これから貯金を始めるなら!おすすめしたいja貯金 の魅力

スポンサーリンク

ja貯金とは?

ja貯金はjaバンクが提供している貯金商品のことで、普通貯金・貯蓄貯金・定期貯金・定期積金の主に4つの種類があります。ja貯金はなんといってもその規模が大きいことが特徴であり、支店も多いので使いやすいことも人気の理由です。
 ja貯金も最近では色々なサービスを展開していることもあり、「古臭い」といった感じもありません。むしろ、拡大を続けている今だからこそ、このja貯金は利用してもらいたいものなのです。

ja貯金ならではの魅力を知ろう

このja貯金には他の銀行の貯金制度にはない魅力が色々あります。そんな魅力の一つが無料で使えるATMでしょう。jaバンクのATMは終日手数料が無料であり、手数料を気にせずに何度でもお金を引き出すといったことができます。
 とはいえ、「手数料が無料なのは決して珍しくない」と思う人もいるでしょう。そんな人に知ってもらいたいのがATMの台数です。なんとjaバンクのATM数は10万台近くあり、全国で気軽に利用することができるのです。銀行によってはATM手数料が無料でもそもそものATM台数が少なくて利用しにくいといったこともありますから、この利点は大きいものでしょう。また、ATMもキャッシュカードで簡単に利用することができますから、気軽に使っていくことができます。
 手数料が安いということはja貯金の一つの利点なのですが、加えて他の銀行でja貯金を利用した際にも手数料が安く済むことも知っておきましょう。たとえばセブン銀行や三菱UFJ銀行などであれば、平日日中の時間帯での出勤やサービス料金がかかりません。こういった利点は他の銀行にはないもので、他の銀行のATMを使っていく際にもお安く使っていくことができるのです。

ja貯金の種類についてもっと知ろう

 ja貯金には普通貯金・貯蓄貯金・定期貯金・定期積金がありますが、その中でも特徴的なのが貯蓄貯金でしょう。貯蓄貯金はいつでも預金の出し入れが化膿であり、加えて普通貯金よりも金利が高いといったメリットが有ります。そのため、手軽に始められる貯金として利用してみるのも良いでしょう。また、定期積金についても知っておきましょう。定期積金は毎月決められた額を積み立ててくれるもので、積立期間も自由に選べます。定期貯金と似ていますが、ja貯金の定期貯金は確定利回りであることがその違いでしょう。このように色々な貯金商品がありますから、自分にあったものを選んで使っていくことが大事です。

キャンペーンを有効利用しよう

ja貯金を利用する際に活用したいのが各種キャンペーンです。ja貯金は各種手数料キャンペーンなどをしょっちゅう行っており、こういったキャンペーンを行っている際に貯金口座を開設するなどすることによってより便利にja貯金を使っていくことが出来るようになります。キャンペーンは短期の物が多いですから、これからja貯金を利用してみたいといった人はホームページを定期的に確認して便利に口座開設などができるチャンスを狙ってみましょう。
 特にこういったキャンペーンは定期貯金を開設する際にはチェックしておきたいものでしょう。ja貯金は定期貯金の金利を高くするなどのキャンペーンを良く行っており、より有利な金利で貯金をしていくことが出来るようになります。これは長期的に定期貯金をしてみたいといった人ほど知っておいてもらいたいことで、他の銀行よりも遥かに有利な金利でお金をためていくことができます。

ja貯金は地域密着型サービス

ja貯金の特徴として押えておきたいのが”地域密着型のサービス”であるということです。他の地域銀行や都市銀行と違って、どの地域でも利用できますから、引っ越しなどをしても簡単に同じ感覚で利用していくことができます。これは大きな利点であり、引っ越しや転勤が多い人にとってja貯金は最適な選択肢の一つになるでしょう。また、地域ごとの取り組みもよく行っていますから、地域と関わりを深めたいといった際にもこのja貯金はおすすめです。

まずはjaバンクに行ってみよう

このようにja貯金は魅力的なのですが、口座開設の際にはjaバンクに行ってみることが欠かせません。店頭に言ってみればより詳しい内容を聞くこともできますし、疑問点も解消できるでしょう。とはいえ、jaバンクは時間帯によってはかなり混むこともありますから、空いている午前中の時間帯などを選んでいってみることをおすすめします。

貯金は将来に備えるためにも大事です。ja貯金であれば便利に貯金していくことができますから検討してみるのも良いでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。