ですから、余りストレスになりすぎて貯金が苦痛になりすぎないように気をつけましょう。

どうしても貯金ができないならば

人によっては「どうしても計画が守れない」といった人も居ます。そんな場合には定期預金を利用してみるのも良いでしょう。給料を直接定期預金口座に振り込んでもらえば、強制的に貯金をためていくことができます。とはいえ、定期預金口座はものによっては解約が難しいものもありますから、気をつけましょう。また、貯金のお金は家族に管理してもらうといったことも良いでしょう。

このように貯金は大変大事なものです。先述したように貯金は計画性が大事ですから、まずは計画をしっかりと立てて貯金に取り組んでみてください。あなたの貯金ライフを応援しています。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*