ちょっとした使い込みの筈が…夫婦仲の亀裂まで引き起こしたカードローン

スポンサーリンク

ネットで申し込んだカードローン

 カードローン自体はネットで申し込んで作りました。店頭に行こうとも思ったのですが、街から遠いところに住んでいたので面倒くさかったこともネットで済ましてしまった理由です。今にして思うのですが、ネットでカードローンを作ることはローン初心者の人には余りオススメできないことだと思います。ネットで作ると簡単ですが、色々なことを聞けませんし、それに「ローンをするんだ」といった感覚も抜け落ちてしまうからです。私自身、かなり軽い気持ちでカードローンを作ってしまったためにカードローンの使い込みにつながってしまったのだと今更にして思います。
 カード自体は作成してから1週間もせずに届きました。封筒に入っていたのですが、あまりに簡単に作れたので少し興奮してしまったくらいです。それもそのはずで、利用限度額を最高の500万円に設定していたので、何もせずに500万円が手元に入ってしまったように感じたのです。
 実はカードローンを作った事自体は夫には内緒でした。夫に言うと何かと面倒を起こしそうで、しかもカードローンを「困ったときに頼れる打ち出の小槌」にしたかったこともあって、夫には隠してしまったのです。このことも後の騒動を引き起こした原因でした。

カードローンを作ってから

 カードローンを作ってから数日はタンスにしまってさわりもしなかったのですが、カードローンを作ったことを主婦仲間に話すと「使ってみないともしもの際に手間取るよ」ということで、一度カードローンを使ってみることにしました。私の持っていたカードローンはコンビニでもどこでも使えるカードローンで、まずは最寄りのコンビニで使ってみることにしました。
 その時には10万円引き下ろしたのですが、あまりに簡単にお金がおろせてしまったことには驚きました。当時はカードローンを使う際にはもっと面倒な手続きがあるものと思っていたので、ボタンを数度押すだけで10万円もの大金がお財布に入ってしまったことは私にはショックでもありました。
 カードローンの使い方はわかったのですが、家に帰って財布に入っている10万円を見ると前々から欲しかった「Aさんが持っているブティック」のことが頭をよぎりました。最初の計画では10万円をそのまま次にコンビニに行った際にカードローンを利用して返す予定でしたが、どうしてもブティックのことがその日は頭から離れませんでした。
 ここで誘惑に負けてはダメだと思って次の日にコンビニに行って返したのですが、結局その場で今度は30万円もおろしてしまったことが私の弱さでした。結局、その日の内に通販サイトでブティックを購入するだけでなく、他にも欲しかった服を2着購入してしまいました。

一度使ってから

 その後は早いもので、その月の内になんと70万円以上もカードローンを使い込みしてしまいました。その時点でかなりパニックになっていたのですが、逆にそのストレスからか次の月もカードローンを使い込みしてしまったことが更に状況を悪くしました。
 何とか問題を隠そうとカードローンの通知は全て隠しました。他にも電話も自分の携帯電話だけにしかかかってこないようにカードローン会社に電話して変えうこともしました。私にはへそくりがある程度あったので、返済はそれで行おうと思ったのですが、借金は一度膨らみだすととめるのは難しいもので、へそくり程度では返済が間に合わないくらい借金が膨らんでいってしまいました。
 結局、隠しきれなくなった時にはカードローンで200万円以上借金を作ってからでした。夫とこのことについて話し合ったのですが、「こんなんじゃ夫婦をやっていけない」と言われたくらいです。実際、この時に離婚を覚悟しました。
 とはいえ、友人の仲裁もあって結局離婚に至らないで済みました。カードローンの借金はそれから2年もの長期間にわたって徐々に返していったのですが、罪滅ぼしのために私も専業主婦を辞めてパートを初めたくらいでした。

まとめ

 これが私の体験談ですが、学んだ教訓は「カードローンであれなんであれお金を借りる際には注意が必要」ということです。今ではお金を借りる際には夫としっかり相談してやりくりするようにしています。この体験談が誰かのお役に立てば幸いです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。