食費だけは何とか節約したい人のためのテクニック集

スポンサーリンク

食費を節約する前に

節約というと、何でも切り詰めればよいと考える方が多いようです。しかし、そうではないのです。最初にすべきは、今現在、自分がいくらロスをしているかです。例えば、冷蔵庫の中で消費期限が迫っている調味料や食材がある、安いものを買ったつもりでも、これは損になります。

また、気が付いたらコンビニによって甘いものやスナック菓子、ジュースなどを買ってしまう、これもロスです。コンビニはやや単価が高いのです。店を選んで買うようにするだけで大分無駄が省けます。数十円でも毎日出費をしていたら、1年でかなりの損失になります。そこは確認しましょう。

食費の節約は計画次第

今現在、食費に使える費用は幾らぐらいか、最初に予算を組んでみましょう。そこで、その何割かを主食であるお米、小麦粉や乾麺の類に割り当てます。後は、油、みそ、しょうゆ、塩、砂糖、酢など調味料に割り当てます。これらは地域によって、味の好みが違います。出汁もカツオ、煮干し、昆布、中華出汁、ブイヨン等様々です。極端な話、こういうものがあれば、余った野菜でお好み焼きやスープ、炒めものが作れます。桜エビや干しシイタケ、ヒジキ等乾物や缶詰の類も安いお店でストックします。その代り、冷蔵庫は極力空にしておきます。冷却効率の問題です。

食材は、1週間分を見越して購入しましょう。自宅にいるときやお弁当の分を考えます。それで、献立を決めてしまってそれにのっとって料理をしていきます。その場で考えるとあれもない、これもないとまた買い出しに行くことになりますから、決めておくと時間短縮になります。

光熱費や調理器具も食費の節約につながる

水道光熱費も調理をする時には気になるものです。電子レンジ、少し小ぶりの手鍋、小さなホットプレート、これだけで大体の食事は作れます。焼く、蒸す、煮る、揚げるという手順を料理ではしますが、この時、ガス点火を何回もしてしまうと、それだけ費用が掛かります。野菜の下ごしらえはその時使う野菜を一度にグラタン皿に入れて水を張って上にラップと落し蓋をしてしまう、これで調理にかかる時間も少なくなります。揚げ物をする時には専用の鍋ではなく、油に強い素材の鍋にひたひたに油を入れてその中でくぐらせるようにしてあげます。中の火の通りが良くない場合は下ごしらえをやはりしておくのです。使う油の量がぐっと少なくなります。ひとつ用意しておくとよいのが土鍋です。蒸すための道具もセットできますし、ご飯を炊くこともできます。いざとなったら冷蔵庫の残り物で鍋にもできます。節約にはもってこいです。

ひとり暮らしの人のための食費の節約の仕方

ひとり暮らしの問題点は自炊をしようとしても食材が残ることです。ここは作り置きと冷凍を上手く利用しましょう。弁当男子、デコ弁がはやっていますが、下手な作り方をしますと、費用がうなぎ上りになります。作り置きをしておくといつでも美味しいご飯が食べられますよ。

特にしておくとよいのは、サツマイモ、ジャガイモ、カボチャなど、冷凍がしにくいでんぷん質のものをマッシュにして冷凍してしまうことです。大きくて食べきれない時には有効です。潰して冷凍しておけば、野菜や果物に混ぜてサラダにする事も出来ますし、コロッケなども作れます。

このあたりは床に転がしておいても日持ちがする野菜ですのでとりいれましょう。ホウレンソウ等は元々冷凍のものを使ってもよいでしょう。カットしてあるので使いたい時だけ使えますし、栄養価も旬の時のものなので、頼りになります。餃子等も作って冷凍しておくと、お客さんが来た時鍋の具にしたり、つまみにしたりできます。

ビールやワインが余ってしまった時には、豚肉や牛肉を煮ておきましょう。柔らかくなって、サンドウィッチの具やラーメンの具に使えます。煮物は細かく刻んでおにぎりに混ぜても大丈夫です。出汁類を扱うのが面倒な場合は昆布茶で代用できるものも多いです。安く手に入るもので手早く調理をすることが時間と食費の節約になります。

食費の節約には、メリハリが必須

ずっと切り詰めていたら、ストレスが溜まって他の部分で出費してしまったということもあります。特に女性にとって買い物は何よりもの楽しみです。月に1度好きな菓子店で、何か買って自宅で食べるという楽しみも必要です。付き合いもありますから、数パーセントは交際費と食費を兼ねて積み立てておきましょう。クーポンなども上手に利用したいものです。これで随分と安くなります。節約とケチは違います。レシート等をチェックしてその商品を買った事で得られた満足感が出費した金額に見合うか手帳などに書いておきましょう。自分の消費傾向が分かります。

まとめ

食費の節約といっても家庭環境、構成員は様々です。合う方法は人によって大きく異なります。大切なのは、貯蓄等の目標を設定しておくこと、周囲の理解を得ること、無理に食事を抜くなど極端なことはしないことです。しぶしぶ家計管理をしてもストレスになるだけです。自分の身の丈に合った食費の算出をしていきましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。