これさえ出来れば一人暮らしでも大丈夫!誰でもできる3つの貯蓄術

スポンサーリンク

毎月の固定支出を見なおそう

まずは、毎月の大体の支出額を計算してみましょう。
一人暮らしで必要な出費には、
・家賃
・水光熱費
・通信費
・食費
・交際費
・その他嗜好品など
こういったものが挙げられます。

これらの中で、毎月の固定費用をあらかじめ把握し、
それ以外で節約できるところは節約することがポイントです。

たとえば家賃、水光熱費、通信費は
毎月おおよそ一定の金額となるため、
予想がつきやすいと思います。

ただし、水光熱費や通信費は節約可能です。
電気代については、こまめに電気を消す、
使用していないコンセントは抜く、と心がけるだけで
大幅に節約できます。

通信費に関しては、携帯の料金形態を見直し、
プランを変更した方が安く済ませられるのであれば、
携帯代のプランを変更することを検討しましょう。

こうした毎月の固定支出を把握しておけば、
毎月自由に使えるお金がわかり、
それ以外のお金を貯金に回すことが出来ます。

自炊をしよう

やはり、一番の支出は食費です。
一人暮らしの節約術は、
食費をいかに抑えるかにかかっています。

特に外食の頻度が高くなると、
食費は自然と高くなってしまいます。

食費を節約するためには、
まずは自炊を心がけましょう。

自炊のポイントは3つです。

1つ目は、お昼ごはんはなるべくお弁当をつくることです。

お店でランチを食べると1回で1000円程度、
安い定食屋さんやコンビニで購入しても、
最低500円くらいはかかってしまいます。

しかし家でお弁当を作っていけば、
かなり低コストに抑えることが出来ます。

もしお弁当を作る時間がないとしても、
おにぎりだけは前日に作っておいて、
おかずだけ購入する、とするだけでも節約になります。

2つ目は、外出の際は水筒を持参することです。

水やお茶を購入しても120円くらいで、
そこまで大きな出費にはならないと思われるかもしれません。

しかし、毎日購入するとなると
かなりの支出に繋がります。

3つ目は、冷凍する習慣をつけることです。

たとえば白米です。
食べる時に必要な量だけ炊くと、
それだけ電気代がかかってしまいます。

白米は一度にたくさん炊いて、冷凍しておけば
次に食べるときに電子レンジで解凍するだけです。

また、野菜やお肉についても、
まとめてたくさん購入したほうが単価は安くなります。

野菜は一度火を通して冷凍し、
お肉は一度に食べる分ずつ分けて冷凍することで、
次に調理する際に簡単に使うことが出来ます。

また、冷凍することで長期保存が可能となり、
食材を傷ませる心配もありません。

こうして食費を抑えることで、
毎月の支出額をかなり低減させられます。

銀行口座は2つ用意する

みなさんは銀行口座をどのように利用していますか?

生活用にお金を引き出す口座と毎月の給料の口座、
貯金用の口座は全て一緒に
まとめているという方は多いのではないでしょうか。

実は銀行口座の使い分けが
節約術に大きく繋がるのです。

まず、生活用の口座と貯金用の口座を分けましょう。

生活用の口座は、
・水光熱費や家賃の引き落とし
・毎月の食費・交際費
など、主に生活する上で必要となる支出のための口座です。

給与については、生活用口座に振り込まれるようにして
良いと思います。

給与のための口座を設定すると、
給与を生活用口座に移すことに徐々に慣れていき、
お金を引き出すことに抵抗がなくなってしまいます。

大事なのは、生活用と貯金用を分けることです。

生活用口座には最低限のお金だけを残し、
余った分は貯金用の口座に移しましょう。

そして貯金用の口座からは絶対に引き出さない、
これを徹底します。

もし、知人の結婚式や旅行といった
大きな出費が必要となった時も生活用の口座から使います。

結婚式や旅行などは、いつ行われるか前もって分かるはずです。
その時には生活用の口座に少し多めに貯めておくことで、
急な出費にも困らずにすみます。

また、銀行の「自動積立定期預金」を利用しましょう。
これは毎月決められた日に、一定の金額が
定期預金の口座に積み立てられる仕組みになっています。

これを利用すれば、自分で貯金出来ない人でも
毎月確実に貯蓄を増やすことが可能です。

自動積立定期預金は、いま持っている口座の銀行で手続きを行えば、
誰でも簡単に申し込むことが出来ます。

今日から貯金を始めてみよう!

ここまでで、一人暮らしでもできる
貯蓄術について3つご紹介しました。

どの方法も、これまで習慣がなかった人でも
今すぐ実践できる簡単な方法です。

また、貯金に精を出すためには目標を持つと良いでしょう。
将来家を買いたい、海外旅行に行きたい、など
大きな目標を立てることで頑張ることが出来ます。

ぜひ、今からでも挑戦してみてください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。