【あなたの貯金レベル、低くないですか?】~お金が貯まらないのは年収のせいではない!?貯金の仕方、今すぐレベルUP!~

スポンサーリンク

【お金が貯まらない理由、勘違いしていませんか?】

お金を貯めるたの根本的な方法は、大きく二つに分類できます。
一つは、何らかの方法で収入を大きくし、貯められる金額を増やすこと。
もう一つは、コストを削減して、お金を使う量を減らす方法です。

お金を貯めるのが下手な人は、この二つ、若しくはどちらかが苦手な人、ということになるのです。
既に年収が高いという場合は、コスト削減だけが苦手ということになりますから、その方法さえ学んでしまえば貯金額は増えるはずです。

コスト削減とは、いわゆる節約のことです。
収入を増やすのは大変だとしても、節約ならば今すぐ誰にでも始められるはずですから、色々な節約方法を知ることで効果が出てきます。

既に節約も十分に行っていて、コスト削減する余地がないという人は、収入を上げる方法だけを見つければ良いのです。
自分に足りないのがどちらなのか、しっかりと意識して方法を考えることから始めましょう。

【お金が貯まらない人の有効策とは?】

まず最初に、何のためにお金を貯めるのか目標を明確にし、期間を決めておきましょう。
これだけでも、漠然と貯めはじめるよりも早く結果が出ることになるはずです。
次に必要なのは、コスト削減の考え方を知ることです。
コスト削減(節約)のコツは、「支出の大きいものから見直す」ということで、収入を増やすことよりも優先して取り組むべきです。

一般的に、最も大きい支出は家賃になるのではないでしょうか。
家賃が1万円下がっただけで、年間で12万円のコストダウンになるのですから、とても大きな部分です。
空室率が上昇している地域は意外と多く、少し家賃が下がっても空室になるよりは良いと考えている大家さんは多いものです。
更新のタイミングなどに家賃交渉すると良いでしょう。

近年では、携帯電話の料金も馬鹿にできない支出だと思いますので、各社の料金やサービス内容をよく把握し、自分に合ったものに見直すことも有効です。
保険に入っている人は、保険の見直しも有効なコスト削減になることがあります。
年齢によって必要な保証は変化するものですし、保険に入った当時はよく内容を理解していなかったという人も多いのではないでしょうか。
無駄をなくして、必要最低限の保険内容にするだけでも月々の支払額が減らせる場合があります。

その他、タクシーの利用や外食を控える等、節約をした際に「つもり貯金」をしていくのも有効な方法です。
タクシーに乗ったつもり、ちょっと外食したつもりで相当額を貯めてみると、予想以上に貯まる人もいるかもしれません。
こうやって、コツコツと少しずつ積み重ねることで、貯められる金額を増やしましょう。

【貯金額を増やす方法をもっと深く考えよう!】

自分の意思が弱いと感じている人は、節約によって捻出したお金をつい使ってしまうという可能性が高くなります。
節約のルールを守れない人は、少し工夫してお金が貯まる仕組みを作ってしまいましょう。

例えば、一部の銀行には、定期自動入金サービスというものがありますので、これを利用するのも良いでしょう。
自分が貯められる額を設定しておくと、給与振込口座から強制的に指定口座に貯金分として引き落としすることができます。
また、将来に対する貯金であれば、積立型や年金型の保険を利用するのも良い対策です。
このように、お金を使いにくくするという工夫も貯金のコツの一つです。

使いにくくする工夫と同時に、お金を増やす方法を知ることも近道の一つです。
ブログ等を書いて広告収を得たり(アフィリエイト)、オークションサイトやライターの仕事等、ネット環境さえあれば手段は多様な時代です。
このように、様々な形態で個人が参加できる収入ツールが増えていますので、アンテナを高くしてチャレンジしてみるのも一考です。

多少のリスクを許容できるなら、投資をするのも良いでしょう。
リスク管理さえしっかりしていれば、銀行に預けているよりも配当利回りのほうが優れているケースはたくさんあります。
例えば、株価が大きく下がった際に優良株を取得し、その株の価値が将来上がれば、配当だけでなく元本まで増えることになります。
株だけではなく、円安が進んだときに備えて、貯金の一部を外貨にしておくという手法も検討の余地があるかもしれません。

【まとめ】

年収がアップする転職や出世は簡単にはできないものです。
だからこそ、今まで以上に節約する知恵や、副収入を得る知恵が必要になる時代。
ネット上には、その環境も整ってきました。
まずは、しっかりとコスト削減を行い、次に収入UPに挑みましょう。
個人の努力次第で、ある程度の収入を増やすことができるチャンスがあるのですから、挑戦しないのはもったいないことです。
小さな努力を重ねて貯金の仕方を改善し、目標を達成しましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。