【体験談】我が家の波乱な節約&ローン生活

スポンサーリンク

待望の妊娠。不安と共に始まった節約生活。

結婚したとき旦那は社員ではなかった。でも私のパート代もあり、裕福ではなかったが貯蓄もしていた。

待望の長男が生まれ、ありがたいことに旦那も正社員となった。でも、私はパートを辞め、月13万ほどの給料でのやり繰り生活が始まった。家賃はとても古い家で3万円と格安だったためかなり助かった。残り10万で保険、携帯、光熱費、食費をなんとかやりくりした。年払いできるものは全て年払いに変えた。そうすることで年間5千円ほど安くなる。

時間はあったため、買い物は何店舗かはしごし売り出し商品を買って食費を節約。
私が働けばそれでいいといわれるかもしれないが、子供が1歳になるまでは、どうしても離れたくなかった。児童手当は手を付けず教育資金にしようと決めていたので、そのまま貯蓄に回していた。子供にもらったお祝い等も貯蓄に回す。

2人目妊娠。さらに厳しくなる我が家の生活。

4人家族になった頃、旦那の給料は14万位になっていた。それでもまだまだ厳しい生活。節約雑誌を読み、節約料理、節約術を実践。下の子が1歳になったと同時に、私はパートにでた。08:50~15:50で、月7万程になった。

私の給料は保育料、レジャー費、貯蓄といった使い道。これにより大分楽にはなった。この頃、児童手当と、お祝い等でもらったお金が130万程貯まり、学資保険に入ることを決めた。学資は一括で払うことにした。130万程払って、最終的には150万ほど受け取れる。

約20万利子がつく計算となる。いざという時に使えない不安はあったが、先の事を考えると必要な保険と考えた。やっと、少し楽になったかな、と思っていた矢先、家のトラブルが発生し引っ越しを考えることとなった。

引っ越しを決意し家探しを始める。

とても古い家だった為、家の中に虫が大量発生し住む気になれず、引っ越しを決めた。この時、家を買う事なんて全く考えていなかった。が、いざ家探しを始めると賃貸でも月6万円以下の所はほぼない。5万円代の所は古いか狭いかで、なかなか条件の合った所が見つからない。

そんな時、不動産の方より購入しても月々の金額はそんなに変わらない所もある、と購入物件を進められた。それから、賃貸と分譲を同時に探し始めた。希望範囲を少し広げるなどして、何カ所も見に行き探し続けた。

引っ越しを決めてから半年ほど経った頃、場所、金額ともに条件を満たすところが見つかり、悩んだ末、家の購入を決めた。この時、3人欲しかった子供は諦めることを旦那と決めた。

家購入を決め、予定外のお金が多かったことにビックリ。

1980万円の家を購入した。手続きを進めていくと、手数料や登記簿料など170万円プラスとなり、2150万円になった。旦那の名義では2100万円までしかローンが組めず50万円現金で支払い2100万円のローンを組んだ。

それから、地鎮祭に棟上げ。今はしている人も少ないとの事でしなくてもいいのでは、と思ったが、旦那が一生住む家だから、との強い希望で行うことにした。

電化製品に家具、引っ越し費用と、思っていた以上にお金が必要となった。電化製品、家具も使えるものは全て持っていくことにし、どうしても必要なものはカードの1割還元期間に買い物するなど、少しでも安く買った。引っ越しも業者に頼むつもりだったが予算オーバーで親戚に声をかけ自分たちですることにした。

やっと落ち着いた、と思ったら…

引っ越しも終わり半年経ち、生活リズムも落ち着いてきた頃、思わぬ妊娠が発覚した。

やっと安定してきたこの生活。育児休暇などあるわけもなく、出産となるとパートも辞めなくてはならない。パート代あっての我が家の生活。どう考えてもお金が足りず、やっていけない。不安で不安で、常にやり繰りの事ばかり考える毎日。何度考えても旦那の給料だけではやっていけない。こんなに不安ばかりで、お腹の子に申し訳ないが不安は消えない。

旦那に相談してもなんとかなる。との事。とりあえず、今できるだけ切り詰めて、少しでも貯蓄を増やしておこうと思っている。長い事実践しているやり繰り方がある。33日やり繰り。食費を33日でやっていく。すると年1度食費の要らない月がでてくる。これはお勧め。

そんなギリギリ生活の我が家ですが…

生活はギリギリでもなんだかんだ結婚して7年目を迎えた。お金は無くても、笑顔は絶えなかったような気がする。家族4人贅沢しなくても楽しみながら生活してこれたのかな、と思う。これから5人になり、さらに厳しい家計になる我が家ですが、5人で笑って生活出来たらいいのかな。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。