【一瞬の転落!】自分のせいではないのにこんな目に!

スポンサーリンク

段々周りが結婚して、将来が不安に!

私(理沙)28歳(当時) 派遣社員 年収300万円 錦糸町住み 彼氏無し

30歳が近くなってきた頃、学生時代の友人も、職場の同僚も段々と結婚をし始めました。でも、私は結婚どころか彼氏もいませんでした。「出会いがないから」と言いたいところでしたが、職場の人も結婚しているのでそれも言えず。

「このまま彼氏もいないで、お金もあんまり無いし、どうしよう」と悩んでいました。
でも、「彼氏は仕方ない。相手のあることだし。でも、お金は自分のことだからなんとかなるはずだから、そっちにがんばろう」と決めました。

ただ、お金を増やそうにも、株とかよく分からないし、普通にお金を銀行に預けていても、預金の利息よりもお金を引き出す手数料のほうが高い状態。宝くじなんて当たるはずは無いし、あまり難しくなくて、でも怪しいことじゃなくて、ダブルワークとかみたいに体力使わずに済んで、お金が増えることないかなーと毎日の彩のない派遣業務の中、考えていました。

上がるか下がるか予想すればOK!超簡単FX!

そんな時、FXをインターネットで知り、「円が上がるか下がるか予想するだけでいいので簡単!誰でも気軽に始められます!」という宣伝に目が釘付けになりました。
「円相場終値は~とかニュースでやっているし、これならわかるかも!」そんな風に思いました。

FXのサイトを見ると、今、FX始めると○○をプレゼントというキャンペーンやっているし、預金よりも利率がいいみたいに書いてあるし、無理しなきゃ大丈夫みたいな感じだったので、気軽に始めてみました。

なんだかよくわからなかったけれど「円高というのは1ドルが100円で買えて、円安は1ドルが120円になっちゃうとかだよね」くらいまでは理解しました。それくらいわかっていれば大丈夫でしょ思って、私はなけなしの定期預金をFXの口座に入れました。

お金という感覚があまりしない

FXの口座にお金を入れると、定期預金の残高が一気に減りました。
だから確かに目の前の画面に入っているお金が私のお金のはずなのですが、なんとなくただ数字が並んでいるだけで、お金という感覚が無かったです。

普段なら1万円を支払いの時に崩すのさえ「もったいない」と思うのに、画面上で10万とか使っちゃっても全然気になりませんでした。
数字の羅列なせいか、FXをやっていくと1000円というものがそれだけでお昼代になる額なのに、消えてもちょっとしたことくらいにしか感じませんでした。

FXにはレバレッジというものがあって簡単に言うと、10万をレバレッジ10倍にすれば100万として取引が出来るのです。これの何がいいかというと1ドル100円の時に10万円分ドルを買って、1ドルが101円になったら1000円利益が出るのですが、レバレッジ10倍にしておけば1万の利益が出るのです。

レバレッジ100倍とかもあったのですが、私はそういうのは怖いので、2倍くらいにして預金感覚で、ドルを買っていました。そうやって買って行き、少しすると、1000円、3000円と増えていきました。

もっと掛けていればという思いが芽生える

お金が儲かり始めると「ああ、もっとレバレッジ掛けておけばな」って思ってしまうようになりました。レバレッジ2倍で3000円もうかったのだから、これを20倍にしていたら3万儲かったはず、と思うと、得をしているはずのに、なぜか損したような気分になってしまいました。

当時は減ったこともなかったし、順調でしたし、特に世界で大きな問題もないから大丈夫かなと思って、少しずつレバレッジを増やしていきました。すると、レバレッジを増やした分、儲けが増えて、FX口座に載る金額が増えました。

それを出金して手にした時は「ああ、ただの普通預金をしていたら手に入らなかった額だ」と感動しました。同時に自分はうまく財テクをしていると思って、ただ貯金を預けている人はかわいそうなんて思っていました。

もっと欲しいと思って、次はレバレッジを10倍にして準備してみました。「次に上がるのが楽しみだな~いくら入るだろう」とか思いながら、特にそれ以上のことはせず、預けっぱなし状態にしていたのです。

アメリカの経済指標が発表されて一気に変動が!

その日は普通に寝ていたのですが、深夜にアメリカの『FOMC政策金利発表』というのがありました。その当時知らなかったのですが、これはアメリカの重要な経済指標だったのです。それで、朝になって「今日はどうなってるかな~」とか思って見ていたら、目が点。私がFX口座に持っていたものがキレイさっぱり消えていました。「え、なにこれ……」と画面の前で固まりました。持っている物をポジションと言うのですが、FXの会社に問い合わせたところ、深夜のアメリカの経済指標の発表で、相場が急落し、ロストカットされたとのこと。そしてさらに「相場の急落が尋常でないスピードで間に合わなかったため損失が出ております。ついては損失と預託資金の差額を直ちにご入金を……」電話の向こうのFXの会社の人は淡々とその額を告げ、私は眩暈で倒れそうになりました。定期預金+普通預金の大部分をそれで失いました。

財テクをするならしっかり勉強を!

私のせいではない、アメリカでいきなりそんな発表するから!と当時は怒りましたが、やはり財テクをやるなら勉強しないといけないのです。経済指標、損切りの方法……そんなことを学ばずに続けるとやはりお金を失うことになります。お金を稼ぐにはまず勉強だと学びました。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。