離れた家族を助けて借金してしまうと…

スポンサーリンク

すべては父親が死んで、遺産相続から始まりました。

すべては父親が死んで遺産相続から始まりました。4人兄弟の長男の私は実家を離れて妻と子供2人の4人で暮らしていました。
実家の跡取りはほぼ放棄して三男が親と実家に同居し、後を継ぐことになっていました。次男は実家近くに家を建てて三男をサポートしながら親の面倒を見ていました。

私と長女は実家を離れていたのですが、父親が末期がんで発見後一ヶ月で他界してしまいました。
父親は田舎の地主の本家跡取りで土地を持ち、借家を6軒ほど持っていました。父親の葬儀も終わり遺産について兄弟で話し合い、私と長女は実家を離れ20年近くになるのですべての財産は次男と三男に引き継いでもらうことにして、弁護士を通じて財産放棄をすることにしました。

そこからすべてが始まったのです。

財産処分すると税金がかかることをわかっていないと大変なことに

三男は実家の土地を引き継いでそのまま実家に住むことになりよかったのですが、次男が問題でした。借家を引き継いだ彼は持ち家があるので借家6軒を売却することにしたのです。

彼は相続税、不動産売却税のことを全くわかっておらず、売却したお金を全て使ってしまいました。その翌年、当然のことながら税金がびっくりするくらいの金額できました。

せっぱつぱった彼は母親に泣きつきましたが母もどうすることもできず、長男である私に助けを求めてきました。

自分の実家の恥ずかしい話を私は妻に相談できず悩んだ末に消費者金融を4件ほどまわり200万円を準備して次男に渡しました。もちろん私が借りたのですが、月々の支払いは当事者の次男が支払うとゆう約束での借金でした。

兄弟だからといって安心したら絶対に駄目です。

結果として最初の2ヶ月だけでした、次男がお金を返済したのは。
もともと浪費癖のあった彼は借家を売却したお金を自分の借金の返済にあてていたのでそのお金はほとんど残っておらず、自分の借金がなくなったことでまた悪い虫がでてしまい新車や家電をローンで購入していて、しかも私が貸したお金も税金に使わず遊行費で使い切ってしまい差し押さえがきて夜逃げしてしまいました。

私は愕然としてしまいましたが、妻に内緒でしている借金ですので何とかしなければと思いましたが、会社員である私はバイトもできず結局別の金融会社から借りて返す自転車操業するしかありませんでした。

この時点で妻に正直に話して協力してもらえばまだ何とかなったのかもしれませんが、それをしなかった為結局支払いができなくなり督促状が家に届いてしまい妻にばれてしまいました。

全ての金融会社に相談して新しい返済計画をたててもらい返済中

最終的に金融会社5社から320万円の借金に膨れ上がっていました。もちろん月々の返済も滞ってしまい一括返済の話も相手から出されたのですが到底無理な話ですので、各金融会社の担当者さんと話し合い、月々いくらまでなら払えるか現実的な話をさてもらい現在各社約1万円の支払いで長いところで2年間の期間で支払うことで何とかやっています。

妻にこの借金は二人で返していこうと言ってもらい、私は休日は日払いのバイト、平日はポスティングのバイトを帰宅後1~2時間することでなんとか返済していっています。

妻も自宅で内職をするなどこの2年間は必死で働いて返済していこうと二人で頑張っています。

親・兄弟もお金のことは別問題で考えて、時には見放すことも必要。

弟だからちゃんと返してくれる、親だから大丈夫とか信用したら駄目です。身内だからこそ「まあいいか、兄弟なんだし」と意外と他人より甘くなるんです。

今回のことでよくわかりました。身内にお金のことで何かあったら、返済はないものだと思って、あげたと思える金額くらしか渡さないようにしましょう。

遠くの身内より近くの他人と言いますが、今回のことで本当にそう思いました。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。