節約の超基本!食費を減らすための超カンタンな3つの方法

スポンサーリンク

調味料は自分で作る

毎日の献立に頭を悩ます人は多いものです。ですが、そんな献立の悩みを簡単に解決してくれるのが調味料の素です。中華の素や和風料理の素など、レトルトやチューブタイプのものがたくさん販売されていることで献立に悩まなくなったという人もいるでしょう。食材と合わせるだけで簡単に1品料理ができてしまうことが多いので、忙しい時のお助けにもなります。
ですが、こういった便利な献立調味料も買いすぎると費用がかさんでしまいます。特に使いきりのものではなくチューブタイプになっているものは使いすぎたり、使いかけのまま冷蔵庫で放置してしまうようなことも少なくありません。
一つ一つの費用を考えるととても大きな出費になっていることもあるので、買うもの・買わないものを一つ一つ選別してみるのも良いです。調味料の素によっては自分で簡単に作れるものもありますし、たいして複雑な味ではないのに値段が高いものもあります。
片栗粉でとろみをつけたりしなければならないような中華料理の素などは購入したほうが効率的にも良いことがありますが、和食料理の素などは単純に基本のしゅうゆ、だし、みりんなどを合わせるだけで作れてしまうことも多いので購入を考えてみましょう。
料理の調味料は自分で作るようにすると食費も減らせる場合があります。

冷凍をうまく活用する

食費を減らすために購入する食材を減らしたり、食べる量を減らしたりすることはよくあることですが、減らしてもお腹の空腹を我慢することができない場合があるので、結局食費の節約にはつながらないことがあるでしょう。食事の食べる量を減らしても、物足りないと感じてしまえば間食やおやつで満たしてしまうこともあるので注意です。
ですから食べる量は変えないで、計画的に食べ物を食べる習慣を身につけるようにもしましょう。そうした計画的に食べる習慣を身につけるために良いのが冷凍保存をうまく利用するということです。

冷凍はたくさん購入した食材を無駄なく使うという意味でも良いですが、計画的に食べるという意味でも良いです。冷凍されていることで賞味期限を気にすることなく消費することができるので、あわててたくさん食べてしまうということもなくなるでしょう。また、冷凍していることで、「食べたい」と思ったときにすぐに食べてしまうということを防ぐことができます。
冷凍してある食材はしっかり自然解凍するまでにある程度の時間がかかりますから、前もって解凍しておかないとおいしく食べられないというデメリットがあります。レンジやトースターで即時に解凍する方法というのもありますが、味が落ちたりすることもあります。
特にケーキなどのスイーツ系はゆっくり自然解凍することで美味しく食べられることがほとんどです。冷凍をうまく活用することで食材を無駄なく使うことができますし、また欲求のままに食べてしまうような生活を変えることもできるでしょう。
計画的に食材を使うことは節約につながります。

大量買いはしない

食費を減らすためにやってしまいがちなのが大量買い・まとめ買いです。安い時にたくさん買って小分けしておけば最終的にお得になると考える人もいますが、この方法はうまくいかない場合もあります。

大量買いやまとめ買いしてしまうとその分たくさん使ってしまうということもあるので、節約にはならないことがあります。また、まとめ買いや大量買いしてしまうと保管しておく場所にも困るため、早めに使い切りたいという衝動にもかられることがあります。
ですから予想外にたくさん食べてしまう結果にもなってしまいがちです。うまく計画通りに使い切る自信がある人でない限り、まとめ買いや大量買いは避けたほうが良いでしょう。そしてお菓子や嗜好品であれば、まとめ買いしたことによってついついつまんでしまうこともあります。ですから一日に食べる量はこれだけ、といった決まり事を作っておくのも良いです。

まとめ

食費を節約したいのであれば、食事の量を減らしたり空腹になってしまうことは避けるようにしましょう。空腹になるということはストレスにもなるので、長続きしません。ですから食べる量を減らすのではなく、購入する方法、食材をうまく使いこなす方法などを考えて節約していくようにするといいでしょう。また、食費の節約は一気に大きな金額を減らそうとするのではなく、期間をかけて徐々に減らしていけるようにするといいでしょう。
そのほうが節約が自分の中で当たり前になってくるので、続きやすいでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。