節約家計簿を導入する為に知っておきたい5つのポイント

スポンサーリンク

節約家計簿とはなにか?

そもそも節約家計簿とは何なのでしょうか。節約家計簿は、ただの家計簿と違い、節約を目的とした家計簿です。つまりしっかりと節約して貯金するという目的意識が持った家計簿の付け方のことなのです。お金というものは、収入と支出のバランスを考えなければ、湯水のように出て行ってしまうのです。実際に貯金通帳や自分の財布の中身を覗いて、いつの間にかお金が減ってしまっていることに驚きを覚えた経験をされた方も多いのではないでしょうか。お金を支払う機会というのは、書き出していくと実はかなりたくさんあります。家賃の支払い、電気代の支払い、ガス代の支払い、水道代の支払い、子供の塾の費用、子供の給食費、毎月の食費、交際費、ざっとあげただけでもかなりの種類の支出があるのです。これらの支出を、頭の中だけで記憶して管理するというのは現実的では無いですよね。だから支出にしっかりと歯止めをかけるためにも節約家計簿は必要となるのです。

節約家計簿はなぜ取り入れるべきなのか

多くの主婦たちが、節約家計簿を家計の管理に導入しているわけですが、なぜ節約家計簿は取り入れるべきものなのでしょうか。それは家計管理をしやすくする為です。お金の流れは、どうしても節約家計簿に記載して可視化しなければ見えなくなってしまいがちです。最近はコンビニやネットショッピングが簡単に出来るようになったことで以前より支出の機会も増えてきています。買い物がしやすくなったっていう事はそれだけ衝動買いをしてしまう機会が増えた事でもあります。衝動買いそのものは、決して悪いことではありません。なぜなら衝動買いをしたときに、本当に自分にとって必要なものを購入できる場合もあるからです。しかしながらそれが続いてしまうとお金を管理しきれなくなってしまいがちなのです。だからしっかりと節約家計簿でお金を可視化して管理しなければ、管理しきれなくなる可能性が高いのです。

多くの人が節約家計簿をはじめる理由

節約家計簿は、多くの人が導入しているわけですが、ではどういった理由でお金の管理を始める人が多いのでしょうか。それは先ほどもお伝えしたように、自分自身で、自分自身のお金を管理しきれなくなっている、と気がついた人から節約家計簿を導入しているのです。お金は、収入に余裕があるうちは、積極的に間にしようという気持ちになかなかなれません。特に独身で実家暮らしなど、比較的お金に不自由のない暮らしができる期間が長い人ほど、お金を管理するという意識にはなりにくいのです。しかしながら、多くの人が、結婚や出産によりその感覚は変わっていきます。なぜなら、夫婦が何も考えずにお金を使っていたら、家にお金がたまらないという現実に直面するからです。また子供に関係する、学費や習い事などの出費の多さに気がつき、節約家計簿をはじめる人も少なくないのです。

節約家計簿はどのようにはじめたら良いのか

では節約家計簿は一体どのようにはじめたらいいのでしょうか。節約家計簿を始める場合は、まずはノートに毎月の収入と、毎月の支出、そして銀行残高、まずはそれを記録することから始めましょう。もしくは最近は家計簿管理のアプリも充実しているので、スマートフォンでそういったアプリをダウンロードして家計簿管理を始めることを1つです。いずれにせよまずは、お金を記録する、お金を管理する習慣をつけましょう。そしてもう一つ大切なことがあります。節約家計簿は毎日つけることができたら、それが理想的ですが忙しい毎日を過ごしていると、毎日しっかり記録する事は簡単なことではありません。だから何に対して出費したのかを、後から振り返ることができるように、レシートや領収書はしっかりと保管しておきましょう。まずは難しいことを考えずに、これらのことを意識することが節約家計簿管理のスタートとなるのです。

節約家計簿導入における5つのポイント

ここからは節約家計簿導入における5つのポイントについて紹介します。先ほどお伝えした内容も含まれますが、家計簿管理を始める場合は以下の5つのポイントに注意しましょう。

1.毎月の家計簿をつける
2.レシートはしっかり保管する
3.毎月の振り返りを次月に活かす
4.無駄使いを発見したら家族と共有する
5.楽しみながら取り組むこと

このポイントの中で忘れてはいけない事は、毎月の振り返りを次月に生かすことです。節約家計簿の目的は、ただお金を管理することではなく、節約が目的であることを忘れてはいけません。先月どの程度のお金を使ったのか、それを客観的に把握することで、何の買い物が無駄だったのか、それを明確にすることができるのです。そういった反省を次月に生かすことで、家族全体の無駄な支出を減らすことが可能となり、結果として貯金が貯めやすくなるのです。そしてもう一つ、この節約家計簿の管理は継続しなければ意味がありません。継続するためには、この家計簿管理そのものが苦痛になってはいけないのです。お気に入りのノートを使うことや、節約家計簿の振り返りを、夫婦のコミュニケーションの時間にするなど、楽しみながら取り組める仕組み作りも考えなければならないのです。

まずは簡単なところから、節約家計簿をはじめよう

ここまで節約家計簿を導入するための5つのポイントについてお伝えしましたがいかがでしたか。

節約家計簿をしっかりと導入することができれば、自然と無駄な支出を減らすことができて、家庭の中にお金を残しやすくすることができます。それに最近は、簡単に家計簿を管理できるアプリも充実してきているので、共働きの家庭でも家計簿管理は難しいことではなくなりました。あなたがもしお金の管理に自信がない場合は、まずは日々の収入と支出の記録をつけることから始めてみてはいかがでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。