貯蓄

保険で貯蓄するための行動5つ。保険商品を使って貯蓄をはじめよう!

保険を知ろう

保険の種類はたくさんありますが、お金の払い方はそれほど多くはありません。まず、皆様に身近なものが、『掛け捨て』と呼ばれるお金の払い方です。この形態は損害に関する保険に多い形態ですね。この言葉通り、『保険を掛けたらお金が戻ってこない』保険です。
次に、毎月一定のお金を払う『積み立て型』と呼ばれる保険です。生命保険や個人年金保険といったものを皆様は良く耳にすると思います。ここでご紹介させていただくのが、この保険商品を使った貯蓄方法です。毎日働いている方だと毎月無理なく始めることができ、一定の約束ごとさえ守れば、老後にリターンが得られるためおすすめしています。その注意点も含め、次の項目から説明させて頂くのでお見逃しなく!!

積み立て型保険貯蓄のメリット

『積み立て型保険』のメリットは、無理なく始められる点にあると考えています。月々の保険料は、私が見た中で最低額が2,000円強からでした。その金額を払いながら死亡保障を受け、満期には幾分かの利子が付いて戻ってくる保険を私自身掛けております。今から貯蓄を考えている入社一二年目の方も利用できそうですね♪
また、万が一の時にも備えながら、貯蓄性を持つ保険がこのように存在していることを皆様ご存じだったでしょうか。ここで重要なのは備えながら貯蓄するということです。

何故、みんなが貯蓄するのかというと、その中心的位置を占めているのがこの『備え』の文字ではないでしょうか。何かあったときのためにお金というものはすごく役に立つ相棒です。
これらの『積み立て型保険』では、このような役目に加え決して多くはありませんが、利息がついて最終的には戻ってくるということもメリットの一つとして考えることができるでしょう。

積み立て型保険の注意点

このように、『積み立て型保険』には様々なメリットがあります。しかし、デメリットや注意点があるのもこの世の常です。まず第一に『即効性がない』という点です。この保険形態では、貯蓄という面も兼ね備えているため、利益を得るということが目的ではありません。資産運用ではない点に注意してください。
また、次に元本保証がなされる保険商品をしっかりと見極めなければいけません。保険商品は保険の窓口や銀行窓口といった対人営業が主です。そのため、万が一にも営業される方が元本保証されるか、されないのかの説明をし忘れていた場合必ず契約前に聞き直してください。あくまでこの記事の目的は資産形成であり、資産運用ではありません。
最後に、元本保証されるといっても早期解約は違約金が発生し、結果的に元本割れをおこしてしまう可能性があります。長い間しっかりとこの商品を使って貯蓄をしていくということをお忘れなき用お願い致します。

実践を行う上で気を付けること

では、メリット・デメリットを説明した上でどのようにこの保険商品を扱っていけばよいのかの説明をさせていただきます。まず第一に、契約を行うならばできるだけ若いうちに行ってください。これは、定期預金でもいえることですが、早く入った人と遅く入った人が払い込んだお金が同じの場合、返ってくるお金は早い人の方が多いです。
そして、無理のない範囲で貯蓄を行うことです。『積み立て型』の保険では早期解約することによって元本割れを起こす可能性が非常に高いことはお話ししました。ここでいう無理のない範囲とは、予測される生活費を削ることなく積み立てを行うことです。もし仮に、生活費を捻出するために保険を解約してしまうと、今まで積み立てた金額よりもずっと低い金額しか返ってこなくなってしまいます。このようなことが起こってしまうと本末転倒であることは想像に難くないでしょう。
最後に、多重に保険商品を買わないようにしましょう。無理のない範囲で積み立てを行いながら昇進などで給与アップなどがあると、更に違う保険商品を買おうと考える人もでてくるでしょう。そこで、一度立ち止まって考えてください。将来にはしっかりと元本保証がされ、少ないながらも利息が付いて返ってくる『積み立て型保険』ですが、時期が来るまでは容易に動かせない預金でもあります。給与アップしたからといって、すぐに他の保険商品を買うのではなく、一度立ち止まって考えることが重要です。

どうしても解約しなければならなくなったら

ここまで、『積み立て型保険』の注意点などをお話ししてきて、どのようなリスクがあるかも皆様にはわかって頂けたかと思います。しかしながら、どうしても保険を解約して現金が必要になる状況もあるかと思います。生活が苦しくなった場合には、保険の払い込みを一度凍結できないかを窓口にて確認してみるとよいでしょう。少額のお金を払い込めないだけで、せっかく積み上げてきたものが崩れる前に相談をすることが一番重要です。
また、どうしても大金が必要になった場合にも、一度立ち止まって考えてみてください。保険解約に行く前に、どうにかして大金の支払いを延期できないかも検討してみるべきです。

まとめ

本記事では、主に『積み立て型保険』を使った貯蓄方法の解説や実践段階で気を付けることなどをまとめさせて頂きました。ここでもう一度、保険を使った貯蓄を行う上で一番重要なことをおさらいしておきましょう。「できるだけ早く契約をし、なるべく長く契約し続けること」です。この言葉を頭の片隅に置いて頂き、自分らしいライフスタイル設計を行ってくださいね♪

財形貯蓄なら100万円も簡単に継続貯蓄出来る!

そもそも財形貯蓄とはどういう貯蓄?

財形貯蓄とは、会社などが勤労者の為に行っている積み立て型の貯蓄制度です。
方法としては、会社に財形貯蓄制度の申し込みをした際に、給与の中から引き落とす
金額を設定します。
そうすると毎月もらう給与の中から設定した金額を自動的に引き落としてくれ、
会社が契約している銀行の口座にたまっていくという仕組みになっています。
給与をもらう前に天引きしてもらうので、貯めやすい貯蓄方法だといわれているのです。

財形貯蓄は誰でもできるの?

財形貯蓄は、会社で働いている勤労者の為の制度になります。
勤労者には、公務員や派遣社員、アルバイト、パート社員なども含まれています。
最近は、財形貯蓄のことを社内預金制度という呼び名を使うところもあるようです。
そのため、自営業者や自由業など、会社員でも役員など雇われの立場でない人
会社勤めの人でない人はできない制度です。
また、会社員であっても勤務している会社が財形貯蓄制度を設けていなければ
利用することはできません。
コストや手間などの問題で、財形貯蓄の制度がない会社も多くなっています。
財形貯蓄の制度がある会社であれば、制度が使えるので、ラッキーかもしれません。

財形貯蓄の種類とは

財形貯蓄といっても、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類あります。
一般財形貯蓄は、普通の銀行貯金と変わりませんが、財形年金貯蓄や財形住宅貯蓄などだと税制面で優遇があります。
通常、金利などにかかる税金は、金利が付いた時に源泉徴収されますが、財形年金貯蓄の場合は、元本(預入額+元加利息)合計550万円までは非課税扱いをうけることができます。
通常、金融商品の利子や分配金には20.315%の税金がかかっているので、それが、元利金合計550万円まで非課税扱いになると税制面で有利です。
ただ、目的外以外の払い出しに関しては、引き出し時に、課税の対象になるので、注意が必要です。
貯蓄型の場合は、目的外の払い出しは、過去5年間の利子までさかのぼって課税されます。
また、非課税枠について、財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄同時に行っている場合は、
両方合わせて元本(預入額+元加利息)合計550万円になります。
一般貯蓄の場合も含めて、貯蓄型はペイオフの対象になるので、財形貯蓄でためている口座と同じ銀行口座を個人が保有している場合、その残高は合算されてペイオフの対象になります。

財形貯蓄の貯め方は2種類ある

財形貯蓄は、金融商品などで積み立てていく方法と保険会社が取り扱って保険商品で積み立てていく保険型があります。
一般的に、多くの会社では、貯蓄型の方を導入しています。
貯蓄型と保険型だと非課税の限度額なども異なる為、注意が必要です。

財形貯蓄はなぜためやすいのか

財形貯蓄がためやすい理由としては、給与天引きになっていることがあるようです。
給与などを全部受け取ってから貯金というのはなかなかできません。
予め先にひくことによって、あるお金で生活をするという習慣もみにつくからかもしれません。
また、ボーナスが出る会社であれば、月々の給与から引き落とす金額と別にボーナス時に
引き落とす金額も設定することができます。
知らない間にためていくことができるのです。

財形貯蓄は引き出せない?!

財形貯蓄は、一般貯蓄の場合は、積立期間は原則3年間の期間定期的に積み立てることとなっていますが、1年たてば引き出すことができます。
財形年金貯蓄、原則60歳以降の受け取りになり、それ以前は目的外の引き出しとなる為
解約手続きとなり5年前の利子分まで課税されての受け取りになります。
財形住宅貯蓄の場合は、5年以上の積み立て期間の継続が要件になっていますが、この条件は、必須でなく住宅の為の資金に使うという、財形住宅貯蓄の要件に合致していれば、非課税で払い出しをすることができます。
ただし、災害や疾病などやむえない場合の払い出しには、税務署長の承認が必要になります。この場合は、全額払い出しで解約扱いになります。
払い出し時の利子には、課税されます。

会社を退職した時にどうする?

途中で転職などした場合も2年以内であれば、新しい勤務先で財形貯蓄を継続することができます。
その場合は、財形貯蓄取扱金融機関に規定の申告書を提出する手続きが必要となります。
2年以内に財形貯蓄を再開できない場合は、課税扱いになります。
しかし、その会社が財形貯蓄制度を行っていなければ継続することはできません。

財形貯蓄のもう一つのメリット

一般財形貯蓄は、課税対象の積み立てなので普通の貯蓄と変わらないのですが、
財形持家転貸融資を利用することもできます。
財形持家転貸融資というのは、財形貯蓄をしている勤労者の住宅ローンで、財形貯蓄の残高により融資を長期、低金利でうけることができます。
しかし、条件があるので申し込みする際は確認が必要になります。

【サラリーマン必見】財形貯蓄制度で儲けるための5つのポイント!

サラリーマンだからこそできる「財形貯蓄制度」とは

財形貯蓄制度とは、「勤労者財産形成促進法(財形法)」という法律に基づく制度です。財形法では「勤労者の計画的な財産形成を促進することにより、勤労者の生活の安定を図り、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを目的」と定められています。
「勤労者」とは簡単にいうとサラリーマン(会社員)のこと。つまり国がサラリーマンの財産形成を後押ししてくれているのですね。

財形法によれば、「職業の種類を問わず、事業主に雇用されるもの」が「勤労者」とされていますので、残念ですが自営業者、会社役員、農業などの従事者は利用できません。また、サラリーマンであっても、会社(事業主)がこの制度を導入していない場合も利用できません。
しかし、もしあなたが利用できる立場ならば、他の預金制度にはない税制上の特例などを受けつつ、コツコツお金を貯めていける超優良な制度なのです!

財形貯蓄制度を利用して得をする人とは

財形貯蓄の法的なメリットと言えば、非課税措置です。詳しくは後ほど説明しますが、非課税メリットのある財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、元金と利息を合わせて計550万円まで利子等に税金がかかりません。しかし、超低金利が続くと得られる利息は多くないため、それ自体にはそれほど大きなメリットは期待できません(しかし金利が上昇していけばメリットは大きくなります!)。
どちらかと言えば「貯金が苦手」「いつの間にかお金を使ってしまう」というタイプの人がお金を貯めたい時こそ、財形貯蓄制度がその本領を発揮すると言えるでしょう。

給料天引きのため、わざわざ金融機関に足を運ばずとも貯蓄ができますし、無駄づかいが減り、放っておいてもいつのまにか多額の資金を貯められます。
特に持ち家がほしいと思っている人は、財形貯蓄利用者対象の融資が受けられることも大きいポイントです。
なお、財形年金貯蓄は年金の支払いが終わるまで非課税が続きます。

財形貯蓄制度では具体的に何ができるの?

財形貯蓄制度には、大きく分けて「貯める」機能と、「借りる」機能があります。サラリーマン本人に代わって会社が給料天引きで資金を金融機関に預ける「財形貯蓄制度」と、制度を利用しているサラリーマンに対して必要な資金を融資してくれる「財形融資制度」とがそれに当たります。
「貯める」機能の中心である「財形貯蓄制度」はさらに3つに分かれており、目的を問わず貯める「一般財形貯蓄」、自宅の新築やリフォームを目的として貯める「財形住宅貯蓄」、老後の資金にすることを目的として貯める「財形年金貯蓄」があります。
そのうち「財形住宅貯蓄」と「財形年金貯蓄」には積み立てている間に得た利子等の非課税措置があります(一般財形貯蓄には利子等に関する非課税措置はありません)。

「財形融資制度」とは財形貯蓄を1年以上行っていて、50万円以上残高があれば、財形住宅融資を利用できる制度です。

「財形住宅貯蓄」と「財形年金貯蓄」とは

財形貯蓄制度のメインになる二つの貯蓄についてもう少し確認しておきましょう。
「財形住宅貯蓄」は、55歳未満の勤労者であれば1契約に限り利用でき、定期的に積み立てができます。「財形年金貯蓄」と合算して、550万円まで利子等が非課税になります。ただし、非課税の払い出しは5年以上継続して積み立てていることと、自宅の新築や購入、リフォーム等の目的に使用するということが条件です。それ以外の目的でも契約解除は可能ですが、その間の税金は課税されます。

「財形年金貯蓄」も年齢、契約数と非課税の条件(年金としての利用で払い出し)は同じです。
「一般財形貯蓄」には特に非課税措置はありませんが、1年以上積み立てていればいつでも引き出しができ、金利も一般的な定期より高いようです。財形融資も受けられますので、気軽に始められる財形貯蓄と言えるでしょう。
いつか、自分の家を持ちたいと思っているサラリーマンの皆さんは、その夢に現実的に近づいていくためにも今すぐ「財形住宅貯蓄」を利用されてはいかがでしょうか。

今すぐ始めたい!財形貯蓄の開始方法

1. サラリーマンであれば、まずは会社に制度が導入されているかどうかを福利厚生担当者に確認しましょう。

2. 導入されている場合は用意された書式に記入し、会社に提出するだけで積立が始まります。まだ導入されていない場合でも、国も制度推進を進めていますので会社に導入を検討してもらいましょう。会社から金融機関に相談すればスムーズに導入できます。

3. 積立額の変更なども、同様に会社を通して金融機関に書面で申し込みます。積立を中断したいときは法律上の制限は特にありませんが、非課税措置を受けたい場合は2年以内の中断が条件となりますので注意してください。ただし中断期間については育児休業を取得する場合など例外措置が使える場合がありますので、可能性がある場合は開始する際に確認しておきましょう。

夢のために、財形貯蓄制度を今すぐ始めよう!

財形貯蓄はこれまでなかなか貯金ができなかった人にこそ役立つ制度です。サラリーマンとして働き、しかも務めている会社に制度が導入されているなら利用しない手はありません!財形貯蓄を利用して、夢を実現するための資金をコツコツ増やしましょう。

平均貯蓄額にだまされるな!でもどうやって平均貯蓄額を貯めたらよいの?

平均貯蓄額、「平均」の意味

平均貯蓄額とは各人の貯蓄額を足した金額を人数で割ったものです。
現在の貯蓄額は持てる者と持たざる者と二極化しているので、持たざる者にとって驚くほど高い数値になるのです。
この現実とのギャップを埋めるのが平均値でなく中央値なのです。 中央値とは数値を小さい順に並べたときの真ん中の値です。

例えば11人の人が10人40万円、1人だけ1800万円貯蓄を持っていた時の

平均値:{40万円×10+1,800万円×1}/11人=1,100万円
中央値:小さい順に並べた真ん中6番の数値は40万円

このように貯蓄額の分布が偏っていると、平均値と中央値が大きく離れ、実態は中央値に近い値になります。
貯蓄額の分布が極端に貯蓄額の多い少数の人と、貯蓄額が微々たる大多数の人が現状なので、「え~っ」と驚くのだと思います。その実態数値を次に紹介しましょう。

厚生労働省「各種世帯の所得等の状況」資料(平成25年度)からわかること

次の表は厚生労働省「各種世帯の所得等の状況」です。
数値は「貯蓄」のデータなので、貯金以外金融資産(株・個人年金・生命保険)すべてが入って
います。

 

  全世帯 高齢者世帯 児童のいる世帯 母子世帯
総数 100.0 100.0 100.0 100.0
貯蓄なし 16.0 16.8 15.3 36.5
貯蓄あり 79.5 77.9 81.0 60.6
50万未満 4.9 3.9 4.8 12.7
50~100万 3.9 3.3 4.9 7.7
100~200万 7.6 6.3 10.2 11.2
200~300万 6.2 5.4 7.9 3.8
300~400万 6.0 5.0 7.7 3.7
400~500万 3.3 2.8 4.6 3.5
500~700万 9.0 8.2 10.9 6.0
700~1000万 6.2 6.2 6.9 2.8
1000~1500万 8.3 8.4 7.6 3.0
1500~2000万 4.8 5.6 3.1 0.7
2000~3000万 6.2 7.1 4.1 0.6
3000万円以上 9.1 11.6 4.4 1.7
貯蓄あり額不詳 3.9 4.0 4.1 3.1
不詳 4.5 5.3 3.7 2.9
1世帯あたり
平均貯蓄額
1047.0 1268.1 706.7 263.8

この表から高齢者は一般に貯蓄額が多いものの、意外と貯蓄額の少ない高齢者も多いのです(500万円以下27%)。2極化が進んでいるといえます。
一方全体でも700万以下が41%、不詳分を織り込むとほぼ半数になるということです。
平均値1,047万円より明らかに低くなっています。
つまり公表される平均値は高めに出ているとデータは物語っています。
中央値で見たほうが実態を表しているといってよいでしょう。

マイナス金利時代どうやって貯蓄額を増やしたらいいの?注意点は?

今年2月日銀がマイナス金利を導入しました。 庶民が預金してマイナス金利になることはありませんが、普通預金・定期預金の利息はさらに低下しました。
普通預金だと100万円預けて各銀行の平均利息が10円といった、預けることがばからしい状態になりました。
また100万円定期預金にしてもせいぜい利息が100円です。
貯金してお金が増えるといった状況ではなくなってしまいました。

しかしよく考えると、銀行預金は1,000万円以下の貯金に対して、元本が保証されリスクがなく、金利も一応ついています。まずこの制度は第1に活用すべきです。
また郵便貯金は1,300万円まで利息が付き、それを超えた分元本は保証されますが、利息は付きません。平均金利は銀行・郵貯ともほぼ同率です。

国は庶民の財産形成に繋がるような、元本保証かつ有利子の預貯金制度を作っています。
また個人向け国債も元本保証で金利も0.05%が保証されています。
さらに株式(リスクはあります!)でもNISA制度があり、売却益・配当金は一定額の株式投資では非課税です。
優遇された預貯金・個人向け国債、次いでNISA制度の株式にはお金を貯めてでも、つぎ込んで財産を増やすべき、すなわち貯蓄を増やすべきです。

財産形成の難しい時代、されど何もしなければジリ貧になるだけ!

景気は循環するといわれます。しかもそのサイクルには色々いろいろな名前が付くほどで定説はありません。3年前日本ではデフレ脱却をうたって「安倍のミックス」が鳴り物入りで導入されました。

黒田日銀総裁の「金融緩和」バズーカー砲も初期には効果がありましたが、今では弾切れといってよく、今年になって新たにマイナス金利という弾を発射しましたが、効果のほどには賛否両論あります。まさに手詰まり状態です。外部環境も中国の景気減速・ブラジルなど新興国の経済不振と貿易立国の我が国にとって逆風が吹いています。
このような環境下で、一般個人の財産形成は大変難しいといえます。

それでもじっと我慢をしている中、次の手を考えることだけは忘れてはなりません。
例えば、預貯金に若干の余裕資金があれば、株式に回し、NISA制度を使って安いところで買うというのも一つの方法でしょう。株式の配当利回りは、明らかに預貯金平均利回りの
200~800倍もあるのです!また投資信託も同様です。貯蓄を増やす大切なツールです。

株式はインテリの博打という人もいますが、決してそうではありません。
優良株をしっかり見定め、「安い時に仕込む」のです。じっくり持って高値が来たら売り抜けます。
「安い時に買って高い時に売る」という永遠のテーマに向かって研鑽を積むのを「知的博打」というのなら止むをえませんね。

まとめ

平均貯蓄額の平均は 多くの人にとって偏っており、むしろ中央値貯蓄額で表示した方が実態に近いのです。
平均貯蓄額に自分の蓄えを近づけるには、元本保証の預貯金をしっかり活用し、次いでNISA制度を活用した株式投資も考えるべきでしょう。

きっと見つかる!あなたにぴったりの貯蓄型保険

貯蓄型保険は一生涯続く保証が得られる

貯蓄型保険の特徴は、一生涯続く保証が得られることです。20代など年齢が若い人が保険に加入する場合は、保険料が安い掛け捨て型の保険に加入する人も多いでしょうが、「貯蓄」という観点で考えると、保険料が高くても貯蓄型保険の方が有利です。

そんな貯蓄型保険にもいくつか種類があります。公的年金の補助的役割をもつ「個人年金保険」、死亡まで補償が続く「終身保険」、資産運用を保険会社にまかせ、もらえる保険金額も変わるという「変動保険」、他にもアメリカなど海外の「外貨建保険」など数多くあります。

以下では、その中のいくつかの内容と特徴をご紹介していきますので、どの貯蓄型保険があなたに適しているか、探してみてください。

老後の安定を得られる個人年金保険

老後の生活資金として、厚生年金保険や国民年金などの公的年金がありますが、その金額だけで安心した生活が遅れるかどうかはわかりません。衣食住だけでなく、急病や介護、その他突発的な出費がある場合があります。余裕を持った資金があると安心ですね。

ですので、老後安心して暮らしていくための資金が欲しいのであれば、個人年金保険に加入しておくと良いでしょう。この個人年金保険は、保険料の一部が所得税の控除対象になるのでお得です。

ただし、個人年金保険は「保健機能」はほとんどありません。ですので、他の医療保険などと組み合わせないと、病気や怪我などの時に困ってしまう可能性があります。また、公的年金とちがって物価の変動には弱いため、極端なインフレが起こったらもらえる金額が少なくなるリスクがあります。

保険金の受け取り方が変わる変額保険

変額保険は、保険料の一部が株や債権などで運用され、その運用実績によってもらえる保険金や解約返戻金の額が変動する、ちょっとハイリスクハイリターンな貯蓄型保険です。預けたお金が運用されるという点で、投資信託に似ているかもしれません。

この変額保険が優れている点は、保険の部分(死亡保険金など)が最低限保証されているというところです。ですので、貯蓄の部分だけに、運用に伴うリスクがあるのです。

リスクが高いのですが、仮に銀行に預金してもリスクがないわけではありませんし、保証付きの資産運用と考えれば面白い方法だとも言えます。運用が好調の時には増えるので、景気が良いときには自然に受け取れる金額が増えていきます。

逆に言えば、運用がうまく行かない場合はもらえる金額が目減りしていきますし、自分で運用をコントロールできませんので、特に慎重に検討すべきだと思います。

まとまったお金があるなら一時払い終身保険

今現在、まとまったお金を持っていて、一生涯に及ぶ保証を得たいのであれば、一時払い終身保険が手っ取り早い方法だと思います。始めに一括でお金を払う貯蓄型保険なので、毎月の保険料の支払いに頭を悩ませる必要がありません。

この一時払い終身保険は、相続税対策としても用いられています。なぜなら、相続税の非課税の対象にすることができ、さらに相続時に葬儀代や納税資金にすぐに引き出すこともできるからです。

また、通常は一生貯蓄しておくと良いのですが、保険料払い込み後で一定期間を経過した後は、保険料よりも解約返戻金の額が上回ることもありますので、いざという時に引き出すことができます。死亡保険金がついている分、定期預金よりもお得と言えるかもしれません。

低解約返戻金型終身保険は安心確実

貯蓄型保険の中でもわかりやすく安心確実でおすすめなのが低解約返戻型終身保険です。これは、毎月決まった金額を数十年払い続け、例えば60歳まで払い続けた時点で解約しても保険料以上の返戻金をもらうことができるものです。もちろん解約をしないとさらに増えていきます。

この保険は、インフレに弱いといわれています。数十年経つとインフレが進んで、実質的に損ではないかということです。しかし、「利率変動型」と言って、金利が上がるとお金が増えるプランもありますので、そちらを使うとより安心でしょう。

一時払いの終身保険と違い、まとまったお金がなくても契約することができますし、死亡保険がついた状態で貯蓄できる保険なので、とても低リスクで契約できる貯蓄型保険といえるでしょう。ですので、どれにしようか迷った時にはこの低解約返戻型終身保険が良いかもしれません。

貯蓄型保険のメリットとデメリットを知ろう

保障と貯蓄が同時にできることが、貯蓄型保険の最大のメリットです。その分掛け捨て型よりも保険料は高くなります。他にも途中解約すると損であることなどのデメリットもあります。契約前によくメリットとデメリットを比較しましょう。

二人以上世帯の平均貯蓄額は1798万円!貯蓄額を増やす5つの方法

まずは自分の貯蓄額を全国平均とくらべてみよう

総務省が2015年5月19日に発表した家計調査報告(貯蓄・負債編)2014年度速報値によれば、二人以上世帯の貯蓄現在高の平均値は1798万円です。前年に比べ59万円・3.4%の増加で、2002年以降でも最高額を更新しました。額ではなくて世帯で見た場合(貯蓄保有世帯全体の中央値)で見ても、1052万円がちょうど真ん中の世帯の貯蓄額です。

同じ報告ではローンなどの負債現在高は 509 万円で,前年に比べ 10 万円,2.0%の増加とも報告されています。貯蓄平均値から負債現在高を引いてみたい場合約1300万円が純粋に自分のお金と言えそうですが、それも参考にしてみた場合、みなさんの世帯のお金の状況はいかがでしょうか。

平均値より貯蓄額が下の家庭、その原因は?

全国の貯蓄平均額を上回っていた場合はともかく、平均額より下回っている場合は、家計のあり方をこの機会に一度見直してみてもいいかもしれません。貯金ができない理由には様々な要因が考えられますが、お財布のひもを握る人の性格的な傾向の影響も見逃せません。

収入が一定程度あるのに貯蓄額が伸びない場合、傾向としては二つのタイプに分けられそうです。一つ目は消費すること自体が楽しくて手元にあるお金をいつも使い切ってしまう「使い過ぎ」タイプ、二つ目は貯金のタイミングや方法がわからずいつの間にかお金が消えてゆく「貯蓄下手」と考えることができます。どちらのタイプでもない場合は、今はまだ収入自体に余裕が少なく、貯蓄に回せる余裕が少ないと考えられます。

「使い過ぎ」タイプの対策

「使い過ぎ」タイプだと思われる方は、いったい自分が何にどのようにお金を使っているのか、まずは正確に把握しましょう。把握するまでは今のまま、使いたい時に使っていて構いません。
状況把握のために行うことはたった一つです。それはレシートを捨てないこと。
1か月間でよいのでレシートは捨てずにためておきます。レシートがない場合、覚えていれば金額を記録しておきましょう。ためたレシートは日付順にノートに貼ります。そうすれば、いつ自分が何を買ったのかが一目でわかります。
冷静に見直してみると、買わなくてもよかったもの、了しなくてもよかったサービスが必ず見つかるはずです。翌月からはそれをできる範囲でつぶしていき、貯蓄に回しましょう。

「貯蓄下手」タイプの対策

定期的に給料をもらっている場合は、給料が振り込まれる口座から自動で積み立てられる仕組みを利用しましょう。利用している銀行の窓口に行けばすぐに相談に乗ってくれ、手続きが進められます。「定期預金」や「貯蓄預金」などの利用が一般的です。
会社員の方で会社が導入していれば「財形貯蓄制度」の利用もおすすめです。これは会社が社員の代わりに給料天引きで金融機関に預けてくれるため、預ける額を変えたり解約する時には書面が必要であるなど、ある程度拘束力があります。自分で気軽に引き出したり、変更できたりしてしまう一般の銀行口座で貯めてしまうとなかなかたまらないものも、「財形貯蓄制度」の利用なら貯められるかもしれません。

貯蓄のモチベーションアップは目標設定から

しかし、貯蓄が成功するかしないかは実は手段というよりも目的にあります。貯蓄に限らず、決めた手段を最後まで実行するには高いモチベーションが重要です。
あなたがなぜお金を貯めたいのか、ためたお金はいつ、何にどう使いたいのか、それが具体的であればあるほど、それに向かって貯蓄できる気持ちが高まっていき成功につながります。
自分の貯蓄について少しでも気になったときが実行に移す時。
今すぐノートに、自分の貯蓄の目的を、「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どのように」という視点から書き出してみましょう。いくつ書いても構いません。
自分でも気づいていなかった「夢」に気付くことができ、節約や貯蓄に向かってやる気が出てくるはずです。

貯蓄に成功すれば人生が楽しくなる!

全国の平均貯蓄額の高さに衝撃を受けられた方も多いのではないのでしょうか。お金だけが人生の成功を保証するものではありませんが、財力があれば人生を楽しむのも楽になります。家計と貯蓄について、一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

貯めれない!でも大丈夫!それでもできる貯蓄方法

■貯蓄の王道、積み立て方法

貯蓄方法として一番近道といわれているのが積み立ての貯蓄方法です。
積み立てのメリットは、少額からできるということ、複利効果が期待できることが
あります。

複利効果というのは、銀行預金などにはお金を一定期間おいておくことで、その残高に
応じて金利がつきます。
そしてその金利も含めて残高を運用していくので、利息が利息を生むという効果を利用することができます。

銀行だけでなく、いろいろな金融商品に積み立てという方法を利用することができます。
例えば、投資信託や株、金などの商品でも積み立てを利用して貯蓄をすることができます。
投資信託や株などは、一定の金額を毎月積み立てていくことができ、その運用収益を再投資することができます。

金なども同じような仕組みです。金は、金利などはつきませんが、有事の金といわれていて通貨などに関係なく世界共通でどこでも換金することができます。
しかし、投資信託、株、金などの金融商品は、商品によっては運用益に期待ができる反面、
値動きが激しく、リスクも大きい商品です。

その為、少額から長期で積み立てすることで、大きなブレを少なくし、ドルコスト平均法の運用効果が期待できます。
また、積み立ては、特に将来の計画などもなく漠然として、毎月貯金ができず使ってしまっている人にも知らないうちに貯蓄することができるというメリットがあります。

◆自動積立にする

給与天引きなどで自動的に毎月、決まった日に引き落とし額を設定して、銀行口座などから引き落としする方法です。
多くの銀行でこの方法を設定することができます。
積み立てを行う場合は、自動的に引き落としになります。
銀行口座で自動積立をする場合、一番よいのは、収入が入った時、給与日に一緒に
引き落としされるようになっていることです。
給与日と違う時に設定してしまうと、引き落としされる前に使ってしまい、引き落としが
できない→貯蓄ができないという繰り返しになります。

◆財形貯蓄を利用する。

会社員や公務員で働いている場合で、会社が財形貯蓄の制度を導入している場合、財形貯蓄の制度を使うのも一つの方法です。
財形貯蓄の場合は、給与から自動的に引き落としをするので、給与をもらった時点で自動的に貯蓄をすることができます。

財形貯蓄には3種類あり、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄があり、それぞれの目的がことなります。
一般財形貯蓄の場合は、普通の貯蓄と同じですが、住宅や年金の場合、元本元本(預入額+元加利息)合計550万円までは非課税の適応になります。
ただし、目的外での払い出しは、5年前までさかのぼって利息分に対しての課税がありますので、注意が必要です。
便利な制度なので、会社で導入している場合は一般財形貯蓄から初めてみるのもよいと思います。

◆まとまったお金が入る時に貯蓄する

毎月の収入が安定していなくてバラバラという人、積立てが苦手というような人は、
賞与などのまとまったお金が入った時に、まとめて定期預金などに貯蓄するのも一つの方法です。
もしくは、保険の商品でも貯蓄型といって、保険の機能がありながら、貯蓄の性質ももっている商品があります。

入ってきたお金はなかったものとして、入ってくるお金を計画的に貯蓄にまわすという方法です。
入ってくるたびに貯蓄する方法をきめて運用するという方法です。
この方法は、かなり計画的に、貯蓄しようと決めてないと意思の弱い人には難しい方法かもしれません。

◆目標をきめる

よっぽど意思が強い人でないともしくは貯蓄好きな人でないとなかなか貯蓄はできません。
特に漠然と貯蓄をすると将来の計画とかが見えないので、せっかく貯めても使ってしまうというような繰り返しをすることもあります。
将来のライフプランや将来やりたいことや必要なお金などを書き出すことによって、
自分の貯蓄の目標が見えてきて貯蓄の意欲がわくかもしれません。

◆貯金箱

銀行口座にいくのもおっくうな人は、貯金箱からはじめてみてもよいかもしれません。
貯金箱は100円ショップでもかえます。
ただ、貯金箱貯金は、利息等もつかず、一番効率が悪いかもしれませんが、小銭からコツコツためることが貯蓄の習慣につながるかもしれません。

◆好きなものに運用する

お買い物が好きな人は、デパートの友の会に入るとか、旅行好きな人なら、旅行積み立てなど、貯蓄は銀行口座だけでなく、好きなものに運用をするというのも一つの目標ができて貯蓄にはげめます。
好きなものはやめられないので、いずれ使うものなら、銀行口座や貯金箱の貯蓄だけでなく好きなものの積み立てなどを行って計画的にためるのも一つの方法です。

保険を使って貯蓄!安心と資産を両方手に入れる方法

もしもの時に貯金より保険のほうが安心

通常、銀行にお金を貯金しているだけであれば、何か大きな事故や病気になったときなどに特別な保障がつくことはありません。あくまでもそれまでの期間に積み立ててきた貯金の金額を切り崩して、ケガや病気にかかわる手術代や治療費、その後の療養中の生活における生活費などに充てていく必要があります。また、本人が死亡してしまった場合にはその後の生活は貯蓄してきた貯金を使っていくことになります。
ただ、これが保険に入っていたとしたらどうでしょう。当然生命保険金で死亡した本人の遺族の生活がカバーされます。その点何かあったときの安心感は保険に分があります。ただ、保険は保障だけではなく、実際は貯蓄であるという考え方もできます。

保険が貯蓄とはどういうこと?

貯蓄ができる保険というのは昔から保険会社で売りにされている商品になります。このような貯蓄ができる保険には死亡保障などがついた終身保険が例として挙げられるケースが多くみられます。このような死亡保障付きの終身保険に加入していたような場合であれば、万が一自分が事故で死亡した場合などには生命保険金としてまとまった金額が支給されることになります。
また、ここからがポイントですが、保険料として積み立てた金額は満期になれば返ってきます。そういった意味でこのような死亡保障などがついた保険に加入することは貯金をしているのと同じであるということが言えます。したがって、このような死亡保障がついた終身保険などは通称として「貯蓄ができる保険」と言われています。

貯蓄ができる保険にはどんな種類があるの?

貯蓄ができる保険に関しては大きく分けて次の3種類のものがあります。それが死亡保障の終身保険、年金保険、養老保険になります。
まず死亡保障の終身保険です。終身保険というのは一生涯保障内容が継続する保険のことを言います。この終身保険の反対の言葉としては定期保険があります。この定期保険については10年とか、20年といった単位で保障期間が限定されているというものになります。死亡保障の終身保険は死亡した場合には遺族が生命保険を受け取れるという権利を持ちながら、同時に満期になるとお金が返ってくるので貯蓄の感覚で積み立てができるというものになります。
次が年金保険です。この年金保険はその名のとおり積み立てておくことより、老後に年金として積み立てた分の金額を支給してもらうことができるというものになります。支給してもらう形式には一定の年齢になった時点でまとまったお金をもらう方式、公的年金のように死ぬまで支給される方式、5年・10年・15年などといった形で期間を決めて支給する方式があります。
最後が養老保険になります。この養老保険は基本的に貯蓄型保険なのですが、死亡保険金が満期保険金と同額でついています。貯蓄の用途に死亡保障を付けたものになります。

貯蓄ができる保険は定期預金よりも率がいい

貯蓄を考えたときにまず多くの人が選択肢として検討するのが定期預金というものになります。この定期預金は1年・3年・5年といった定期まで預けることを条件として普通の預金よりも金利を優遇してもらうことができるという商品になります。
ただ、現在のような低金利時代ではこのような定期預金でもほとんどお金は増えることがありません。銀行の定期預金の金利は各行によって違いがありますが、大体年利で0.02パーセント程度と言われています。それに対して一般的な終身保険に関しては満期まで預けると110パーセントの比率で戻ってくるとされています。毎年10万円ずつ預けて30年の期間で考えると、定期預金であれば「10万円×0.02パーセント×30年=600円」で600円程度の利子しかつきません。一方、終身保険であれば「10万円×30年×110パーセント=330万円」となり、30万円程度が戻ってくることになります。

貯蓄ができる保険のメリットは貯蓄体質になること

またもう一つの貯金ができる保険で貯金を行うことのメリットは自然に貯金ができる習慣が身につくということです。貯金の鉄則として、給料などの収入があった時点で強制的に最初に貯金分のお金を差し引いてしまうことが挙げられます。このように最初に必要な貯金金額を差し引いてしまうことにより、差し引き後の残りの金額で生活するという習慣が身につくようになり、結果的に貯金が続けられる体質になるということが挙げられます。
給料などの収入を使って残った分を貯金しようしても貯金はうまくいきません。最初に貯金する分を差し引いてしまうことが貯金のポイントになります。その点終身保険のように最初に強制的に保険料を引いてしまうという仕組みは貯金を考えた時には非常に有効な手段になります。

貯金ができる保険の仕組みとそのメリット

上記では貯金ができる保険の仕組みとそのメリットについて述べてきました。場合によっては普通に銀行に貯金を行うよりも賢い投資方法にもなるのが保険です。安全にお金を増やしたいなら、一度貯金ができる保険も検討してみましょう。