1ヶ月10万円生活! 実践的一人暮らしの節約術

スポンサーリンク

3万円のマンションに引っ越してみよう

節約ときいて、まっさきに食費を思い浮かべるひとが多いかもしれません。
しかし節約においてはまず家賃を見直すことが重要です。
一人暮らしをする上で、一番大きな生活費といえば家賃でしょう。お給料の3分の1が家賃の目安だとよくいわれますが、これを少しでも抑えることが大きな節約となります。
たとえば、現在6万円のマンションに住んでいるとして、3万円のマンションに引越しします。これで年間32万円の節約になります。引越しの初期費用を考えても赤字ということはないでしょう。
東京都内でも都心や駅から離れれば、3万円の賃貸物件は結構あります。通勤の交通費は増えるかもしれませんが、多くの勤め先では交通費が支給されますので、節約の観点からすると家賃を抑えることはとても効果的です。

家賃を安く探したい場合は、祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸-東京6万円以下専門店【部屋まる。】で探すのがオススメです。

格安スマホに乗り換えよう

いまや現代人の必須アイテムとなったスマートフォンですが、大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)におけるその平均月額料金は6500円ともいわれており、これを高いと感じるひとは少なくないでしょう。格安スマホに乗り換えることで、およそ3000円程度この料金を抑えることができます。
格安スマホは大手キャリア以外の通信事業者(MVNO)と契約して使用するスマートフォンのことをいいます。MVNOと契約するとSIMカードが自宅に送られてきます。これをスマホ端末に入れて使用します。格安スマホでは、利用頻度によって契約プランが細かく分かれており、より自分に合ったプランを選ぶことができます。普段、あまりスマホを使わないといった一人暮らしのひとであれば、さらに料金を節約することができるでしょう。

そんなに詳しくないという方は、au回線を使用した(auと同じスピード)【UQmobile】がオススメです。

契約アンペア数をチェックしよう

毎月ポストに投函される電気検針票をチェックしてみてください。
そこに記載のある契約アンペア数によって電気の基本料金が変わります。
契約アンペア数は、使用できる最大電気量を示しています。エアコンをつけて、電子レンジをセットし、ドライヤーのスイッチを入れたらブレーカーが落ちたといった場合、契約アンペア数が不足しているということになります。
一人暮らしが快適に過ごせるアンペア数は30Aとされていますが、節約するなら20Aでも十分に生活ができます。30Aの基本料金は840円前後、対して20Aでは560円前後となっており、月額およそ280円の節約になります。契約アンペア数の変更は電話一本、無料でできます。ただし、基本的には年間契約となっているため、エアコンをたくさん使う夏だけ20Aにしよう、といったことはできないので注意が必要です。
また最近話題の電力自由化に伴い、新たな電気販売会社を比較検討するのも有効でしょう。

「でんくまくん」は現状計測と最も効率的な電力の使用方法の診断までが
無料の最適電気料金プラン診断サービスです。

ガスの種類と水道利用4つのポイントに注意しよう

ガスについてはまず引越しのときに注意が必要です。
一般にガスは2種類に分けられます。都市ガスとプロパンガスです。
見分け方は簡単で、外にガスボンベがあるかどうかで確認できます。
都市ガスとプロパンガスでは、都市ガスのほうが圧倒的に安いです。地域やガス会社によっても変わってきますが、一般的にプロパンガスは都市ガスより1.1~2.2倍ほど高くなっています。よって引越しの際は、できれば都市ガスが使える物件を選ぶとよいでしょう。
水道については4つのポイントを意識すればその費用を抑えることができます。
4つのポイントとは、炊事・風呂・洗濯・トイレです。
一人暮らしであっても、食器を洗うときには水を流しっぱなしにしない、シャワーの時間を短くする、トイレの大小レバーを使い分ける、一度の洗濯物を適量にする、などを意識して、水の使用量を少なくすることが大切です。
また光熱費の支払方法では、口座引落の割引かクレジットカードのポイント還元で、さらに節約することができます。

楽天カードなら年間費無料でCMでもやっている通り、ポイント還元率が非常に高いので、もしまだ楽天カードを持っていない方はこの際に作っておきましょう!

食費の管理にはカレンダーを使ってみよう

たとえば、一人暮らしの食費を1ヶ月2万5000円、1日約800円に設定し、月の初めに銀行から3万円を引き出してお財布にしまいます。その内訳は、食費2万5000円、予備費5000円です。
月初にカレンダーの片隅に「+5000円」と記入します。そして、その日お財布から出ていった総額と800円との差額を計算して「+5000円」にプラスマイナスした額のみを日付の欄に書き込みます。たとえば、4月1日の支出が700円であれば、800円-700円=+100円なので「+5100円」、4月2日の支出が1000円であれば、800円-1000円=-200円なので「+4900円」と書き込んでいきます。
このカレンダー記入方式では、費目分類がないぶん家計簿よりも簡単で、節約状況が「基準額±○○円」と具体的な数値として把握しやすく、日々ゲーム感覚で楽しみながら節約できます。

1ヶ月5万円,1ヶ月10万円生活を始めてみよう

今回、家賃3万円、携帯料金3500円、光熱費をまとめて1万円、食費2万5000円の合計が6万8500円となりました。ほかにインターネット、趣味、おしゃれや交際費に3万円使っても、10万円あれば1ヶ月生活できることになります。独立開業、起業、結婚資金や将来の夢のため、一人暮らしのあなたが節約するために少しでも参考となれば幸いです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。