意外な裏技とは?無駄を省いて上手に貯金をするコツ

スポンサーリンク

生活費の中での大きな出費を見直す

生活をする中で、最も大きな出費に家賃が挙げられます。現在、借りている部屋の家賃が高いと感じる場合には、より安く借りることができる物件に引っ越すことで、多く支払っていた家賃から、一定の金額が浮くことになります。家賃は、ずっと支払う必要があるものなので、家賃の中から、一定の金額を浮かせることができれば、毎月、定期的に無理をすることなく貯金をすることができます。

住まいは、生活の大切なベースとなるため、家賃が安いということだけで物件を決めてしまうと、後悔してしまうこともあるので注意が必要です。現在、支払っている家賃の中から、5千円~1万円程度、安い物件を見つけるのがコツです。現在は、インターネットを通して、物件に関する様々な情報を入手しやすくなっています。徹底的に情報を比較して、居心地の良さを大切にしながら、できるだけ安い物件を探すと良いでしょう。

不要品をお金に変える

自宅を整理することで、日常であまり使っていない品物が多数見つかるかもしれません。電化製品や衣類など、中には箱から出していないというようなものもあるかもしれません。このような場合、リサイクルショップなどに不要なものを売ることで、無駄なものをお金に変えることができます。

リサイクルショップの中には、未使用の品物だけではなく、中古品の買取りをしているところがあります。また、身近な場所にこのような店舗がなければ、出張買取りや郵送などにも対応しているところがあります。

不用品などはオークションを利用して売ることもできますが。郵送や支払いなどのやり取りに手間や時間がかかる場合があります。まとめて様々なジャンルのものを売りたい場合には、リサイクルショップを利用する方が、不要品をまとめて処分することができて、時間や手間もかかりません。

現在は、不要なものを捨てることでもお金がかかってしまう時代です。しかし、不要品をゴミとして処分するのではなく、売ってお金にすることで、その分を貯金に回すことができます。不用品で利益を上げようとするのではなく、無駄な手間が省けてお金になったというくらいの気持ちでいるのがコツです

支払い方法を変える

現在は、クレジットカードでの決済に対応している店舗が増えています。また、公共料金などもクレジットカードで支払うことができます。現金ではなくクレジットカードで支払うことのメリットは、ポイントが貯まるという点です。

クレジットカードの中には、貯めたポイントを現金としてキャッシュバックしているサービスを提供しているところもあるので、このようなクレジットカードを利用するのがコツです。貯めたポイントを現金としてキャッシュバックすることができれば、その分を貯金に回すことができます。

同じ費用をクレジットカードではなく、現金で支払ったとしても、現金として還元されるサービスを受けることはできません。つまり、生活費の多くをまとめてクレジットカード払いにすることで、1ヶ月にかなりのポイントを貯めることができます。

さらに、クレジットカードの中には、提携店舗によって、ポイントが一定の倍率で多くつくこともあるので、効率良くポイントを貯めることができます。いつもの支払いでいつの間にかポイントが貯まり、現金として還元されるので、キャッシュバックされたお金を貯金することができます。

ATM手数料を見直す

1ヶ月の生活費の一部をお財布に入れて、残りは銀行に預けておく方が多いと思います。銀行に預けておくと、決められた時間帯でない限り、銀行からお金をおろすことで時間外手数料がかかってしまいます。また、出費が多くなりがちな休日も時間外手数料がかかるので、1ヶ月のうちにATMの手数料だけでもかなりの金額を支払っている場合があります。

ATM手数料を無料にするには、手数料が発生しない時間内に出金を済ませるようにするのがシンプルな方法ですが。銀行によっては、一定の取引状況によって、ATM手数料が無料になるところがあります。手数料が無料になる条件は、銀行によって違いがありますが。このようなサービスを利用することで、無駄な出費を省くことができます。

その都度支払っている手数料は、僅かな金額かもしれませんが、年間を通して計算した場合、かなりの金額になることがあります。手数料の無駄を省くことができれば、その分を貯金に回すことができます。

加入している保険を見直す

保険に加入しておくことで、いざという時に補償を受けることができるので安心です。中には、すでにいくつかの保険に加入されている方もいらっしゃるかもしれません。日常の中で、こまめに無駄を省くことが苦手という方であれば、貯蓄型保険に入るというのもひとつの方法です。

貯蓄型保険は、通常の保険よりも、掛け金がやや高い場合がありますが。一定の補償を期待することができる上に、貯金と違って、積み立てたお金を途中で引き出さずに済みます。定期預金に預けることでも、途中でお金を引き出さずに済みますが、これから保険に入ることを検討している場合には、貯蓄型保険を選ぶことで、効率良くお金を積み立てることができます。

保険を選ぶ際には、補償内容を良く確認して、無理なく積み立てることができるものを選ぶのがコツです。また、現在、加入している保険を見直すことで、不必要な出費を抑えることができる場合があります。保険の見直しの相談を受け付けているところもあるので、相談してみることで、無駄な出費を抑えて、その分を貯金に回すことができるかもしれません。

まとめ

貯金を始める前に、まずは生活を徹底的に見直すことが大切です。当り前のように支払っているものの中に、意外な無駄が見つかる場合があります。無駄を省くことで、不必要な出費を抑えることができれば、その分、無理をすることなく貯金をすることができます。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。